「刺激が欲しかったのかも」と小松菜奈の片想いエピソードに大泉洋「大丈夫ですかこの話?」―『恋は雨上がりのように』初日舞台挨拶

(左から)松本穂香、磯村勇斗、小松菜奈、大泉洋、清野菜名、葉山奨之、山本舞香

(左から)松本穂香、磯村勇斗、小松菜奈、大泉洋、清野菜名、葉山奨之、山本舞香

眉月じゅんの同名コミックを大泉洋×小松菜奈主演で実写化した『恋は雨上がりのように』が25日、初日を迎え、大泉と小松、清野菜名磯村勇斗葉山奨之松本穂香山本舞香永井聡監督が登壇した舞台挨拶が行われた。

>写真をもっと見る

大泉洋、札幌で自分のおすすめシーンがウケていない?

小松は満員の観客を前に「今まで宣伝活動をしていて『恋雨の公開を楽しみにしている』と言ってくださる方が多くて、それを実感しています。こんなに沢山の方が初日から来てくださって、どんどんこう…観てくれる方が増えていくのはありがたいこと。一生懸命作った作品なので心に届けばいいなと思っています」と挨拶。

小松演じる女子高生・あきらが恋をする店長を演じた大泉は歓声を受け「ありがとうございます。またもや洋ちゃん洋ちゃんともう本当に…ありがとうございます」と観客を煽りつつ「私がこの映画の前半でやたら臭い臭いと言われるのをご覧になったということで。この映画を撮ったあとくらいから、やたら身体になんかいい香りのするようものを塗るようになりました」とコメントして笑いを誘う。

トークの様子

トークの様子

MCからおすすめシーンを聞かれると小松が「大泉さんと戸次(重幸)さんのシーンですね」と話すと「おっ! 私と戸次メンバーのあのシーンか」と返してまたも笑いを誘う。

「あきらに対しての戸惑いのときとはまた違う、親友との和やかな空気…店長の明るさが見れて素敵でした」という小松の話を受け大泉は「この撮影で若い人に囲まれていたので若干緊張していたところあった。なので悔しいかな、TEAM NACSのメンバーである彼が来るとホッとする部分もあって。本当に設定どおりの役でしたからね。大学時代からの友達ということで」と撮影を振り返る。

また、大泉は「朝イチから札幌の事務所のスタッフが偵察に行っていた」と言い「お客さんがウケていたのは、『臭いと言われているところ』『菜奈ちゃんが私のシャツの匂いを嗅いでいるところに私が来てしまったところ』『あきらが店長に迫っているところに、みんなが入ってきてパッと引いたら椅子がくるくる回るところ』で大泉さんおすすめの『冷えピタが剥がれる剥がれないのところ』はあまり受けてませんでしたとの報告にあれっ? と思いました」とポロリ。観客から拍手をもらうも「札幌では受けてなかったということでショックでした」と引きずっている様子。

恋する女の子の態度の違いに磯村「傷つきますよね…」

清野からは「大泉さんがあきらに手品をする場面はキュンとした」と言われるも実際に手品をやったかどうか聞かれ「やってません!」と小松からバラされ「あれはこう…合成ですね」としぶしぶ答える大泉に会場から笑いが。「でも二通り撮ったんですよ」と弁解する大泉に監督も「『青天の霹靂』でマジックをやる役柄だったらしいんですが、それでマジックがトラウマになったそうで、すごく嫌がっていると」と続き、大泉は思わず声を出して爆笑してしまった。さらに「本当は実際にやったほうが良いと思ったけど、全然平気です。合成のほうが綺麗なんで」という監督に「監督はすごくそういうところすごく割り切りが良いんですよ」と返すのがやっとだった。

トークの様子

トークの様子

また「あきらが(演じている加瀬と)デートの時に空手チョップのTシャツ着ていたところ。個人としては好きですけど、あれは酷くないですか? どんだけ嫌いなんだと。で、店長のときはすごくきれいな格好していたじゃないですか。この差がすごい…傷つきますよね」という磯村に「傷つくと思うよ。どこから見つけてきたんですかね」と大泉。「あれはネットです」という監督に「アナタの答え全部がっかりしますねぇ」とツッコんでいた。

大泉、小松の片想いエピソードに「大丈夫ですかこの話?」

映画にちなんで思い出に残っている片思いエピソードを聞かれると「中学生の時に数学の先生が好きだった」と明かす小松に「あらっ。地で行ってますね!」と大泉。「それは恋愛というか、素敵だなって思って。で、35歳くらいのその先生はSっ気があって…でもSの中にも優しさがあって…中学生の私にはすごく刺激的で、多分私は刺激を求めていたんだなと(笑)」という小松に大泉。「大丈夫ですかこの話?」と観客に語りかけて笑いを誘っていた。

トークの様子

トークの様子

また、「中学校の頃、一番仲の良かった親友のお姉ちゃんです。家に行くたびにドキドキしてましたね」という葉山に「最高にいいなぁ」と大泉。「思春期なんでいろんな事考えちゃってダメでしたね」と続けると「シャワー浴びてたりするんでしょ?」と興味津々の大泉は葉山をいじりながら「それもうAVじゃない!」と笑わせていた。

サプライズで大泉からねぎらいの言葉。そのとき小松は…

恋愛トークが盛り上がる中あっという間に時間が過ぎ、大泉は「皆さんに感謝の気持ちを申し上げたいところではありますが、撮影の時から座長として頑張っていた小松菜奈さんに皆さんを代表して言葉を贈りたいと思います」と切り出し「この映画は夏の映画だけど、撮ったのは12月で寒い中みんな頑張っていた。なかでも寒いシーンが多すぎて、雨の中で告白しなきゃいけなかったり、走ったりするシーンも多い中、決して弱音を吐かない。『寒いでしょ?』と聞いても『寒くないです』と言い張る。結局自分で風邪を引くわけですが、『プライベートな風邪です』とよくわからない言い訳をしながら(笑)。そしてこの2ヶ月はキャンペーンですか。私は全部にお付き合いできたわけではありませんが、慣れないバラエティにもたくさん出て大変だったんじゃないかなと思います。主演で引っ張っていくのは大変なので、すごく頑張っていたと思います。おかげでいっぱい面白い貴方が観られて楽しかったです。初日を迎えられたのは貴方のおかげ」と言葉を贈り、花束を手渡した。

小松へのサプライズ

小松へのサプライズ

大泉の言葉を聞きながら目を潤ませていた小松は「こんな事あるんですか?」とサプライズに驚きつつも「この漫画のお話を頂いたとき、『女子高校生とおじさんの恋』と聞いたのでどんな話かと思っていたけど、人を好きになるのは理屈じゃないと思える純粋な作品に出会えたのは初めて。最初はすごくあきらって難しいなと思っていたけど、演じていく中でその真っ直ぐさが素敵なだなと思えたし、毎日が楽しかった。本当に一人でも多くの方に観ていただきたいです」と感謝を語り、イベントを締めくくった。


映画『恋は雨上がりのように』
公開中

小松菜奈 大泉洋
清野菜名 磯村勇斗 葉山奨之 松本穂香・山本舞香
濱田マリ 戸次重幸 吉田羊

原作:眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
監督:永井聡
脚本:坂口理子
音楽:伊藤ゴロー
〈参加アーティスト〉
の子/mono(神聖かまってちゃん) 柴田隆浩(忘れらんねえよ) 澤部 渡(スカート)
主題歌:「フロントメモリー」鈴木瑛美子×亀田誠治(ワーナーミュージック・ジャパン)

 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST