【マジビンタを24テイク】「スター・ウォーズの日」直前! 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』NG映像が公開に

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

国内興収75億円、観客動員500万人超えの大ヒットとなった『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が現在好評発売&レンタル中! 今回、“May The Force Be With You(フォースとともにあらんことを)”という名台詞にかけた、毎年恒例となっている5月4日の「スター・ウォーズの日」直前に特別映像が解禁された。

キャリー・フィッシャーのビンタが24テイクも…

今回公開となったのは、ボーナス・コンテンツにも収録されていない爆笑必至のNG集。中でも注目は、レイア・オーガナ役キャリー・フィッシャーの連続ビンタ。命令を無視した凄腕パイロットのポー・ダメロン(オスカー・アイザック)をビンタし、「降格です」と告げる名シーンだが、ライアン・ジョンソン監督からOKが出たのは、なんと24回目のビンタだったという。「バチン!」というリアルな音からも、ビンタする側&される側、双方の痛みが伝わってくる。テイクを重ねるたびに、変化していく二人の表情も必見だ。

冒険をともにする過程でロマンスの予感も漂うフィン(ジョン・ボイエガ)とローズ(ケリー・マリー・トラン)だが、二人がカジノ都市の夜景を見つけるシーンでは、ボイエガが思わず「お尻がかゆくなっちゃった」というような言葉で甘い雰囲気をぶち壊し!これにはトランも大笑い。そして再び登場のポー役アイザックは、「フィンとローズにチャンスを…」と言うセリフを、「フィンとポーにチャンスを…」と言い間違えてしまう。「あっ、ポーって俺のことじゃん!」と言わんばかりに、自分を指さすお茶目な姿も。

ほかにも主人公レイを演じるデイジー・リドリー、ハックス将軍役のドーナル・グリーソン、謎の新キャラクター“D.J.”役のベニチオ・デル・トロらが、NGに思わず表情を崩す瞬間も。最重要人物であるルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミルは、戦闘機のコックピットから「すてきな思い出をありがとう!」とご機嫌だ。さらに、人気ドロイドBB-8は、キュートすぎる“ツーショット”も披露している。


『スター・ウォーズ/最後のジェダイ MovieNEX』
先行デジタル配信中、MovieNEX発売中、Blu-ray&DVDレンタル中

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST