吉沢亮、桜井日奈子に「ずっとキュンキュンしていた」―映画『ママレード・ボーイ』完成披露試写会

(左から)廣木隆一監督、優希美青、谷原章介、中山美穂、吉沢亮、桜井日奈子、檀れい、筒井道隆、佐藤大樹

(左から)廣木隆一監督、優希美青、谷原章介、中山美穂、吉沢亮、桜井日奈子、檀れい、筒井道隆、佐藤大樹

1992年~1995年にかけて月刊少女マンガ雑誌「りぼん」(集英社刊)で連載された吉住渉原作の「ママレード・ボーイ」(続編『ママレード・ボーイ little』は連載中)。これまでにアニメ化、TVドラマ化(※台湾)など多メディア展開されてきた大ヒット少女マンガが、桜井日奈子吉沢亮をW主演に迎えて実写映画化。

21日、都内にて完成披露試写会が開催され、桜井と吉沢ほか、中山美穂檀れい谷原章介筒井道隆佐藤大樹優希美青廣木隆一監督が登壇した。

>写真をもっと見る

吉沢「ぶっ飛んでいるなーと思いましたけど、すごく素敵」

初主演となった桜井は「寒く足元の悪い中、ありがとうございます。今この場に立てていることの幸せを噛み締めています。ここに立てるまでに沢山の方の力がありました」と挨拶。相手役の吉沢は「今日初めて観ていただくので、皆さんがどんな感想を持つかドキドキですね」と緊張の面持ち。

吉沢亮

吉沢亮

両親側のポジションに谷原、中山、筒井、檀と豪華な顔ぶれが揃ったが、中山は「今この2人を見ていると映画を観ているような気分になる」と桜井&吉沢の雰囲気を絶賛。親心がくすぐられたという谷原は「現場で吉沢くんと桜井さんがふとした時に2人でソファーの端っこにいたりするのを見かけると、親になった気分になって『けしからんな』って思ったり、頑張れって応援したくもなりました」と頬を緩める。そして当時読者だったという檀は「20年経って、こうして映画になるとは思っていなかった。オファーを貰って嬉しかったけど、なんで光希じゃなかったのかなと(笑)思いましたが、留美目線から2人の恋模様を見れたことが幸せでした。若い人たちがとってもキラキラ輝いていて、キュンとときめいたり悲しくなったり、心にとても刺さりました」とコメントした。

トークの様子

トークの様子

作品では、桜井演じる光希と吉沢演じる遊の両親どうしでのパートナーチェンジ、かつ同じシェアハウスに住んでいるというものすごい設定。これを「光希だけはどうしてもこの状況をなかなか受け入れてくれないんですよ」と谷原が説明すると桜井は「違和感たっぷりじゃないですか。もともと一緒に居た家族が別の方と仲良くしているとちょっと気持ち悪いなと…。劇中では取り残されている感じでしたね」と言い、吉沢も「ぶっ飛んでいるなーと思いましたけど、すごく素敵ですよね。両親が仲が良いっていうのは家族のあり方としては素晴らしいと思いますね」と続く。

吉沢「現場ではずっとキュンキュンしてました」

お互いの印象を聞かれると吉沢は「ずっとキュンキュンしていましたね」と即答。「お芝居の流れでもそうだし、彼女の……ちょっと人類じゃない感というか…精霊感があるなじゃいですか。ミステリアスな感じ。TVで見ている柔らかい可愛らしい雰囲気と……言葉にすると妖精みたい。そんな雰囲気があるけど、一緒にやってみるとノリもいいし、面白いし、すごく人間的なんですよね」との説明にMCは思わず「(人間か妖精か)どっちでしょう?」とツッコミ。

息ぴったりな2人?

息ぴったりな2人?

観客から笑いが起きる中「雰囲気は妖精、中身は人間。親しみやすい女性で、現場ではずっと笑わせてくれた。撮影しているときも回っていないときもキュンキュンしてました」とメロメロだった様子。これを受けた桜井は「吉沢さんはノリが良くて、たまにポロッと岡山弁が出ちゃうとそれを真似してくださってなごませてくれたりしました」と返すも、再度MCから「どうして妖精のようだと思われたか」と突っ込まれると「……服、ですかね」とポツリ。

これに「服じゃないんですよ。トータルが」と口火を切った吉沢だったが、良いフォローが浮かばず「やめましょう(笑)」と諦める。このやり取りを見てた谷原は「どんどん迷路にはまり込んでいますよね」とニヤリ。しかし「色んな表情があるので、これ! と言い切れないんですよね」とフォローも忘れない。

吉住渉先生は「頑張って涙をこらえました」

このイベントでは原作者の吉住渉先生から各キャストへのメッセージも贈られた。「頑張って涙をこらえました」というところから始まり、最後には「本当に誠実に作っていただき、素敵な映画にしていただきました。スタッフ・キャストの皆さん、どうもありがとうございました。たくさんの方に観ていただけたらうれしいです」と結んでいた。

吉住渉先生メッセージ全文を見る  

泣けました。まず茗子に泣かされ、続いて遊、光希にも。
(原作者なのに恥ずかしいので、頑張って涙をこらえました)

中山さん、檀さん、谷原さん、筒井さん
ありえない設定の両親Sに「この人たちならありそう」な説得力を持たせてくれたのは、素敵な御四方ならではでした。
皆さんの演技のおかげで、作品に厚みが増したと思います。

優希さん
スクリーンの茗子は小柄でストレートヘアで可愛らしかったけど、芯が強くて情熱的なところは原作通りでした。もっとたくさん茗子となっちゃんが見たかったです。

佐藤くん
お愛した時はワンコっぽくて可愛いと思いましたが、スクリーンの銀太は男らしくてかっこ良かったです。脚本を呼んで笑顔を想像していたシーンで切ない表情をされていたのが新鮮で印象的でした。

吉沢くん
漫画なら良いけど実写だとどうかな?というようなセリフも、美しさと演技力で見事に成立させてくれていました。「これ素じゃない?」と感じるシーンもちょいちょいあって、吉沢くんファンにはたまらないんじゃないでしょうか。

そして日奈子ちゃん
とにかく、とてもとても可愛かった!三つ編みも、ショートパンツの全身姿も、ふっくら唇も、全編可愛さがあふれていました。

本当に誠実に作っていただき、素敵な映画にしていただきました。スタッフ・キャストの皆さん、どうもありがとうございました。たくさんの方に観ていただけたらうれしいです。


映画『ママレード・ボーイ』
2018年4月27日(金)全国ロードショー

桜井日奈子 吉沢亮
佐藤大樹 優希美青 藤原季節 遠藤新菜 竹財輝之助 / 寺脇康文
筒井道隆 谷原章介 檀れい 中山美穂

原作:「ママレード・ボーイ」吉住渉(集英社文庫〈コミック版〉)
監督:廣木隆一
脚本:浅野妙子 廣木隆一
音楽:世武裕子
製作:映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST