『リズと青い鳥』でアニメ声優初にして一人二役に挑戦した本田望結を絶賛!「最後のセリフには本当にウルウルしました」

(左から)チューバ君(後列)、東山奈央、種﨑敦美、本田望結、山田尚子監督

(左から)チューバ君(後列)、東山奈央、種﨑敦美、本田望結、山田尚子監督

京都アニメーション制作の最新作『リズと青い鳥』(4月21日全国公開)の完成披露試写会が都内にて開催され、種﨑敦美(鎧塚みぞれ役)、東山奈央(傘木希美役)、本田望結(リズ・少女役)、山田尚子監督が登壇した。

本作は、高校生の青春を描いた武田綾乃の小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』をアニメーション映画化。吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれ(よろいづかみぞれ)と、フルートを担当する傘木希美(かさきのぞみ)の2人の少女の儚く美しい一瞬を切り取った青春ストーリー。

完成した本作を観た感想を聞かれた種﨑は「アニメーションだけど実写と錯覚してしまうような、映画を観ていたはずがいつの間にか、ふたりの女の子を見ているような錯覚を覚える作品」と話し、東山は「『響け!ユーフォニアム』のように熱く想いをぶつけあう作品ではなく、静かな中に充実したものが詰まっていて、いつまでもこの空気に浸っていたいと思えるような作品」と続く。

「今回、一人二役の役を演じさせて頂くということが嬉しさと不安でいっぱいでした」いう本田は、アニメ声優初にして一人二役に挑戦した。「実際にアフレコに参加するまでにたくさん勉強をして、どのように声を変えるかなどを考えたのですが、現場で監督からは『自然な、そのままの感じでお願いします』と仰って頂いて。アフレコが終わってからも不安でしたが、完成した作品を観たら監督の仰っていたことは間違いではなかったことに気付かされました」

そんな本田に山田監督からは「本当に素晴らしい演技で、アフレコ現場では『良かったです!』としか言えず監督としての威厳が示せず、帰りの電車で反省しました(笑)リズの最後の最後のセリフが一番良かったです」と言われ、それを受けて種﨑と東山も「ふたりで観ていて、あの最後のセリフには本当にウルウルしました」と本田を大絶賛。

そして、本作が青春時代の儚くも美しい一瞬を生きる少女たちを描いた作品ということから、自身の青春時代についてのトークテーマになると、東山は「この映画でも、何でもないことが面白くて、何でもないことに傷ついてと、感情が揺り動かされるのは同じだなと思いました」と高校時代の思い出話を語り、一方これから青春時代に突入する本田が「青春というのはどういう感じのものなんでしょう?」と発言すると、種﨑が「もう戻れない瞬間とか、キラキラしていたり、もしくはキラキラしていなくても、一生忘れられないすべてが青春です」と語り、会場中の共感する人々から大きな拍手が。

最後に種﨑が、これから映画を観る人に向けて「この映画を観て下さる全ての方々の視線や気持ちがこの作品の一部になります。今日観て頂けるのが嬉しいのと、たくさんの人に早く観て頂きたいです。ふたりのことを観てください」と作品をPRしてイベントを締めくくった。


『リズと青い鳥』
2018年4月21日 ROADSHOW

原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美
楽器設定:髙橋博行
撮影監督:髙尾一也
3D監督:梅津哲郎
音響監督:鶴岡陽太
音楽:牛尾憲輔
音楽制作:ランティス
音楽制作協力:洗足学園音楽大学
吹奏楽監修:大和田雅洋
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会
配給:松竹

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST