【そマ!?】蘭がJK用語を乱発する『名探偵コナン ゼロの執行人』の特別動画が公開!

映画『名探偵コナン ゼロの執行人』

(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

ファン待望の最新作・劇場版22作目『名探偵コナン ゼロの執行人』が2018年4月13日(金)より全国東宝系にて公開。このたび、ファンの度肝を抜く驚きの映像が解禁! なんとヒロイン・毛利蘭が『ゼロの執行人』の特報映像に合わせてJK用語を連発する特別動画[蘭ちゃんだってJK]が公開された!?

本作は東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリーとなっており、 20作目『純黒の悪夢(ナイトメア)』に続き、私立探偵・黒ずくめの組織・公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室透がメインキャラクターとして登場することが発表され、既に話題を呼んでいる。

この映像は、本作の世界観にちなみ、メインキャラクターである安室、蘭、コナンがそれぞれに課せられた【極秘任務】に挑むという企画のひとつ。先日公開された安室の【極秘任務】、[シークレット安室コール]は、安室透の電話番号が流出し、実際に電話をかけると安室本人が電話に出るというファンにとっては歓喜の企画でした。そして続く毛利蘭の【極秘任務】。「名探偵コナン」にとって毛利蘭とは、なくてはならない永遠のヒロインとして存在し続けているが、思えば彼女だって普通の女子高生…。そう、蘭ちゃんだってJK。そこで蘭に課せられたミッションはJK用語と奇跡のコラボレーションを果たすこと。本作の映像に合わせてテンあげJK用語でナレーションに奮闘する貴重かつ、<なしよりのアリ>な蘭ねーちゃんの姿は必見だ。

更には、アフレコを終了したばかりのレギュラー声優陣からのコメントも到着!「これまでと違った緊張感でした。熱のこもった収録になりました」(江戸川コナン役・高山みなみ)、「正義の男、安室透の魅力にキュン死すること間違いなしです!」(安室透役・古谷徹)と語るなど、今作への手ごたえを感じられる。


映画『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』
2018年4月13日(金)全国東宝系にて公開!

原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:立川譲 脚本:櫻井武晴 音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹 ほか

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST