ムロツヨシ、はしゃぎまくりの舞台挨拶にノンスタ石田「本当に主役なん?」映画『ボス・ベイビー』初日舞台挨拶

ムロツヨシ初主演にはしゃぎまくりで…

ムロツヨシ初主演にはしゃぎまくりで…

3月21日(水)東京・TOHOシネマズ 六本木にて、映画『ボス・ベイビー』の初日舞台挨拶が開催され、日本語吹替え声優を担当したムロツヨシ芳根京子宮野真守乙葉、石田明(NON STYLE)、山寺宏一が登壇した。

>【フォトギャラリー】写真をもっとみる

「それ、一番端にいる人の喋り方やん!」

両親と幸せに暮らす7歳のティム、そしてティムのもとに弟としてやってきた、見た目は可愛い赤ちゃんなのに中身はおっさんという“ボス・ベイビー”の姿を描く本作。

イベント冒頭の挨拶。大人になったティムの声優を担当した宮野は「なんといってもボスがかわいい…と言っていいのかな(笑)。仕草なんかもデフォルメされていて、現代における問題もこめつつ最後にはホッコリするストーリーの流れにも感動しました。沢山のひとにみていただけたらなと思います」とボス・ベイビーの魅力をコメント。

映画『ボス・ベイビー』初日舞台挨拶

映画『ボス・ベイビー』初日舞台挨拶

そんなボス・ベイビーの声を担当したムロは、主演の立ち位置に興奮を抑えきれない様子で、「ムロツヨシで~す。足を運んで頂いてありがとうございます!うれしい限りでございます…8:45の回?もう朝の8:45にはそこに座られていて!? 本当にありがとうございます…。今日は僕もみなさんに会うという事で朝風呂に入って来まして、T字でひげ剃ったら、できもので来て、かさぶた出来ちゃったんです。今日はかさぶたありきで、今日初日に生まれたかさぶたと頑張ってまいります」と溢れんばかりの思いで、なぜかかさぶたトークを披露。あまりのがむしゃらなしゃべりっぷりにノンスタイルの石田からは「本当に主役なん!?一番は端の人の喋り方やん!」と突っ込みが飛ぶ一幕も見受けられた。

かさぶたをみせるムロツヨシ

取材陣にかさぶたをみせるムロツヨシ

またフランシス・フランシスの声を担当した山寺は、これまでにも数多くのドリームワークス作品に出演してきたことに触れながら「『シュレック』でエディーマフィーさんのドンキーやらせて頂きました。ドリームワークス作品いいの沢山あるんですが、なかなか日本ではね…大丈夫かな初日こんなこと言って(笑)。『ヒックとドラゴン』大名作ですよ!海外でヒットしたのに、日本ではどうしたんだろうみたいにね。本作と同じ監督の『メガマインド』というブラッド・ピットも出ている最高の作品もあるんですが、日本未公開ですからね!何ともったいないんだと!」とそれまでの苦労を明かす。しかし「でも『ボス・ベイビー』でこんなにお客さんがいるのは…これからドリームワークス作品もさかのぼって評価されるのかなと思いますね」と初日の反応から本作大ヒットを予感しているようだ。

山寺宏一

山寺宏一

そんな海外ではすでに大ヒットを記録している本作はすでに、続編の制作が決定!「どんなストーリーがいいですか?」と質問が飛んだ。ムロは「出てくるのかな…ボス・ベイビーはストーリー的にね。でも、ボス・ベイビーの子供は誰がやるんですかね…私ですかね!もうドラゴンボール形式でいいですよね! 悟空の後に悟飯みたいに(笑)。ドラゴンベイビー方式で行きましょう! 7つのベイビーを集めるお話で…」と想像を膨らませていると、石田から「それ、子育てが大変なだけですよ(笑)」とまたしてもツッコミで制される。

ノンスタ石田のするどいツッコミがさく裂!

ノンスタ石田のするどいツッコミがさく裂!

そんな舞台挨拶終盤。MCから〆の挨拶が求められると、嬉々とした表情でマイクを握りしめるムロツヨシ。「映画主演はじめてなので、最後お客さんに一言いうこの仕事が…だって今日初めてなんですよ! 僕映画主演初めてなので、みなさんすいません…ありがとうございます。だから何を話そうかなと思っているうちにこんなに時間が過ぎてしまい…もっとね作品を背負っている人間として、堂々と立ち、落ち着きのあるスピーチを、今からやろうと思っています!」と前フリをたっぷりとり、全共演者から「早く!」のコールが飛び交う。

「色々な問題が取だ汰される昨今でございます! だけどやっぱりみなさん、ハッピーになるために毎日を生きている訳ですから、ハッピーな映画を観て頂きたいと思います。愛が欲しいんだと! 愛を知らない人でも愛を知る日が来るんだと!そういう映画です!…ですからみなさん好きな人と、ご家族と、いろんな人と見に来てください。どうか口こみで、S・N・Sで! 今ね~SNSの口コミがすごい宣伝力なんだってよ! みなさんのひとりひとりのSNSがスゴイ宣伝効果ですから、どんどん書き込んでいきましょう!」と大演説をふるったが、「…あと何を話したら…。締め方が分からなくなっちゃった…もうシュワ―と終わりにしましょう(笑)」とあふれ出る想いを抑えきれない様子に会場は笑が溢れた。

映画『ボス・ベイビー』初日舞台挨拶

映画『ボス・ベイビー』初日舞台挨拶

>【フォトギャラリー】写真をもっとみる

(取材・文・写真/nony)

>おすすめ記事:【インタビュー】ムロツヨシ×芳根京子「彼女、仕事が出来るもので…」映画『ボス・ベイビー』日本語吹替え声優


映画『ボス・ベイビー』
2018年3月21日(水・祝)全国公開

監督:トム・マクグラス 『マダガスカル』シリーズ
キャスト:アレック・ボールドウィン、マイルズ・バクシ、ジミー・キンメル、リサ・クドロー、スティーブ・ブシェミほか
原題:THE BOSS BABY
配給:東宝東和

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST