新たな東映やくざ映画の金字塔『孤狼の血』の続編制作が決定! 原作の柚月裕子は「あの狂熱と恍惚を、再び期待しております」

(C)2018「孤狼の血」製作委員会

(C)2018「孤狼の血」製作委員会

役所広司、松坂桃李ら豪華キャストが描く重厚なドラマ―。現在公開中の『日本で一番悪い奴ら』 『彼女がその名を知らない鳥たち』の白石和彌監督最新作『孤狼の血』(東映)の続編制作が決定した。物語のベースは、柚月裕子の「孤狼の血」の続編でもある「凶犬の眼」になるという。

『孤狼の血』は「新たな東映やくざ映画の金字塔」とまで言われ、映画公開前から業界内で大絶賛、公開後も瞬く間に賞賛の嵐を浴びた。映画公開後には「続編を切に希望します」「続編を見たい!」など続編を熱望する声が相次ぎ、今回の決定となったようだ。現在、撮影スタッフ・キャストの調整中で、東映としては映画『孤狼の血』のスタッフ・キャストの続投を熱望しているという。

大上章吾役:役所広司コメント

続編は、第一作を遥かに超えるいい作品を期待しています。今後、色んな監督、脚本家、俳優たちがこのジャンルの映画で魅力が発揮される時代が来ると日本映画に活気が出るのではないでしょうか?

原作者:柚月裕子コメント

「荒磯に波」の東映△マークを見るだけで、心が震えました。続編は望外の喜びです。持てる力すべてを注ぎ込んでくださった 東映とスタッフ、劇場に足を運んでいただいた観客の皆様には、感謝の言葉しかありません。あの狂熱と恍惚を、再び期待しております。

東映株式会社代表取締役社長:多田憲之コメント

「孤狼の血」は東映らしい作品となりました。このジャンルの映画を続けていかなくてはならないと思い、続編の決定を致します。


映画『孤狼の血』
大ヒット公開中

キャスト:役所広司、松坂桃李、真木よう子、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、阿部純子、中村獅童、竹野内豊、滝藤賢一、矢島健一、田口トモロヲ、ピエール 瀧、石橋蓮司、江口洋介 ほか
原作:柚月裕子「孤狼の血」(角川文庫刊)
監督:白石和彌
配給:東映

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST