ギレンホール、今度はプロデュース業も? 主演最新映画『ボストン ストロング』が5月11日公開。特典付きムビチケの販売もスタート

(C)2017 Stronger Film Holdings, LLC.  All Rights Reserved. Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

(C)2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork (C) 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件で“ボストンのヒーロー”と呼ばれた男の真実の物語を描いた映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』が5月11日(金)より全国公開となる。

テロに巻き込まれ、両脚を失ったジェフ・ボーマンは「ボストン ストロング」というテーマの元、ボストン復興の象徴として脚光を浴びるも、ボーマンの前には様々な困難が…。耐えられない傷とプレッシャーを背負いながら、恋人や家族などの愛する人々に支えられ、困難を乗り越え、再び立ち上がる“フツウの男”の感動の実話。

本作で主演&プロデュースを担当するのは、ジェイク・ギレンホール。彼もまた自ら製作会社を立ち上げ俳優兼プロデューサーとしての一歩を踏み出した。この物語に心底ほれ込んだというギレンホールは唯一無二の演技でジェフ・ボーマンの光と影を見事に表現。義足での演技はもちろん、実際のジェフと時間をかけて交流し、決してモノマネではなく、根底にある人間性や弱さまでも繊細にすくいあげた。

ジェイクが立ち上げた製作会社「ナイン・ストーリーズ」の第1作目に選び「主人公のキャラクターが大好きで、脚本を読んでとても感動した。世界的に有名な事件の実話だけど、隠されたドラマの数々に、この映画を支持したいと思った。プロデューサーとして映画を確実に実現したかった」と話すギレンホール。今年全米などで公開を控えている『Wildlife(原題)』(ポール・ダノ監督)でも主演とプロデューサーを務めるなど、今後二足のわらじが加速していくのかも一つ注目だ。

ムビチケ特典はランナーを守る勇気の証!

このボストンマラソン開催を記念して作られた特典「特製アームリフレクター」は、まさに映画に通ずる安全性の向上、ランナーの安全性を確保する一品。ナイトランでも安心の反射性能はもちろん、どんな大きさの腕にも足にもピッタリフィットする便利グッズとなっている。この特製アームリフレクター付ムビチケカードは3月31日(土)より¥1,500円(税込で発売中だ。

(C)2017 Stronger Film Holdings, LLC.  All Rights Reserved. Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

(C)2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork (C) 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.


『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』
5月11日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

出演:ジェイク・ギレンホール(『ノクターナル・アニマルズ』、『ナイトクローラー』など)、タチアナ・マスラニー(『黄金のアデーレ 名画の帰還』など)、ミランダ・リチャードソン(『めぐりあう時間たち』、『ダメージ』など)、クランシー・ブラウン(『ショーシャークの空に』など)
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン(『セルフィッシュ・サマー ホントの自分に向き合う旅』、『スモーキング・ハイ』など)
脚本:ジョン・ポローノ
原作:ジェフ・ボーマン、ブレット・ウィッター著
配給:ポニーキャニオン
提供:ポニーキャニオン/カルチュア・パブリッシャーズ
映倫区分:PG-12

「ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~」の関連記事

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST