生田斗真×瑛太『友罪』から新場面写真とスペシャル映像が解禁!

(C)薬丸 岳/集英社 (C)2018映画「友罪」製作委員会

(C)薬丸 岳/集英社 (C)2018映画「友罪」製作委員会

ミステリー界の旗手・薬丸岳の「友罪」を『64-ロクヨンー前編/後編』などでおなじみの瀬々敬久監督が生田斗真と瑛太らを迎えて贈る実写映画『友罪』(5月25日全国公開)。主演の2人のほか、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子ら日本映画界を代表する名優が集結した本作で描かれるのは、かつて世間を震撼させた事件を起こした少年Aの“その後”と、周囲の人々の葛藤――。それぞれの過去と現在が絡み合い、疑心や後悔に囚われた様々な人間模様が交錯し、やがて人間存在の謎に満ちた深みへと導く、慟哭のヒューマンサスペンス。

今回、本作から新場面写真(TOP)と、劇場ロビー用スペシャル映像が公開となった。

「心を許した友が、かつての凶悪事件の犯人だったら…」解禁された場面写真では、そんな答えのない極限の友情にもがき苦しむ益田(生田)に、優しく手をかけ静かに微笑む鈴木(瑛太)の姿が映し出される。元ジャーナリストとしてではなく、親友として、そして同じく心に罪を抱えた者として、鈴木の気持ちが知りたいと願っていた矢先、ある些細なきっかけで不本意ながら鈴木の存在を蔑ろにしてしまう益田。俯き、涙を浮かべ「ごめん…。」と謝る益田に、鈴木は何も語らずそっと肩に手をかける。二人が醸し出す空気感から、単なる友人関係を超えた二人だけの深層に潜む、甚だしくも純粋な友情が垣間見える一枚だ。

そして劇場ロビー用特別映像に収録されたメイキング映像では、瀬々監督とともに真剣な表情で撮影に挑む生田と瑛太の姿が捉えられているが、生田は緊張感漂うシーンの撮影中、益田が抱える様々な葛藤に共鳴し、自然と涙が止まらないこともあったという。「益田という人物も、友人の鈴木と同様に過去の罪を背負って生きている。一筋縄ではいかないキャラクターだったと思います。」続く瑛太も、「罪を背負いながらも、償うということが分からない人間でも映画の2時間位の中で変化していく。それは、自分の中で作っていきたいと思いながらやっていた」と振り返り、主演の2人が本作に懸ける想いの強さが感じられる。


映画『友罪』
​2018年5月25日(金) 全国ロードショー!

監督・脚本:瀬々敬久(『64-ロクヨンー前編/後編』)
原作:「友罪」薬丸岳(集英社文庫刊)
出演:生田斗真 瑛太 夏帆 山本美月 富田靖子 佐藤浩市
配給:ギャガ

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

薬丸岳

生年月日1969年8月26日(50歳)
星座おとめ座
出生地兵庫県明石市

薬丸岳の関連作品一覧

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST