榮倉奈々が「喰われてる…」―『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』本編映像が解禁!

(C)2017「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」―2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたこの質問が、インスパイアされた楽曲や動画となり一大ブームを創り上げた。そして、榮倉奈々と安田顕を迎えた実写版が6月8日(金)より全国公開となる。今回、妻のちえがワニに喰われている本編映像が公開となった。

穏やかで平和な日々を過ごしている幸せな夫婦の姿から一転、結婚3年目のある日、じゅん(安田顕)が会社から家に帰ると、妻のちえ(榮倉奈々)が死んでいる!? 会社から帰った夫のじゅんが玄関のドアを開けるとき、一瞬躊躇した。なぜなら、ちえがケチャップの血を流して“死んだふり”をした前日の出来事を思い出したからだ。気を取り直してそっとドアを開けると、なんと、ワニに喰われて横たわる妻・ちえの姿が。「喰われてる…」と繰り返しつぶやくじゅん。「ちえさん!」と声をかけるがちえの反応はなく…

 “死んだふり”シーンの撮影は、李監督の「くだらないことこそ本気で」の号令のもと、各スタッフが力を発揮。宮前プロデューサーもスタッフの熱量の高さを感じたという。「まさかあんな本気のワニを作ってくれるとは(笑)。そのワニにちえが喰われるくだりでは、本番前にメイクさんが『これ、ローションかなんかでワニのヨダレを足さなくていいですか?』と。本当にスタッフさんには頭が下がります」。そんな中、監督が最もこだわったのは“死んだふりをしながらちえが喜んでいる姿”をちゃんと撮ることだった。それも、「ちえが笑うところが一番大事なんです。それを入れることでちえの可愛らしさが出ると思ったので」と話す。


映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』
6月8日(金)謎の〈妻ふり〉ロードショー

榮倉奈々 安田顕 大谷亮平 野々すみ花

原作:「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(作:K.Kajunsky 漫画:ichida/PHP研究所刊)
監督:李闘士男『神様はバリにいる』
脚本:坪田文「コウノドリ」
主題歌:チャットモンチー「I Laugh You」(キューンミュージック)
配給:KADOKAWA

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST