土屋太鳳「菅田君史上、一番可愛い菅田将暉君が詰まってる!」宣言―映画『となりの怪物くん』完成披露試写会

菅田将暉と土屋太鳳

菅田将暉と土屋太鳳

菅田将暉×土屋太鳳のW主演で贈る実写版『となりの怪物くん』(4月27日公開)の公開を記念して、都内にて完成披露試写会を兼ねた「となりの怪物くん PRESENTS TONA-KAI COLLECTION」が開催された。出演者たちは各々春をイメージしたファッションに身を包み、まさにファッションショーのごとくランウェイを練り歩いて会場を盛り上げた。

>写真をもっと見る

原作は、2008年~2014年まで講談社「月刊デザート」で連載され、コミックス累計発行部数は610万部を突破(全13巻)している「となりの怪物くん」(ろびこ/講談社「KCデザート」刊)。友達も全くいない、恋もしたことのないガリ勉・冷血な女子高生が、となりの席の問題児男子に、ふとしたことがきっかけで唐突に告白されたことから始まる物語。

今日の観客にはサイリウムが事前に渡されており、ファッションショーの時には一緒になって会場を盛り上げた。大歓声を受けて菅田は「今日、『君の名は。』以来のサイリウムを劇場で見ましたけども…。一緒にお祭りを楽しんでいただけて嬉しい」と挨拶。土屋も「一期一会という言葉があるけど、『とな怪』の世界を通して素敵なメンバーと皆さんにお会いすることが出来ました。たくさんたくさん楽しんでいってください!」と続き、月川翔監督も「これだけのキャストが一同に会すると圧巻。贅沢な映画を撮らせていただいたんだなと改めて感じています」と映画の完成披露に感慨深げ。

ランウェイを練り歩いたキャストたち

ランウェイを練り歩いたキャストたち

月川監督、まさかの菅田君に奢ってもらう?

ランウェイで先に披露していたファッションのポイントについてMCから聞かれると、菅田は「春をイメージしたファッションだったんですか?」と驚いた様子で返事をして笑いを誘う。「オレンジが『とな怪』イメージカラーでもあるので、みんなそれを基調にしてきて、僕は真っ白で行かせていただきましたね」という菅田に「オレンジのネクタイがよくお似合いです」と土屋から褒められると「オレンジの耳がお似合いです」と返して会場を盛り上げる。土屋は「耳(イヤリング)のオレンジ色と、春といえばしずくということで、雫色のドレスを選びました」と紹介すると会場からは「可愛い!」という掛け声とともに拍手が巻き起こった。

トークの様子

トークの様子

映画の撮影について菅田は「楽しかったです。久々にみんなでかき氷食べて『頭痛い~』なんて言ったり、花火して『うわぁ~、あぶねぇ~』って言って笑ったり、すごく童心に帰る撮影でリフレッシュした感じ」と振り返ると、土屋も「セッションの多い現場だったなと…。菅田くん私物のギターがあって…みんな弾けるし歌えるんですよね。全然音楽に関係ない作品なのに、パーカッションとかもあったりして」と意外な一面を披露した。

また、「印象的なのは初日」という古川。「菅田くんに7年ぶりに会って。その時は同級生役だったんですが、今回はお兄ちゃんで。その映画と同じ場所で会ったので『あの時の場所だ!』みたいな懐かしいし不思議な感覚でしたね」とコメント。山田からは「買ったばかりの私物のカメラを現場に持っていったら、菅田君と太鳳ちゃんが『ちょっと撮らせて~』ってカメラを持っていったんですね。後で見たら画像が120枚くらい決めポーズした2人のショットがあって(笑)」と告白され「そんなあったか!」と驚く菅田に「保存して家で観てても気持ち悪い人になっちゃうから消したほうが良いと思ったけど、思い出として取ってあるから。この後SNSで活用させてもらえればと」と話すと会場からは拍手が起きた。

トークの様子

トークの様子

壇上でキャッキャするメンバーに「だいたいこういう感じ…(笑)」と池田。「みんなのお芝居が熱かったので、それに引っ張られていたなと。でも楽屋に戻ったらみんな好きなことやっていたので、私もゲームしてましたし。ギター一緒に弾いたりもしたし、動画も回すことが多かったので、終わってからそれを見ていて『とな怪』ロスになったというか、楽しかったなと」。続いた浜辺は「意外と仲良しチームとは一緒じゃなくて…」と切り出し「ギターも弾けない歌も歌えないし…で。初日みんな一緒のシーンだったけど、入学式に行けなくてそれからしばらく登校できなくてどすれば良いかわからない新入生みたいな気分で(笑)。でも、土屋さんが団子を3本食べているのを見てこの現場頑張ろうと思いました」とのコメントに会場から再び笑いが。これに土屋は「美味しかったよね♪」と浜辺にニッコリ。

なかでも極めつけだったのが「富山での撮影が印象的」という月川監督。「菅田君の提案でみんなで寿司を食べに行ったけど、財布の中がすっからかんで菅田くんに奢ってもらっちゃって…」とのエピソードに会場が若干引く中、菅田は「こんな素直な監督と撮影ができるなんて嬉しくなっちゃいました。なかなか金なくて『貸してくれる?』って言ってくれる監督いないので…」と懐の広さを見せると月川監督は「いないですね。みっともなかったですけども」と苦笑い。

『となりの怪物くん』が菅田君史上、一番可愛い菅田将暉が詰まっている

初共演だったことについて菅田は「太鳳ちゃんは真面目というか素直というか…衣装合わせの時に会ったとき『今、パッツンにするかセンター分けにするか髪型を迷っています』と。『じゃあ今から見せますね』って2パターンその場でやってくれて、僕からしたらその真面目さが雫だなと思ってやる気が出ましたね」と言うと土屋は「すごく迷っていて…春に雫が好きだって思ってもらわないとダメだなと思っていたので決めてもらおうと思っていました。結果、ぱっつんかなという感じで撮影に臨みました」。

これを受けた土屋は「伝えないといけないことがあって…」と切り出し、「えっ?」と驚く菅田に「菅田君は本当にいろんな映画に出ているけど、『となりの怪物くん』が菅田君史上、一番可愛い菅田将暉君が詰まっている作品だと思います!」と宣言。会場から湧き上がる大きな拍手に「男性の方に可愛らしいなんておこがましいけど(笑)、皆さん楽しんで見ていただきたいと思います」と言葉を贈った。


映画『となりの怪物くん』
2018年4月27日(金)より全国東宝系にて公開

菅田将暉 土屋太鳳
古川雄輝 山田裕貴 池田エライザ 浜辺美波 佐野岳
佐野史郎/速水もこみち

原作:ろびこ『となりの怪物くん』(講談社「デザート」刊)
監督:月川翔
脚本:金子ありさ
音楽:林ゆうき
企画・製作:東宝
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST