前野智昭、若き日のハン・ソロに! 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』声優陣発表

(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

ハン・ソロは前野智昭が吹替え!「大きなプレッシャーも感じています」

『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクターの1人、ハン・ソロの若き日を描いた『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日日本公開)にて、主人公のハン・ソロを人気・実力派声優の前野智昭が担当することがわかった。前野はこの起用に「偉大なキャラクターの若き日を描いた作品ですので、オーディションの結果を聞いた時はとても嬉しかったです。しかし大きなプレッシャーも感じています」と心境を明かし、「日本語版を担当させて頂けるのはとても光栄です。多くの方があのテーマ曲やダース・ベイダーなどのキャラクターの名前は一度は耳にした事があると思いますし、後世の作品に多大な影響を及ぼした、とてつもない大きなシリーズです。吹き替えを担当させて頂くにあたり、過去作を改めて拝見しましたが、やはり惹かれるものがたくさんありました」と意気込みを語っている。

さらにハン・ソロの幼馴染で謎の美女キーラには山根舞、悪名高きギャンブラーのランド・カルリジアンは綱島郷太郎、女性型ドロイドL3-37 には浅野まゆみ、ハン・ソロの師匠ベケットにはふくまつ進紗、犯罪組織を率いるギャングのドライデン・ヴォスには土田大らが抜擢され、声優界でも屈指の演技力を持つ実力派が大集結した。

前野のハン・ソロを堪能! 日本語版360度スペシャル映像も公開に

さらに今回、ハン・ソロとランドがミレニアム・ファルコンを賭けて、ポーカーゲームに挑む日本語版スペシャル映像も到着した。元々ランドが持っていたミレニアム・ファルコンをハン・ソロが手にするはずの緊迫の勝負シーンは必見だ。

公開されたのは、ハン・ソロがランドにファルコンを賭け、銀河では誰もが夢中になってしまうゲーム“サバック”に挑むシーン。実は元々、ハン・ソロの愛機として知られるミレニアム・ファルコンは、悪名高きランドが持っていたもの。しかし「エピソード4」ではハン・ソロの手に渡っており、どうやってハン・ソロがファルコンを手に入れることになるのか?その過去が明かされるシーンとなっている。


『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
2018年6月29日(金) 全国公開

監督:ロン・ハワード
製作:キャスリーン・ケネディ
出演:オールデン・エアエンライク(ハン・ソロ)/ウッディ・ハレルソン(ベケット)/エミリア・クラーク(キーラ)/ドナルド・グローヴァー(ランド・カルリジアン)/ヨーナス・スオタモ(チューバッカ)
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST