「似た二人」だからこそのメリットも― 『ウィンチェスターハウス』スピエリッグ兄弟ならではの映画術

ピーター・スピエリッグ&マイケル・スピエリッグ/(C) 2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.

ピーター・スピエリッグ&マイケル・スピエリッグ/(C) 2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.

『ジグソウ:ソウ・レガシー』 『プリデスティネーション』などの監督を務めたピーター・スピエリッグマイケル・スピエリッグ兄弟の最新作『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』(6月29日全国公開)。ともに脚本やプロデュースを手掛ける彼らが、アメリカに実在する巨大なミステリーハウスに隠された物語をどのようにホラー映画へと昇華させたのか?

映画界で活躍する兄弟・双子監督は意外にも多い!

世界で活躍する兄弟監督には、ウォシャウスキー姉妹やコーエン兄弟をはじめ、ファレリー兄弟など多くのヒット作を生み出してきた実力派監督が多く存在してい
る。オーストラリアで生まれ、双子監督としてデビューを果たしたスピエリッグ兄弟は、イーサン・ホーク主演の『デイブレイカー』『プリデスティネーション』は共に斬新な切り口とこだわりぬいた脚本、映像の世界観が多くの映画ファンの心を引き付け、長編4作目にして『ソウ』シリーズの最新作『ジグソウ:ソウ・レガシー』の監督に抜擢されている。

双子監督は他にも、『ザ・ウォーカー』 『フロム・ヘル』を手掛けたヒューズ兄弟、ハリウッドでリメイクされた『the EYE』の監督であるパン兄弟、ストップモー
ションやアニメーションでカルト的な人気を誇るクエイ兄弟も多くのファンを持つ。兄弟で作品作りを行う監督・クリエイターたちの活躍からは、今後も目が離せない。

(C) 2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.

(C) 2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.

「似た二人」だからこそできる映画作り、2か所で同時撮影も!

多くの映画ファンに次回作が期待されているスピエリッグ兄弟。彼らが選んだ新たなアイデアが、アメリカカリフォルニア州に実在するミステリーハウス「ウィンチェスターハウス」を舞台にした物語だ。「2人で実際に屋敷へ行き、有名なハウスツアー(旅行者向けの人気企画)に参加してみたら、もう惚れ込んでしまってね。それでプロジェクトへの参加を決めて脚本に取り組み始めた。それから2年くらいは屋敷に何度も出かけてリサーチしながらアイデアを膨らませていったんだ。サラ役がヘレン・ミレンに決まるとあとは一気に進んだよ」と話すマイケル。

双子監督という誰もが興味を持つであろう組み合わせについては「二人で監督してうまくいくのか? って何度も聞かれるよ。兄弟一緒に育ってきて、大好きな映画も一緒だから本当に同じビジョンを描けるんだ」と双子監督ならではのメリットを語る。さらに「早い段階で一緒にアイデアを練るから、お互い違う考えで別々の方向に進んでしまうなんてことは全くない。2人で入念に計画を立て、ストーリーボードも描いて、ごく細かいところまで意見交換する。だから混乱することは全然ない。お互いの力関係はまさに五分五分さ。たまに別の班に分かれて同時撮影できるのは助かるよ。まあ、言ってみれば……奇妙なものだね」と、息の合った連携が作品作りに役立っていることも明かした。

(C) 2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.

(C) 2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.

ヘレン・ミレンら、キャストが語る“双子監督”との仕事

主人公サラ・ウィンチェスターを演じたヘレン・ミレンは、スピエリッグ兄弟との初めての仕事を振り返り「どんな監督チームでも、お互い心からよく理解しあうことが大切だと思うけど、それが双子となると、その理解の程度がより濃密になるのは明らかよ。それを目の前で見るのは面白かったわ。1人の監督と話しているのに、かえってくる返答は別々の口から、みたいな感じね。お互い違う役割を果たしていたのは確かね」とその頼もしい監督ぶりを語る。

さらに精神科医エリックを演じたジェイソン・クラークは、「彼らは革新的で、そのジャンルのそこそこのところで満足するのでなく、常に何か新しいものをスクリーンに持ち込もうとする。そのチャレンジ精神が大いに気に入っている」と兄弟との仕事を楽しみ、また刺激を受けたことについて話した。

【STORY】
娘と夫を突然の病気で次々と亡くした未亡人サラ・ウィンチェスター(ヘレン・ミレン)はウィンチェスター銃によって命を落とした人々の亡霊から逃れる為、一族の膨大な財産をつぎ込み365日24時間、妄信的に屋敷の増改築を繰り返していた。サラの精神鑑定のために“ウィンチェスターハウス”に送り込まれた精神科医のエリック(ジェイソン・クラーク)は屋敷の中に厳重に閉じられた禍々しい部屋があることを発見する。ウィンチェスターハウスに巣くう亡霊の正体とは何なのか?


『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』
2018年6月29日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国公開

監督:マイケル・スピエリッグ&ピーター・スピエリッグ
出演:ヘレン・ミレン、ジェイソン・クラーク、セーラ・スヌーク
提供:ポニーキャニオン/REGENTS
配給:REGENTS/ポニーキャニオン
2018/オーストラリア、アメリカ/英語/99分スコープ/5.1ch/原題:Winchester/G

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST