注目作!映画『ゲティ家の身代金』予告映像&場面写真が解禁!

映画『ゲティ家の身代金』

(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

巨匠リドリー・スコット監督が贈る映画『ゲティ家の身代金(原題:All the Money in the World)』が5月25日(金)に日本公開となる。このたび、本作の最新予告映像と場面写真が解禁となった!

>【フォトギャラリー】写真をもっとみる

1973年、日本をはじめ世界中を震撼させた誘拐事件があった。人質は【世界一の大富豪】であるアメリカ人石油王ジャン・ポール・ゲティの孫、ジョン・ポール・ゲティ三世。イタリア人左翼ゲリラの犯人から要求された1,700万ドル(約50億円※)という破格の身代金もさることながら、50億ドル(1.4兆円)の資産を持つゲティがその身代金の支払いを拒否したことでも有名で、日本の新聞、週刊誌でも大きく報道された。

このたび、『ゲティ家の身代金』の最新予告編が完成した。クリストファー・プラマーの重厚で迫真の演技から、ゲティの狂人ぶりと、この事件の異常さを十分に感じることができる。また、息子を救出するために奔走する母親役のミシェル・ウィリアムズは、アカデミー賞女優を経て、円熟した演技を魅せつけており、この異常な事件の真の主人公としての存在感を遺憾なく発揮している。

さらに、一挙お披露目となった場面写真では、立ったまま驚いた様子で電話をするゲイルの緊迫した状況が伝わってくるカットや、誘拐され憔悴しきった表情で空を見つめているポール。そして、警察車両の横で凛々しい表情を浮かべるチェイス、犬を横に携え、荘厳な雰囲気の屋敷で、どっしりと構えるゲティが写されている。また、誘拐犯と睨み合い、悲惨な状況でも折れない心が見て取れるポールのカットや、その息子を救うべく、チェイスと共に奮闘するゲイルのカットも解禁。お金ではなく息子に対する純粋な愛情に突き動かされるゲイルの“母の強さ”が見て取れる1枚だ。

>【フォトギャラリー】写真をもっとみる


映画『ゲティ家の身代金』
2018年5月25日(金)全国ロードショー

監督:リドリー・スコット
出演:ミシェル・ウィリアムズ、クリストファー・プラマー、ロマン・デュリス、チャーリー・プラマー and マーク・ウォールバーグ
脚本:デビッド・スカルパ 原作:ジョン・パーソン ”Painfully Rich: The outrageous Fortunes and Misfortunes of the Heirs of J.Paul Getty”
配給:KADOKAWA
原題:オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド
コピーライト:(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST