【インタビュー】『彼女がその名を知らない鳥たち』白石和彌監督×『全員死刑』小林勇貴監督<前編>

小林勇貴監督(左)×白石和彌監督(右)

小林勇貴監督(左)×白石和彌監督(右)

白石和彌監督の『彼女がその名を知らない鳥たち』が4月25日レンタル開始、小林勇貴監督の『全員死刑』が5月2日にTSUTAYA先行レンタル開始! それに合わせて、両監督のスペシャル対談が実現!! 『凶悪』 『日本で一番悪い奴ら』などの実録系作品を手がけてきた白石監督と、『全員死刑』で実際の殺人事件を映画化した小林監督。実際の事件をエンターテインメント映画へと昇華させる両監督が、互いの作品の魅力や演出のこだわりを熱く語る!


【プロフィール】

白石和彌(右)/'74年北海道生まれ。若松孝二監督作などの助監督を経て、'10年に『ロストパラダイス・イン・トーキョー』で映画監督デビュー。以後、映画『凶悪』('13)や『日本で一番悪い奴ら』('16)などを手がけ、高い評価を得る。映画『孤狼の血』が5月12日、『止められるか、俺たちを』が秋公開。

小林勇貴(左)/'90年静岡県生まれ。初長編監督作『Super Tandem』('14)で第36回PFFに入選し、本物の不良を俳優として起用した『孤高の遠吠』('15)でゆうばり国際ファンタステック映画祭2016のオフシアター・コンペティション部門でグランプリを獲得。『全員死刑』('17)で商業映画監督デビューを果たす。


(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

小林:『彼女がその名を知らない鳥たち』(以下『彼女~』)には超常現象的なことが起きるシーンが3回あるじゃないですか。砂が降ってきたり、壁がバタンと倒れたり、鳥がバーっと飛び立ったりする。ああいうシーンは、ヒロインの十和子(蒼井優)が、男の人にまつわる何かに触れてしまった瞬間に発生する心の中の情景だと思うんですけど、めちゃめちゃ感動する。最初は砂ですよね。

白石:砂ですね。水島(松坂桃李)が浮気相手の十和子に作り物なのかなと思うほど夢みたいな話をする。だいたいいけ好かないヤツって、ああいう話をするじゃないですか(笑)。

小林:します、します(笑)。

白石:十和子はそこにのめり込んでいかないといけないから、十和子だけは実感として砂を触る。「私だけは水島の話を信じていて、ほかの人とは違うんだ」と。僕は、その砂に触れたことを視覚的に表現したかった。アパートの壁が倒れて過去の記憶につながるシーンも、現実との“地続き”感がほしくて入れたんだよね。黒崎(竹野内豊)は過去の男だから本当は会えるはずがないんだけど、歩いて行って彼に触れてほしかった。あまり派手なことが起こる映画ではないから、ああいうギミックがあった方がわかりやすいかなと思って。

小林:そのシーン、すごくきれいでした。照明の入り方も逆光で。『日本で一番悪い奴ら』も逆光がすごかったけど、この映画も逆光の入るタイミング、顔がどのように映るか、どのくらい見えない方がいいのかが計算されていて、めちゃめちゃすごいなって。

白石:どのくらい顔が見えるか見えないかは映画において結構気にしていますね。クリント・イーストウッド監督の映画を観るとき、わりとそのあたりしか観てないところもある。

小林勇貴監督(左)×白石和彌監督

小林:あと、過去と現在の取り扱い方も絶妙ですよね。『凶悪』だと誰かが振り向いた瞬間に過去になったりしますが、『彼女~』は過去と現在の入口がもっと錯綜している。黒沢清監督が「回想は現在に起きていることのように始まるのが理想だ」とインタビューで言っていたんですが、それが連続しているみたいでした。

白石:基本的には、主人公が現在起こっていることに右往左往している『全員死刑』みたいに、現在進行形で見せた方が観客は観やすい。でも、なぜか日本人は過去のトラウマとかそういう話が大好きだから、日本映画には回想ものが多いんだよね。過去はどんなにうまく撮っても説明にしかならない。過去に行くたびに話の流れを止めることは避けたかったから、『凶悪』では主人公が過去をのぞくという形を取ったんだよね。

小林:そうだったんですね。過去の話があるにも関わらず、『彼女~』に登場する3人の男は現在進行形で生きている、そんな風に感じました。あと、「身の丈の幸せが心底幸せ」ということがすごく伝わってくる。『日本で一番悪い奴ら』ももがきながらも、ちゃんと幸せの頂点を身近なものとして描いていますよね。

白石:振り返ると、あの瞬間が一番幸せだったなと気付いてもらえたらうれしい。だから始まって20分くらいは何の映画かわからないかも。幸せな時間をどれだけ作れるだろうかということに重点を置きました。その方が観終わったとき、豊かな気持ちになる。そこのバランスは考えましたね。ある程度、勇気を持ってお客さんを宙ぶらりんにする時間は作れたし、それはよかったと思いますね。

小林:高橋洋監督に「小林君が描く幸せは“罠”なんだよね」と言われたことがあります(笑)。無意識的なんですけど、いいことがあると、悪いこともあるという気がするんですよね。

白石:幸せは次の転落のフラグにしか見えない? 

小林:嫌なことの種が芽吹いているというか(笑)。ただ、それは全然悪いことじゃないと思っているんです。 

白石:それは僕もあるな。「いいことをする奴も悪いことをする奴も、みんなまとめてそれはそれで人間だよね」という考えは常に持っていますね。悪い奴もいい奴も人間ってところは『全員死刑』で感じたよ。それから僕が、小林監督について思うのは、監督の“不良性感度”の高さ。つまり不良をリアルに捉えられる。それが最大のウリでもあるし、タレント性もある。それが小林監督最大の武器だろうから。商業映画1作目の『全員死刑』から「小林勇貴と愉快な仲間たち」みたいな一体感がある。その座長感がうらやましい。今後、どんな映画撮っていくのか興味津々です。

『全員死刑』/ (C)2017「全員死刑」製作委員会

 (C)2017「全員死刑」製作委員会

小林:すげぇ、たくさん撮ります(笑)。撮る気持ちは抜群に止まんないですよ。俺は白石監督が本当に憧れ。自分の最終目標と言っても過言ではない『仁義なき戦い』を現代にアップデートしたような『孤狼の血』(5月12日公開)を東映で撮ったことなんて、うらやましくてしょうがないですよ。あと、俺は映画は多数決で負けてしまう者のためにあるべきだとずっと思っているのですが、『彼女~』とか白石監督の作品もそういう話じゃないですか。それにいつも感動するんですよね。白石監督は撮るごとにどんどん優しくなっている気がするんですよ。キャラクターに対して、愛がどんどん強まっている。映画の後半は愛に基づいて極端にテンションが上がっていく。人間が何かに負けそうになったり、負けたりすることも全然悪いことじゃないから、それをエンターテインメントにしている。それを観る人がたくさんいるということが映画ファンとしてめちゃめちゃうれしい。ノーブレーキで突っ走っていく、すげえカッコイイ先輩なんですよ!

⇒後編へ続く

(取材・文/相田冬二 撮影/岩下洋介)


Blu-ray&DVD『彼女がその名を知らない鳥たち』
発売中&レンタル中

監督:白石和彌
原作:沼田まほかる
脚本:浅野妙子
出演:蒼井優 阿部サダヲ 松坂桃李 竹野内豊

Blu-ray&DVD『全員死刑』
5月2日発売&TSUTAYA先行レンタル開始

監督・脚本:小林勇貴
原作:鈴木智彦
脚本:継田淳
出演:間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

蒼井優

生年月日1985年8月17日(33歳)
星座しし座
出生地福岡県

蒼井優の関連作品一覧

阿部サダヲ

生年月日1970年4月23日(49歳)
星座おうし座
出生地千葉県

阿部サダヲの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST