【2018年4月】Filmarksレビューから選ぶ! TSUTAYA新作DVDリリースランキングTOP9

2018年4月リリース作品

2018年4月リリース作品

毎週リリースされる新作DVD・Blu-ray、借りる時に何を基準に選びますか? ここでは、一つの指標として「レンタルが始まるタイトルを、映画公開時に評判が良かった順」でランキング形式でお届け。国内最大級の映画レビュー(口コミ)数を誇る映画情報サービスFilmarks(フィルマークス)での情報を元に、興行成績では見えない本当の「面白かった・面白い」作品に出会う近道かも?

2018年4月レンタル開始作品 Filmarksランキング

【抽出条件】
TSUTAYAで4月レンタル開始の作品かつ、FilmarksでのMark!数(お気に入り登録)が3,000以上、★(レビュー評価)が3.0以上
※記事内のFilmarksの★スコア・レビューは2018年4月25日時点のものです。
※ランキング抽出のため、★スコアは小数点第2位以下も表示しています。

9位:Filmarks★スコア―3.16「現代のSNSの最終結末を見てしまった感じ」

ザ・サークル

ザ・サークル

4月3日リリース

巨大SNS企業に採用された新入社員の女性が、新サービスの実験モデルに抜擢。自身を24時間ネット上に公開、アイドル的な存在になった彼女を悲劇が襲う。エマ・ワトソン、トム・ハンクス共演のSNSサスペンス。

FIlmarksレビュー(抜粋)

「テクノロジーの便利さに溺れると取り返しのつかないことがあることを再認識させられる」「これは耐えられそうにないです 笑」「現代のSNSの最終結末を見てしまった感じ」

FIlmarksレビューをもっと見る TSUTAYAで作品詳細を見る

8位:Filmarks★スコア―3.56「全てにケジメをつけて、きちんと全て終わらせた作品」

三アウトレイジ 最終章

アウトレイジ 最終章

4月24日リリース

ヤクザ同士の血で血を洗う仁義なき抗争劇を描き大ヒットした北野武監督・主演の「アウトレイジ」シリーズ第3弾にして最終章となるバイオレンス・アクション。日本最大勢力となった花菱会の内紛をきっかけに、大友が身を置く国際的フィクサー“張グループ”を巻き込んだ壮絶な全面戦争へと発展していくさまを描き出す。

FIlmarksレビュー(抜粋)

「今回も殺し方最高でした」「『物足りない、パワーダウン』という声はあるが、今作は『老い』や『虚しさ』をテーマに描いている、だからそう感じるのだ」「裏での繋がり、裏切り、騙し合い、駆け引き。全てにケジメをつけて、きちんと全て終わらせた作品でした」

FIlmarksレビューをもっと見る TSUTAYAで作品詳細を見る

7位:Filmarks★スコア―3.62「こんなに哀しい殺人鬼がいるのでしょうか」

ユリゴコロ

ユリゴコロ

4月4日リリース

沼田まほかるのベストセラー・ミステリーを吉高由里子主演で映画化。生まれながらに“人間の死”が拠りどころのヒロインのおぞましくも切ない半生と、その殺人履歴が綴られたノートを見つけた青年の運命が狂わされていくさまを描く。

FIlmarksレビュー(抜粋)

「映画の雰囲気はとてもよかったです。みなさんの演技も圧巻」「え、そうなんや?!とか、まじか?!みたいな展開で何度か驚かされた。あ、いい意味で。」「こんなに哀しい殺人鬼がいるのでしょうか」

FIlmarksレビューをもっと見る TSUTAYAで作品詳細を見る

6位:Filmarks★スコア―3.64「リセットする為の死がとてもクールでカッコよく感じた」

亜人

亜人

4月4日リリース

桜井画門の大ヒット・コミックスを「るろうに剣心」の佐藤健主演で実写映画化したサスペンス・アクション。決して死なない新種の人類“亜人”と判明し、追われる身となった主人公の壮絶な運命を迫力のアクション満載に描く。

FIlmarksレビュー(抜粋)

「内容全く知らず鑑賞したので、爽快なガンアクションと音楽のテンポ良さがかっこよく、楽しめた!」「リセットする為の死がとてもクールでカッコよく感じた」「それぞれの人物像が知りたくなって、原作に興味でた」

FIlmarksレビューをもっと見る TSUTAYAで作品詳細を見る

5位:Filmarks★スコア―3.875「地持ち悪いけど、なんか癖になるw」

ゲット・アウト

ゲット・アウト

4月11日リリース

ヒットメイカー、ジェイソン・ブラム製作のサプライズ・スリラー。白人女性の恋人の実家へ招かれたアフリカ系アメリカ人男性。白人ばかりのパーティで気が滅入るなか、古風な黒人の若者を発見するが……。想像を絶するクライマックスへと引きずり込まれる。

FIlmarksレビュー(抜粋)

「不穏な音楽の演出が良かった」「地持ち悪いけど、なんか癖になるw」「素晴らしい脚本の妙。監督デビューのピール監督に拍手」

FIlmarksレビューをもっと見る TSUTAYAで作品詳細を見る

4位:Filmarks★スコア―3.879「今年最高で最恐の衝撃と裏切りを……」

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

世界中で空前の大ヒットとなった「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のその後を描く続編。ついにフォースを覚醒させ、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーと出会ったレイを待ち受ける驚愕の運命と、ファースト・オーダーとレジスタンスの戦いの行方を描く。

FIlmarksレビュー(抜粋)

「めちゃくちゃ面白かった!監督が変わるとここまで作風に影響が出ますか」「今年最高で最恐の衝撃と裏切りを……」「GIRLSからアダムドライバー気にはなってたけど、これ見て完全にやられました」

FIlmarksレビューをもっと見る TSUTAYAで作品詳細を見る

3位:Filmarks★スコア―3.888「昨年の日本映画私的ベスト」

彼女がその名を知らない鳥たち

沼田まほかるの同名ベストセラーを「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督が、主演に蒼井優と阿部サダヲを迎えて映画化した異色の恋愛ミステリー。8年前に別れた男を忘れられず、一緒に暮らす年上の男に嫌悪感を抱きながらも離れられない女と、そんな彼女にどんな仕打ちを受けても一途に慕う男が織りなす歪で醜い愛の行方をミステリー・タッチに綴る。

FIlmarksレビュー(抜粋)

「2人のこと全く共感できないけど、最後の10分は本当ボロッボロ泣いた」「これは昨年の日本映画私的ベストです」「原作は小説らしいが、すごく映画的で面白かった」

FIlmarksレビューをもっと見る TSUTAYAで作品詳細を見る

2位:Filmarks★スコア―4.0「作り手の好きなテイストをぎっちり盛り込んだ楽しさがある」

キングスマン:ゴールデン・サークル

世界最強のスパイ機関を描いた過激サスペンス・アクションのシリーズ第2弾。前作から1年後、謎の組織によりキングスマンの拠点が壊滅し、一流エージェントとなったエグジーは組織を追ってアメリカへ飛ぶが……。

FIlmarksレビュー(抜粋)

「前作より好きかも! とにかくコリンファースかっこいい…」「作り手の好きなテイストをぎっちり盛り込んだ楽しさがある」「ジョークをふんだんに盛り込んだテンポ良いシナリオは健在」

FIlmarksレビューをもっと見る TSUTAYAで作品詳細を見る

1位:Filmarks★スコア―4.08「終盤の展開に、鳥肌が立つほど震えた」

女神の見えざる手

女神の見えざる手

4月3日リリース

ジェシカ・チャステインが、目的実現のためならどんな手段も厭わない剛腕ロビイストを演じるポリティカル・サスペンス。政治を影で動かすロビイストに焦点を当て、銃規制法案を巡って対立する両陣営の熾烈な駆け引きの行方をスリリングに描き出す。

FIlmarksレビュー(抜粋)

「キャラクターの描き分けと、配役が見事にハマる。サスペンスとドラマの比率も絶妙」「その巧みな戦術と手腕が明らかになった終盤の展開に、鳥肌が立つほど震えた」「話術が凄い。相手をやり込めるのが快感(*´▽`*)」

FIlmarksレビューをもっと見る TSUTAYAで作品詳細を見る


【おしらせ】5月のレンタル開始タイトル(一部)
『オリエント急行殺人事件』 『全員死刑』 『ミックス。』 『ナラタージュ』 『Fate/stay night [Heaven’s Feel] I.presage flower] 』…etc.

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST