新作映画『リメンバー・ミー』を観るべき3つの理由――オスカー受賞も納得! ピクサーが輝きを取り戻した大傑作

(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

『リメンバー・ミー』ってどんな映画?

代々続く靴職人の家庭に育つミゲルは、ミュージシャンになることを夢見る男の子。しかし“ある悲しい事件”をきっかけに、ミゲル家は音楽を奏でることも、聴くことも厳しく禁じられていた。先祖の魂をお迎えする、年に一度の“死者の日”。ミゲルはひょんなことから、死者の国に迷い込んでしまう。そこは、ガイコツたちが活気に満ちた暮らしを送る、カラフルな巨大都市だった。ご先祖たちと再会を果たすミゲルは、音楽禁止の理由を知る。

観るべき理由:1――まるで魔法のような感動アドベンチャー

ピクサー復活! そう思わず歓喜したくなる傑作が誕生した。ここ数年は、続編作品も多く、各作品のクオリティにバラつきがあったピクサー作品だが、最新作『リメンバー・ミー』で本来の輝きを取り戻したと断言したい。描かれるテーマは、世代を超えた家族の絆。そして、夢を諦めず、追い続けることの尊さ。そんな王道のメッセージを、色鮮やかな映像美と胸踊る音楽の見事なコラボレーショによって、驚きに満ちた感動へとレベルアップさせた点は、まるで魔法だ。題材となるメキシコの死者の日は、お盆の風習がある日本人にとっても身近に感じられ、物語により深く共感できるはず。ピクサー作品の隠し味だったユーモアが、しっかり効いているのも、ファンにはうれしい見どころだ。

観るべき理由:2――“死者の国”のルールが面白い

例えば『トイ・ストーリー』シリーズには、「おもちゃたちは、自分たちが生きていることを人間に知られてはいけない」という明確なルールがあり、これが物語に深い説得力を与えていた。本作でもそんなルールの存在が、効果的で「生きている人間は、日の出までに元の世界に戻らないと、永遠に家族に会えなくなってしまう」からこそ、ミゲルの冒険=制限時間との戦いとしてスリリングに展開する。他にも「現世の祭壇に写真を飾ってもらわないと、死者の日に里帰りできない」「生きている家族に忘れられると、死者の国での存在が消え去ってしまう」といったルールが、死者/生者の密接な結びつきを印象付けている。

観るべき理由:3――アカデミー賞での感動スピーチも大きな話題に!

というわけで、3月4日(現地時間)に発表された第90回アカデミー賞でも「長編アニメ賞」「歌曲賞」の2部門を受賞する誰もが納得の結果に。当日、リー・アンクリッチ監督(『トイ・ストーリー3』)が行った感動的な受賞スピーチも大きな話題になった。

「美しい文化と伝統を持つメキシコの人々に感謝します。すべての子どもが作品を通して、自分と同じ外見や文化を持つ登場人物と出会うべきです。少数派も大切な存在。彼らの声を届けましょう」

さらに共同監督で脚本も手がけたエイドリアン・モリーナ、プロデューサーのダーラ・K・アンダーソンはともに同性婚をしており、壇上で配偶者に対する感謝を述べる場面も。女性、移民、アフリカ系アメリカ人、性的マイノリティらの“多様性”が力強くメッセージされた今年の授賞式を象徴するシーンだった。

(文:内田涼)


映画『リメンバー・ミー』/同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』
2018年3月16日(金)公開

監督:リー・アンクリッチ
共同監督:エイドリアン・モリーナ
製作:ダーラ・K・アンダーソン
製作総指揮:ジョン・ラセター
原題:COCO
全米公開:2017年11月22日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

フォトギャラリー

トイ・ストーリー3

トイ・ストーリー3

監督 リー・アンクリッチ
製作総指揮 ジョン・ラセター
脚本 マイケル・アーント  ジョン・ラセター  アンドリュー・スタントン  リー・アンクリッチ
音楽 ランディ・ニューマン
声の出演 トム・ハンクス  ティム・アレン  ジョーン・キューザック  ネット・ビーティ  ドン・リックルズ  マイケル・キートン  ウォレス・ショーン  ジョン・ラッツェンバーガー  エステル・ハリス  ジョン・モリス[声優]
概要 ディズニー/ピクサーが贈る人気ファミリー・アドベンチャー・アニメのシリーズ第3弾。すっかり成長しておもちゃを卒業したご主人アンディの手を離れ、新たな居場所を見つけたおもちゃたちを待ち受ける絶体絶命の危機と心温まる絆を描く。ウッディやバズたちのご主人アンディも高校を卒業し、大学進学のため遠い街へと引っ越すことに。ところが、ふとした手違いからアンディに捨てられてしまったと誤解したバズたちは、ウッディの説得もむなしく新たな遊び相手を求めて託児施設行きを決断する。しかしそこは、おもちゃたちにとっては悪夢のような場所だった。ひとり難を逃れていたウッディは、仲間たちの危機を知り、急いで彼らのもとへと向かうのだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST