知念侑李の“アポロンロス”に、ディーン「恋人だね(笑)」映画『坂道のアポロン』初日舞台挨拶

映画『坂道のアポロン』初日舞台挨拶

映画『坂道のアポロン』初日舞台挨拶(クリックで画像をもっとみる)

3月10日(土)東京・六本木 TOHOシネマズ六本木にて、映画『坂道のアポロン』初日舞台挨拶が開催され、知念侑李中川大志小松菜奈真野恵里菜松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)、中村梅雀ディーン・フジオカ三木孝浩監督が登壇した。

>【フォトギャラリー】写真をもっとみる

イベントでは、本作でキャラクターたちが「友情」「音楽」「恋」の“一生もの”の出会いが描かれることにちなんで、キャストが「私の一生ものは○○です」というお題に回答した。

小松菜奈

小松菜奈

小松は、「私の一生ものは“手紙”です」と撮影前に三木監督からもらった手紙について話した。「その手紙から、三木さんの顔浮かんできて、にこにこしながら自分のために書いてくれているんだろうなと嬉しかったです。『この映画はこういう風にしていきたい、りっちゃんとしてこうしていきたい』と綴られていました。『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の時も頂いていたんですが、自分の中にすっと入ってきて、背中をポンと押してもらえる、そんな手紙っていいなって。頑張ろうとは思っても、どこかで不安があったりとか原作モノのプレッシャーもあります。実際に役の時は一人なのですが、そんな時に、周りの方たちとお芝居しているとひとりではないと感じられるのが嬉しかったです」と撮影中も大きな支えとなっていたことを明かす。

中川大志

中川大志

中川は、「私の一生ものは“役者”です。すいませんカッコつけちゃって(笑)」と少し気恥ずかしげにコメント。「このお仕事と出会ったことかなと思っています。父親と原宿の竹下通りを歩いていたら、怪しい人から父が声を掛けられて…実はそれが事務所のマネージャーさんだったんですが、あの日、あの時間に、あの場所にいなければ、みなさんと並んでここにもいないと思いますし、みなさんともお会いしてなかったんだろうなと思います。僕の人生は全く違うものになっていた。映画というものを作るということもすごいことだなと思います。この映画に携わった人がみんな死んじゃった何年先も、どこの誰かも知らない人が観てくれて、それが心に残って一生ものになっていくかも知れない…スゴイお仕事だなと思っています」と役者という仕事との出会い、映画の魅力について感慨深くコメントした。

知念侑李

知念侑李

そんな中、知念は「私の一生ものは“映画『坂道のアポロン』”です。きましたね~早くもこの映画が誰かの一生ものになりましたよ…そう、私です(笑)」と会場を沸かせながらも、「個人的には、初単独主演映画ということもありますし、すごいプレッシャーの中で挑んんだ作品で、皆さん温かくて監督も愛に溢れていて…他では経験できないような映画でした。この作品に関わったのも1年半くらいと、ここまで長い期間かけた仕事も初めてで、一生忘れることが出来ない、一生ものの映画です」と本作への並々ならぬ想いを明かした。

そんな知念は、中川とともにクランクアップ後もセッションをしにスタジオに足を運んでいたとのこと。中川は「クランクアップした後、映画の音楽が忘れられなくて、焼肉屋さんにスティックを持って行ってましたね(笑)」とコメント。知念も「映画の時を思い出しながらセッションしてました。ほんとうにロスになっていました。撮影終わった後も毎晩寝る前に、思い出の写真を見返してました(笑)」と振り返ると、ディーンは「もう、恋人だね(笑)」と知念の愛情をおしはかった。

ディーン・フジオカ

ディーン・フジオカ

(取材・文・写真/nony)


映画『坂道のアポロン』
3月10日(土)全国ロードショー

出演:知念侑李 中川大志 小松菜奈
真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀 ディーン・フジオカ

監督:三木孝浩
脚本:髙橋泉
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝
配給:東宝=アスミック・エース
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST