『メアリと魔女の花』のスタジオポノック、新たな可能性を短編へ! レーベル『ポノック短編劇場』誕生、初作は8月24日公開

(C)2018 STUDIO PONOC

(C)2018 STUDIO PONOC

27日、都内にてスタジオポノックの新プロジェクト発表会が開催され、スタジオポノック代表の西村義明氏、東宝の常務取締役・市川南氏が登壇した。西村氏の口からはスタジオポノックから発信していく短編を『ポノック短編劇場』としてレーベル化していくこと、そしてその初代作品を手がけるのが米林宏昌、百瀬義行、山下明彦であると発表された。第一弾のテーマは「ちいさな英雄」で、この三人がそれぞれのクリエイティビティを発揮することになるという。

ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間(下記3作品+オープニング&クロージング5分)

『カニーニとカニーノ』(15分)監督:米林宏昌/米林監督初のオリジナルストーリーで挑む、カニの兄弟の大冒険ファンタジー。
西村氏:これは彼の思いが詰まった作品。自分の家族を描くのは初めての経験だと思うし、自身の人生を重ねた思いが詰まった15分になると思います。

『サムライエッグ』(15分)監督:百瀬義行/高畑勲監督の右腕として活躍した鬼才による母と少年の人間ドラマ。
西村氏:ジブリでとてつもない映像を作り上げてきたのが百瀬義行さん。ジブリにCGを根付かせた人間。セルルックをやったのは百瀬義行監督。そういう人間がある15分を描いた時どうなるのか。

『透明人間』(14分)監督:山下明彦/宮崎駿監督作品の中心をになった天才アニメーターが、見えない男の孤独な闘いをスペクタクルアクションで魅せる。
西村氏:ジブリで作画監督補として活躍してきた山下さんに、あえて一番難しい課題をお願いしてみました。ここで描かれる『透明人間』は最高傑作だと言えるものだと思います。

会見に登壇した東宝の市川氏は「東宝配給で短編は初めて」と話し、さらに「今までなかったポノックのチャレンジを応援しようと思っている。ライカリール(※製作途中の全編通した映像)を拝見したところ、三者三様の作風で作品が出来つつあってとても期待を膨らませている」とコメントを寄せた。

東宝の市川氏

東宝の市川氏

ポノックの西村氏は「長編アニメーション映画は作り続けます」と前置きした上で、「アニメ映画も実写映画も増え続けている。配信も始まって、世界の配信業者・会社が作品をたくさん作る。もう十分映像作品があるんですよね。今、新しいアニメ、映画を作るのには、かつてと違う意識を持たないと前に進んでいけないのではと。そんな時、短編の話があった」と今回の企画の立ち上がりについて話し始める。巨大なスタジオでない自分たちでは、オファーを貰ってもそれが出来ないことも関係していたという。

「メアリの公開前、知人経由でスピンオフの話を頂いたんですが、そんな余力はなかった。ただその時ふと『30分のスピンオフを1本作るのなら、4分割するのはどうだ』と思って、そうすればもっと新しい才能と出会えるかもしれないと考えました」

そして、やはり高畑勲と宮崎駿の存在も後押しになったと話す。

「高畑勲と宮崎駿。彼らは常に新しいものを先駆としてやってこられた方。この先輩方が作った土台の上にどっぷりを胡座をかいてアニメーション映画を作っていくのかと。自分たちが自分たちの作っているものに期待し、自信を持って大人たちに観てもらうために、自分たちでその場を作っていたかないといけない。短編アニメならそれが出来るのではと考えました」

ポノック代表の西村氏

ポノック代表の西村氏

その「自分たちが挑戦していく場」こそが今回レーベルとして立ち上がる『ポノック短編劇場』となった。さらに西村氏は続ける。

「最初は米林宏昌、山下明彦、百瀬義行監督の3人に思う存分やってもらおうと思っていました。この提案をした時、彼らからアイデアがどんどん出てくるのを聞いていて『これはいい(挑戦の)場所になるのでは』と感じたんです」

最後にはポノックとしての思いを語って会見を締めくくった。

「自分たちに勇気を与えてくれた存在をそのまま描いたら、多くの方々に希望と勇気を持ってもらえるのではないか。それは自分たちの身の周りにいて、大きな存在ではないかもしれないけど、僕たちにとっての小さな英雄を描きたい。それは僕らにとってはとても大きなヒーローであると今年の夏にお伝えしたいと思っている。それをお伝えすることは、想いを伝える中でとても大事なもの。『小さなものの中に大事なものがある』ということでこのタイトルを付けました。この夏、劇場で公開したいと思っているので応援よろしくお願いいたします」


ポノック短編劇場『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』
8月24日(金)全国公開

配給:東宝

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST