【インタビュー】映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のカレン・ギラン、自分の役に人生が重なる!?

ルビー・ラウンドハウス役のカレン・ギラン

ルビー・ラウンドハウス役のカレン・ギラン(クリックでフォトギャラリーへ)

“超体感型ムービー”としてMX4D/4DX一部先行上映がスタートしていた『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』が、いよいよ4月6日から全国公開となる。本作は、かつての名作『ジュマンジ』(1996)から22年ぶりとなる新作。遊ぶタイトルも同じ「ジュマンジ」ながら、設定がボードゲームからテレビゲームに進化。ひょんなことからこのゲームをプレイした4人に高校生がゲームの世界に吸い込まれてしまい、猛獣だらけの超危険なジャングルを舞台に、現実の世界へ戻るため四社四様のアバターの力を駆使してゲームクリアを目指す!

今回は、現実世界ではシャイで真面目な女の子・マーサのゲーム世界でのアバター、ルビー・ラウンドハウスを演じたカレン・ギランにインタビュー。ラウンドハウスは武術とダンスファイティングに長けたセクシーな美女戦士。女戦士と言えば『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ではサノスの養女・ネビュラ(真っ青なあの人)を演じていたことも記憶に新しい。

ゲームのアバターでこの姿に!

ゲームのアバターでこの姿に!

―『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に続き、本作も大ヒットしました。ヒット作に立て続けに出ていますね

ファンベースが凄く大きい映画に続けて出ることができて、凄くラッキーでした。今回は身体にいろんな物を付けずに人間のままでいられたのもいい経験でした(笑)

―再び女性戦士を演じたわけですが、もともとアクションは得意でしたか?それとも沢山トレーニングされたのでしょうか?

アクションシーンは大好きですね。これが仕事なんて信じられないくらい。私はもともとダンスや武術が出来るわけではなかったし、私にとって新しい領域だったので沢山トレーニングしました。

―劇中ではダンスシーンも印象的でした

あのシーンはすごく大変でした。屈強な男2人相手にダンスをしつつ格闘もしかけるので。このシーンのためにトレーニングした量は、今までやったマーベル映画よりもぜんぜん多かったですね。ただ、大変でしたけどやりがいもありました。最初から最後まで今でもやれと言われれば出来るくらい(笑)。とても楽しかったし、もっとやりたいなと思ったくらいです。

唯一武術スキルを持つラウンドハウス

唯一武術スキルを持つラウンドハウス

―見た目とのギャップを出すことについてはどうでしたか?

2人の全く違うキャラクターが一緒になっていたので、役者として楽しかったですね。現実世界のマーサはとっても内気で自分に自信がない人。その人がゲーム内では非常に強い戦士のような人の体に入り込むので、どの瞬間にマーサが出て、どの瞬間にラウンドハウスになりきるかというところを選べるという楽しみはありました。最初マーサはアバターの体に入って不快なんだけど、だんだん慣れていって最後にはそれ自体を楽しめるようになっているし、自分の自信にも繋がっている。それを描いていくのは楽しかったですね。

―ちなみに、カレンさんは本作に登場する高校生たちのような悩みやコンプレックスを感じたことはありましたか?

もちろんあります。16歳の頃の私は不器用で静かでした。背も高かったのでかがんでいる感じだったし…。そんな臆病でぎこちない子が、今アクション・ヒーローをやるようになっているので、マーサの役って私の人生そのものじゃないかと思いましたね。

―共演されたドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック、ケビン・ハートが持っているコメディ要素にご自身が影響された部分はありましたか?

私はずっとジャック・ブラックの大ファンでした。ケビン・ハートのスタンダップコメディも大好きです。今回一番面白かったのはドウェイン・ジョンソンだと思うんですが、ある意味で抑えたユーモアで、それがイギリス出身の私から見ても「イギリス的なユーモアだな」と思いましたし、良かったです。素晴らしい3人と仕事できるということで、まず私の最初の印象は「何故私がここにいるの?」ということと、その彼らが目の前でやりあっているので、非常にたくさんのことを学ぶことが出来ました。

ジャック・ブラックの女子高生力、必見です

ジャック・ブラックの女子高生力、必見です

―カスダン監督との仕事はいかがでしたか?

彼は素晴らしい人で、私のキャリアの中でもベストの監督だと思います。とても協力的で、撮影を始める前に本読みをしていたときでも、演者に「どう思った?」とキャラクターについてのアイデアや自分の考えを聞いてくれるんです。撮影中もどんどんアイデアを出せる雰囲気を作ってくれたし、彼ももちろんいろいろ提案してくれる。アイデアを出すことを恐れることなく、とてもいい雰囲気、とてもクリエイティブな環境を作ってくれました。

―大作を経てきた今、やってみたい役はありますか?

たくさんあります。すごくドラマ的な、シリアスな映画にも出てみたいですね。例えば『シャイニング』でジャック・ニコルソンがやっていたような役みたいな(笑)。

―最後に、ゲームにハマった経験があれば教えてください

10代の頃メガドライブを持っていて『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』がお気に入りでした。プレイステーションでは『鉄拳』や『クラッシュ・バンディクー』とかですね。ボードゲームでも遊んでいたけど、主にビデオゲームをやっていましたね。


映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』
3月30日(金)よりMX4D/4DXにて先行上映
4月6日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

全米公開:2017年12月20日 
監督:ジェイク・カスダン(『バッド・ティーチャー』
出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ジャック・ブラック(『ガリバー旅行記』)、ケヴィン・ハート(『リベンジ・マッチ』)、カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、ニック・ジョナス、ボビー・カナヴェイル

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ロビン・ウィリアムズ

生年月日1951年7月21日(63歳)
星座かに座
出生地米・イリノイ・シカゴ

ロビン・ウィリアムズの関連作品一覧

ドゥエイン・ジョンソン

生年月日1972年5月3日(47歳)
星座おうし座
出生地米・サンフランシスコ

ドゥエイン・ジョンソンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST