雨の日におうちでまったり映画三昧ならこの5作!ーTSUTAYA映画通スタッフおすすめ

今年も梅雨がやってきましまた。雨の日に外に出るのは億劫なものです。そんな日はおうちでまったりした映画でまったりしましょうww ちなみに「まったり」とは元々は近畿方面の擬態語で「柔らかさのなかにコクがある様子」らしいですよ。

男子高生のなんてことない会話だけでこんなにオモシロイとは!!

セトウツミ

セトウツミ

好評レンタル&発売中

関西の男子高校生2人が河原でまったりととりとめのない会話をしているだけながら、その漫才のようなやりとりが人気を博している此元和津也の同名コミックスを、「紙の月」の池松壮亮と「共喰い」の菅田将暉主演で実写映画化した異色の青春コメディ。監督は「まほろ駅前多田便利軒」「さよなら渓谷」の大森立嗣。

【まったりPoint】

いまをときめくイケメン男子の池松壮亮と菅田将暉、その二人が放課後の河原の公園でただただの会話してるだけの映画です。…と聞くと何がおもしろんんだか?とお思いでしょうが、ま~観てみて下さい。クールな池松くんと若干やんちゃな菅田くんの絶妙な間がたまらんのです。会話の内容も、笑っちゃうとこも、ほんのちょっとだけだけどジーンとくるとこもあります。何も考えずにお茶とおせんべい片手に、時々プッと笑いつつまったりとお過ごしくださいませ。

作品詳細・レビューを見る

こんな仕事と生活送りたい度NO.1

まほろ駅前多田便利軒

まほろ駅前多田便利軒

好評レンタル&発売中

三浦しをんの直木賞受賞のベストセラー連作短編集を瑛太と松田龍平の共演で映画化したヒューマン・コメディ。東京のはずれにある“まほろ市”で便利屋を営む真面目な青年とその同級生が、奇妙な共同生活を送りながら様々な依頼をこなす中で、自らの苦い過去と向き合い再生していく姿をユーモアを織り交ぜ綴る。監督は「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の大森立嗣。まほろ駅前で便利屋を営むしっかり者の青年、多田啓介。ある日、中学時代の同級生、行天春彦と出会う。見るからに風来坊然とした行天は、いきなり“今晩泊めてくれ”と言い出す。一晩だけと渋々了承した多田だったが…

【まったりPoint】

わりと真面目な多田(瑛太)と、好き勝手な行天(松田龍平)の絶妙な間の会話と、二人をとりまく街の変な住民がたまらなく愛おしい作品です。問題を起こしがちな行天、その尻拭いをさせられる多田、でもこっそりそれをフォローする行天、この2人最高の相棒でしょ! 事件は起きるんだけど、その展開はゆるくて、けど心がほんわりしたりもして。。。お金なくても、時折怖い目にあっても、それでもこんな生活したいなーと思える作品です。何も考えずにコーヒーとシュークリーム片手に、助演に俳優さんたちにも注目しながらまったりとお過ごしくださいませ。

作品詳細・レビューを見る

訳あり男2人のゆるーい散歩、目指すは桜田門!

転々

転々

好評レンタル&発売中

「時効警察」シリーズの三木聡監督が藤田宜永の同名小説を基に、冴えない男二人の奇妙な“東京散歩”を、お約束の小ネタを盛り込みつつしみじみとしたタッチで描いた人情コメディ。主演はオダギリジョーと三浦友和。孤独な大学8年生の竹村文哉は、借金84万円の返すアテもないまま返済期限を迎えようとしていた。そんな文哉の前に現われた借金取りの男、福原は、文哉に奇妙な提案を持ちかける。それは、吉祥寺から霞ヶ関まで歩く福原の“東京散歩”に付き合えば、借金をチャラにしてくれるばかりか、100万円までくれるというもの。ウマすぎる話に警戒感を抱きながらも、選択の余地のない文哉はその提案を受け入れことにするのだが…。

【まったりPoint】

いやー、三浦友和いい味出しはじめたわーと最初に思えた作品です。若いみなさんはご存じないかもしれませんが、若かりし頃の三浦友和は爽やか美男子の代名詞でした。そんな彼が歳を取り、毒や渋みが出始めたころの名作です。といってもここで紹介してるくらいですから、まー淡々とし作品です。そもそもいい年こいたダメ男2人で散歩ってwww。けれどじんわりと暖かい気持ちにさせられるんですよね。何も考えずに缶チューハイとサキイカ片手に、時折みせるシュールさにクスっとしながらまったりとお過ごしください。

作品詳細・レビューを見る

美しいビーチで暮らすダメ男の生活を観察しよう!

ぱいかじ南海作戦

ぱいかじ南海作戦

好評レンタル&発売中

阿部サダヲ主演のサバイバル・コメディ。失業と離婚のダブルパンチで人生のどん底を味わう佐々木は、衝動的に南の果ての西表島まで来てしまう。そして美しいビーチで4人組のホームレスと出会い、彼らの仲間入りをする。ところがある日、4人組は佐々木の荷物と一緒に姿を消してしまう。全財産を失い、途方に暮れていると、都会生活に疲れた青年オッコチが現われ、2人は一緒にこのビーチでサバイバル生活を送るのだったが…。

【まったりPoint】

西表島の美しいビーチ!とくれば、普通はイケメン・イケジョの恋愛だとか、感動のドラマとかそういうのを期待しちゃうと思いますが、そんな方にはとても残念な映画です。 とにかく主人公がダメダメなんです。そもそもビーチでホームレス生活ですからww。何も考えずにビールと魚肉ソーセージ片手に、時々寝落ちしそうになりつつ(なんならそのまま寝ちゃってください)まったりとお過ごしくださいませ。

作品詳細・レビューを見る

おばあちゃんはなぜため息をつくのか?

トイレット

トイレット

好評レンタル&発売中

「かもめ食堂」「めがね」の荻上直子監督が全編カナダ・ロケで撮り上げたちょっと変わった家族の物語。それぞれに問題だらけでバラバラな3兄妹と、日本からやって来た英語の通じない祖母“ばーちゃん”が繰り広げる奇妙な共同生活をユーモラスに描く。荻上作品の常連もたいまさこが不思議で謎めいたばーちゃんを独特のたたずまいで好演。引きこもりでピアニストの兄モーリー、厭世的でプラモデルオタクの弟レイ、勝ち気な大学生の妹リサの3兄妹。それぞれ好き勝手に生きてきた彼らも、母親を亡くしたことを機に彼女の遺した実家で同居することに。さらにそこには、猫のセンセー、そして母が亡くなる直前に日本から呼び寄せた3兄妹の謎多き祖母“ばーちゃん”もいた…。

【まったりPoint】

最後にご紹介する作品は家族愛を描いた感動作です! いきなり同居する事になった日本人のおばあちゃんは、英語もしゃべれないしというかそもそも言葉を発さない。しかも毎朝トイレから出てくるとため息をつく。。。最初は引きこもり兄妹はそんなおばちゃんを嫌がっているんだけど、段々心を開いていく、ほらテッパンの感動ストーリーでしょ!? ただ、そこに至る過程がゆるい!脱力している!そもそも3人とも引きこもり設定って!けれどほんとうに心がほっこりするし、柔らかさの中にコクのある作品ですよ。何も考えずにコーラとポテチ片手に、おばあちゃんのため息の原因を想像しながらまったりとお過ごしくださいませ。

作品詳細・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:monolith

ときどき、キレイな水と緑と空気を与えないと枯れてしまう“ニンゲン”という生物です。ワケわからん映画、ゆる~い映画、結構グロイよね的映画が大好物!!いい歳こいて”厨二病”に絶賛罹患中。自分が世界を破滅させてしまうのでは?と怯えている重症患者です。ww

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきのおすすめ映画はコチラ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST