【ウソのようなホントのコラボ】『レディ・プレイヤー1』のキャラクターたちがあの名作映画に…!?

(C) 2018WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

(C) 2018WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

“さぁ、最高の初体験へ”-目の前に広がるまったく未知の領域、バーチャルリアリティ(VR)の世界での冒険を描いたスティーブン・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』(4月20日公開)から、本作の主人公ウェイドの[オアシス]でのアバター、パーシヴァル(および仲間のアバターたち)が、歴史的大ヒットのエンタメ超大作映画の主役になりきるオマージュアートが公開となった。

配給会社すら超えるスピルバーグ力?

まず、ぱっと目に入る左上のこのポーズとビジュアル。これはスティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務めた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマーティの姿そのもの。その隣にはこちらも超有名作…キアヌ・リーヴス主演の『マトリックス』だったり、SF映画の金字塔『ブレードランナー』(上段右)や、海賊の宝を探す少年少女たちのアドベンチャーを描いた傑作『グーニーズ』(下段左)、シルベスター・スタローンの大ヒットアクション『ランボー』(下段中央)など、誰もが一度は見聞きしたことがあるであろう、伝説的な映画のポスターにそっくりなビジュアルばかり。

「エイプリルフールか?」と思ってもおかしくないネタが本当に実現するあたり、さすがスピルバーグ! と言わざるを得ない。そしてまさにこのような配給会社の枠を超えたオマージュアートは、どんな姿にもなれ、どんな夢をも叶えることが出来る[オアシス]を舞台にした『レディ・プレイヤー1』だからこそ実現。映画の枠を超えた超ド級エンターテイメント大作は、一体どんな新たな体験を我々に与えてくれるのか?


映画『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー

監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:ザック・ペン
原作:アーネスト・クライン著「ゲームウォーズ」(SB文庫)
キャスト:タイ・シェリダン、オリビア・クック、マーク・ライランス、サイモン・ペッグ、T・J・ミラー、ベン・メンデルソーン、森崎ウィン
配給:ワーナー・ブラザース映画

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST