「土村さんが演じてくださったことで、耶雲が亜希子を好きになった理由が明確になった気がしたんです。」『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典&土村芳インタビュー

岩田剛典&土村芳

岩田剛典&土村芳

「教団X」で知られる芥川賞作家・中村文則の同名小説を映画化した『去年の冬、きみと別れ』は先読みのできないサスペンスだ。岩田剛典は観客の視点を転倒させる主人公の記者・耶雲を演じ、土村芳は耶雲が真相を追う事件の被害者で、本作で鍵を握ることとなるもう一人のヒロイン・亜希子に扮してわたしたちの想像力を刺激する。ふたりとも見事な芝居で、観る者を翻弄。そこからもたらされる快感こそが、本作最大の醍醐味だ。耶雲と亜希子の関係性は、ネタバレとなるため公開前の掲載は不可。今回特別に取材に応じてくれた。

岩田:覚悟を決めて、気合いを入れて臨んだ作品です。自分の印象やイメージというものが変わるんじゃないかと期待しています。逆に、初めて自分を知っていただく機会にもなるという気もします。とにかくみなさんのリアクションが楽しみです。

土村:私も楽しみです。いまだに、錚々たる共演者の方々と一緒にこの作品の一部になれているの? と実感がわいていません。公開されたら、いろいろな反響がいただけるはずなので、それから私もじわじわと実感していくのだと思います。

(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

岩田:ある種の違和感。その違和感があとあと回収できるように。逆算した芝居を心がけました。結末は決まっていて、最後に見せたい表情もなんとなくイメージできていて。そこにいくためにどういうストーリーを作るのか。「引き算」の取り組み方をしたのは初めてでしたね。こんなにバラエティに富んだ顔を一役でしたのも初めてでしたし、ほんとうに衝撃作だし、衝撃的な役ですよね。勉強になりました。

土村:障害を持っているということを除くと、自立した女性なんですよね。すごく強さを持っている。そこは私自身まだまだ欠けている部分でもあったので、この強さをなんとか出せたらな、とは思いました。実際に障害を抱えている方と行動を共にさせていただいたんですが、その方も強いんですね。すごく芯があって。その経験もあって、自分の中で強さを作っていくことができたのかなと思います。

岩田扮する記者、耶雲の像は映画が進行するにつれ、どんどん変貌していく。

(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

岩田:人が変わる。一線を超える。それがひとつ、この映画の隠れテーマにもなっていると思うんです。基本的には、耶雲の視点で物語を楽しんでいただくんですが、彼が変わっていく様に、何より振り幅がないとエンタテインメントとして効き目がない。とにかく役どころが変わってからの口調、表情が、それまでとは、もう誰が見てもあからさまに違う人、というくらい変えることは最低限努力しようと思って取り組んでいました。眼鏡を外す、というのはひとつの肝となるアクションで。ほんとうは次々に「フィルター」を外しているだけなんです。常にモードは切り替わっているわけですから。映画を観終えた方なら、これがいかに複雑な役か、わかっていただけると思います。前のめり感にしても、グイグイくる感じにしても、とにかく違和感があればあるほどいんじゃないかとは思っていました。

そんな耶雲が愛する亜希子は、物語のキーパーソンだ。

土村:すべての物語の始まり、というポジションをやらせていただいているので、すごく責任重大だと思っていました。映画で真実が明かされるまで、私は(カセット)テープのA面とB面で言えば、B面を生きていた人物。なるべくA面を忘れて、B面だけの世界で生きていなきゃいけないなって。忘れることを心がけて演じていたような気がします。演じているときは、誰のことも見れない。相手の気持ちを目でうかがったり、ということができない。自分から言葉を発することもできなかった。それ以外のツールと感覚を研ぎ澄まして、挑戦することができたなと思います。

(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

岩田:これは誤魔化しのきかない作品。だからこそ(演じる上で)ナイーヴにはなりました。自分の芝居の火加減で、感情移入の度合いが左右される。かなりの割合でプレッシャーを感じていました。すごく繊細で緻密な計算の上に成り立つ芝居を求められていました。これで大丈夫ですか? と難度も監督に確認し、意見を求めていましたね。監督にはほんとうに助けていただいた。自分の撮りたい画がはっきりされている監督なので。その上で現場に入っているので、ブレてないんです。指針がはっきりしてるから迷わずにすみました。正確さはほんとうに必要だったと思います。声のトーンひとつで、シーンまるごと撮り直しということもあり、そういった経験は初めてでした。まるごと1シーン、撮休日に撮り直しというのは。

これは、サスペンスであると同時に、愛の物語でもある。ストレンジな形の愛のストーリーだ。

土村:こんなに人から愛されるなんて……ちょっと幸せかも、と思ってしまう自分がいたりします。異常だけど、確かに一線を超えてしまっているので、道徳的に考えたらヤバいヤバい! となるんですけど、でも、じゃあ一線って何なんだろう? と。自分は、どこまでだったら受けとめられるのかなと。一回、そのゾーンに入ってしまうと抜け出せなくなって、ハマっていってしまうんですよ。でも、この作品を観て、ちょっとうらやましい……と。こんなに愛されるなんて……と思ってしまう私は大丈夫か? とも思いますけど(笑)。すべての矢印が自分に向いていることは、おそろしいのか、うれしいのか……現実にあったら、ほんとにコワいですけどね(笑)。でも、そこは映画のマジックで。いけない感情かもしれないけど、作品だからそこに浸れるというところはありますね。

(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

共演という以上に、一緒に作品を創り上げるための共同作業を成し遂げた感がある。ふたりにとってお互いの印象はどのようなものだったのだろうか。

岩田:最初お逢いしたときから品のある方だなと思っていて。それが役にもすごくつながっていて。土村さんが演じてくださったことで、彼女がひとりだけ違う空気をまとうことになった。僕の役が彼女を好きになった理由が明確になった気がしたんです。すごくしっくりくるというか。そこは土村さんが演じてくださったから、すごく説得力が増したんじゃないのかなと思ってます。

土村:恐縮です。私は顔をほとんど見ることがなくて。(岩田は)どんな顔してるんだろうな……と思ってたんですけど。それが全部、完成した映像を観たときに、あ、こんなに優しいまなざしを私に向けてくれていたのかと。それを映画で感じることができたんです。ただ、現場では(顔を)見てない分、声や聞こえてくる吐息だったり、ちょっとした沈黙や、触れてくるタイミングで、この人にすべて委ねてしまおう……と。身を預けられる感覚になれて。ご一緒するのは初めてだったんですけど、設定通り、素直に好きになっていけた。素直に恋していけたんです。

岩田剛典

岩田剛典

男にも危うさがあり、女にも強さがある。これは、そんな映画でもある。いろんな男がいて、いろんな男らしさがある。いろんな女がいて、いろんな女らしさがある。さて、岩田が自分に男を感じるのはどんなときだろう。土村が自分を女だと思うのはどんなときだろう。

岩田:なんでしょうね。お風呂に入るときと、トイレに行くとき?(笑)。あとは、朝、起きたときの寝ぐせかな。もう常に重力に逆らってますね。これは髪の短い男ならでは。

土村:私も最近切ったので、結構大変です(笑)

岩田:じゃあ、ヒゲが生えるとか?(笑)

土村:難しいですよね……私は、少しでも人と会うときは化粧をすることですかね。身だしなみ? ちょっとでも綺麗にしようと思うときはありますね。どんなに(外に出るのが)ちょっとだけだったとしても、家を出る前は絶対鏡は見るので。そういう時間ですかね。手入れしている時間とか。あとは、無性にちっちゃい子に対して母性本能が生まれるときとか。子供というものを見るとたまらなく愛おしくなりますね。それぐらいですかね。男性も女性も、年代によって変化していくでしょうし。女性は特に母親になったりすると、また違うんでしょうね。女性の先輩からはまた違う意見が出るのかもしれません。

土村芳

土村芳

岩田:(自分のことを)ロマンチストだなと思うときがありますね。夢とか目標とかについて、同じくらいの世代の仲間と話し合ったりするとき。そういうときは(自分のことを)男っぽいなとは思いますけどね。女子会で、自分がこれからやりたいこととか、そんなに話さないんじゃないかなとは想像していて。いま、ちょうど「オレ、将来、こうなりたいんだよね」みたいな話をする機会も多かったりします。昨日も友だちとメシに行って、そんな話になりました。自分のロマンを語るのは好きですね。そういうところは男臭いなと思います。

(取材・文:相田冬二)


ストーリー(※この2人の関係についてのネタバレを含みます)

彼女を奪われた。猟奇殺人事件の容疑者に――。

結婚を間近に控える記者、耶雲(岩田剛典)が「最後の冒険」としてスクープを狙うのは、猟奇殺人事件の容疑者である天才カメラマン、木原坂(斎藤 工)。世間を騒がせたその事件は、謎に満ちたまま事故扱いとされ迷宮入りとなっていたのだ。真相を暴くため取材にのめり込む耶雲。そして、木原坂の次なるターゲットは愛する婚約者(山本美月)に――!

だがそれは、危険な罠の始まりに過ぎなかった――。

やがて明らかになる驚愕の真実。

事件の被害者である吉岡亜希子(土村芳)は、耶雲のかつての恋人だった――。

映画『去年の冬、きみと別れ』
公開中

監督:瀧本智行
脚本:大石哲也
音楽:上野耕路

出演:
岩田剛典
山本美月 斎藤工・浅見れいな 土村芳/北村一輝

原作:中村文則『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)
主題歌:m-flo「never」
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作:映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

中村文則

生年月日1977年9月2日(41歳)
星座おとめ座
出生地愛知県東海市

中村文則の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST