映画 『ハン・ソロ』ワールドプレミアに創造神登場! ロン・ハワード監督は「驚きのサプライズがたくさんあるはず」

オールデン・エアエンライク、ジョジ・ルーカス、ロン・ハワード監督

ハン・ソロ役のオールデン・エアエンライク、『スター・ウォーズ』生みの親ジョージ・ルーカス、ロン・ハワード監督

日本では6月29日に公開を迎える「スター・ウォーズ」最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』。全世界中のファンが公開を待ち望む中、本作のワールド・プレミアが現地時間・5月10日(木)に行われた。

ワールド・プレミアの会場となったのは、ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアター、エル・キャピタン、ドルビー・シアターの3劇場。通例一館ずつでもプレミア試写が開催される劇場だが、3館の同時上映により約6,000人もの観客が若きハン・ソロの過去をついに目撃することとなった。ハリウッドでも最大規模のプレミアが実施された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』と同レベルの規模であり、その期待の高さが伺える。会場前には約400メートルにも及ぶ長いレッドカーペットが敷かれ、ほぼ実物大のミレニアム・ファルコンが飾られるなど、「スター・ウォーズ」の世界に入り込んだかのような装飾で彩られた。「スター・ウォーズ」シリーズの中で最も愛されるキャラクターの一人であるハン・ソロが主役の映画とあって、世界各国から総勢約300名の報道陣が集結。早くも新キャラクターのコスチュームを身につけたファン達約400名の熱狂に、世界中の期待と熱気が溢れた。

超豪華なプレミアの様子

超豪華なプレミアの様子

そんなレッドカーペットに若きハン・ソロを演じたオールデン・エアエンライクやチューバッカ、謎の美女キーラ役のエミリア・クラーク、ハリウッドの巨匠ロン・ハワード監督ら豪華キャスト陣が自信に溢れた顔で大集合! 世界中から大きな注目を浴びている新星オールデン・エアエンライクは「数年間ずっと取り組んできたこの作品を、ついにファンのみんなに見てもらえてとても素晴らしい気分だよ!」と大興奮! いよいよ世界で初披露される本作については「チューバッカと一緒に色々なシーンを演じて本当に最高だった。それにキャストやクルーが信じられないほど素晴らしい才能に溢れていて、彼らと一緒に作り上げられたことがとても嬉しいよ」とコメントした。

ハン・ソロの幼馴染で謎の美女キーラを演じたエミリア・クラークは、美しい金髪に肩出しのセクシーな赤いドレスに身を包んで登場! 謎の美女キーラについて「キーラはとてもミステリアスだから、彼女から目を離さないでね。何をしようとしているのか、しっかり見張っておくべきなの。でもキーラはすごくかっこ良いし、ハン・ソロのことをよく知っている重要なキャラクターよ」と明かした。

エミリア・クラーク、オールデン・エアエンライク、ドナルド・グローヴァー

エミリア・クラーク、オールデン・エアエンライク、ドナルド・グローヴァー

そして様々な豪華ゲストが登場する中、なんとシリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスと、“伝説のジェダイ”ルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルもレッドカーペットに登場! 会場のボルテージは一気に最高潮となった。オールデン・エアエンライクとジョージ・ルーカスが肩を組むと、会場からは大きな歓声と拍手が。さらにルーカスは「エピソード1」の監督をオファーしたこともあり友人でもある、本作でメガホンを取ったロン・ハワード監督と笑顔で談笑し、写真撮影に応じるなど2人の長年の厚い信頼関係が伝わってくる和やかな様子を見せた。さらにロン・ハワード監督は「この作品はローレンス・カスダンが死ぬほど書きたがっていたストーリーなんだ。予想がつかない展開に加えて、派手なアクションやユーモアもあり、ドラマチックな人間関係もある。観客が驚きのサプライズがたくさんあるはずだ」と力強いコメントで自信たっぷり。「スター・ウォーズ」旋風はまだまだ世界中で冷める気配がなく、豪華キャスト陣も大熱狂のワールド・プレミアとなった。

チューバッカとオールデン

チューバッカとオールデン


『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
2018年6月29日(金) 全国公開

監督:ロン・ハワード
製作:キャスリーン・ケネディ
出演:オールデン・エアエンライク(ハン・ソロ)/ウッディ・ハレルソン(ベケット)/エミリア・クラーク(キーラ)/ドナルド・グローヴァー(ランド・カルリジアン)/ヨーナス・スオタモ(チューバッカ)
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST