「原作の題名にまずはヤラレました」―北川景子が中田秀夫監督とタッグ!『スマホ落としただけなのに』が実写映画化

(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

2017年度の『このミステリーがすごい!』大賞にて「隠し玉」としてその可能性を見出された志駕晃の「スマホを落としただけなのに」が実写映画化される。日本の総人口を超える“スマホ”の存在が凶器となってしまう(=誰にでも起こりうる)危険を表現することで、個人情報漏えいの恐怖やセキュリティの重要さなど、現代に潜む恐怖を描くと同時に、“スマホ”があるからこそ感じられる人を信じる心や真実の愛を描く。

自分ではなく彼氏がスマホを落としただけなのに、身に覚えのないメール送信、SNSのなりすまし…そして思いもよらない大事件に巻き込まれていく派遣社員の稲葉麻美を北川景子が演じる。「この映画のオファーをいただいたとき、まず最初にタイトルが目に飛び込んできました。自分自身ではなく、恋人がスマホを落としたことから、自分自身の過去、個人情報、SNSのアカウント情報、写真などが次々と流出し、人生が変わってしまう不運な主人公を絶対に演じたいと思いました」と意気込みを語っている。

そして監督には『リング』シリーズなどでおなじみ、ホラーの巨匠・中田秀夫。かつて“テレビ”から迫りくる恐怖で日本中のみならず世界中を震撼させた巨匠が、本作では“スマホ”で衝撃の映像体験をもたらす。中田監督も「日本だけではなく世界中の現代人にとって、“最も身近な相棒=スマホ”をうっかり置き忘れただけでどれだけの目に遭うのか、という誰もが関心を持つテーマ。『ライバルはヒッチコック』を胸に撮影に挑みます」とコメント。

イントロダクションを見る  

あなたの全てを知っている存在。
それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”です。

数々の話題作を輩出してきた『このミステリーがすごい!』 大賞。毎年数多くの作品が応募される中、「受賞には及ばなかったものの、ベストセラーになる可能性を秘めている作品」という編集部の強い思いによって選ばれる「隠し玉」から、また新たな才能が輩出されました。恋人がスマホを落としたことをきっかけに、自らの個人情報を狙われ、やがて思いもよらぬ大事件に巻き込まれていくヒロインの姿を、圧倒的なリアリティと巧みな仕掛けによって描いた本作。無名の新人・志駕晃によるデビュー作『スマホを落としただけなのに』(宝島社文庫)は、SNS時代を代表する一作として映画化のオファーが殺到し、日本での公開を前に海外でもリメイク企画が進行するなど熱い注目を集めています。そしてこの度、彼氏がスマホを落としたことで、事件に巻き込まれていく主人公の麻美役に北川景子を迎えて、映画化が決定しました。監督には「リング」シリーズの生みの親であり、日本のみならず世界で活躍を続ける中田秀夫。かつて“テレビ”から迫りくる恐怖で日本中のみならず、世界中を震撼させた巨匠が、今度は“スマホ”で衝撃の映像体験をもたらします。日本の総人口を超えるスマホが存在し、それぞれがSNSでつながる中、あなたの個人情報は守られていますか? どれほど頑丈なセキュリティを築いても、あなたの身近な人もそうとは限りません。そして、SNSで繋がっている友人は、果たして本当の友達ですか? 

あらすじを見る  

「あなたが、稲葉麻美さんだってことは、分かりますよ」

彼氏に電話をかけた麻美(北川景子)は、スマホから聞こえてくる聞き覚えのない男の声に、言葉を失ってしまった。
たまたま落ちていたスマホを拾ったという男から、彼氏のスマホが無事に戻ってきて安堵した麻美だったが、その日を境に奇妙な出来事が起こるようになる。

身に覚えのないクレジットカードの請求。
SNSで繋がっているだけの親しくない友達からのしつこい連絡。
彼氏のスマホから麻美の個人情報が流出したのか?

そして時を同じくして、人里離れた山の中で、次々と若い女性の遺体が見つかり、連続殺人事件として捜査が始まる。
身元が判明しない遺体は、どれも長い黒髪を切り取られていた……。

スマホを拾ったのは、いったい誰だったのか。連続殺人事件の真犯人は誰なのか。
平穏な日常が、音を立てて崩れていく。

ただ、スマホを落としただけなのに……。

キャスト・スタッフコメント

葉麻美役:北川景子

花山商事に勤める派遣OL。かつての派遣会社で知り合った富田誠とは交際して1年。そんなある日、富田がスマホを落としてしまう。知らずに電話した麻美は拾い主からスマホを受け取る約束をする。待ち合わせのカフェでは会えなかったものの、無事にスマホを受け取り、夜のデートでは富田からのプロポーズを受け、幸せの絶頂に見える麻美だったが、その日から奇妙な出来事に巻き込まれていく……。

「この映画のオファーをいただいたとき、まず最初にタイトルが目に飛び込んできました。自分自身ではなく、恋人がスマホを落としたことから、自分自身の過去、個人情報、SNSのアカウント情報、写真などが次々と流出し、人生が変わってしまう不運な主人公を絶対に演じたいと思いました。スマホやSNSのセキュリティ管理は、きちんとしているつもりでも、どこに落とし穴があるか分からない…。でも、本当の人と人の絆や愛は、スマホを通じてではなく、心で通じ合うものだというのが、この作品のテーマだと思っています。中田監督とは初めてご一緒しますが、脚本に対する私の質問のひとつひとつに丁寧に答えてくださり、中田さんと一緒に映画を作れるならとても安心だと思いました。普通のカップルの普通の日常が、ただスマホを落としただけで一変してしまう…。そんなスリリングな部分と、日常のシーンとのコントラストに配慮しながら丁寧に作っていきたいと思います。良い作品を作れるよう頑張ります」

監督:中田秀夫

「『スマホを落としただけなのに』は、この原作の題名にまずはヤラレました。現代人(ほぼ世界中の人々)が『最も身近な相棒』をうっかりどこかに置き忘れただけで、『いったいどこまでの目に遭うの?』と誰もが関心を持つテーマで、エンターテイメントの題材としても大きな可能性を感じます。『出口なしの現代の迷宮』にあっという間に引きずり込まれていくヒロインたちに、思いきり感情移入しながら観てもらえる作品に仕上げたいと思います。一方、ヒロインを北川景子さんに演じていただくことで、状況は最悪なのだけれど、同時に、洗練され、どこか優雅なテイストを持つ、ミステリーにしたいと思っています。そういう意味で、おこがましいですが、『ライバルはヒッチコック』を胸に、撮影に挑みます」

プロデューサー:平野隆

「現代人にとってスマホは、もはや分身のような存在になっていると思います。そんなスマホを無くし、それが最悪な人物の手に渡ってしまったらどうなってしまうのか?これは誰もが自分ごととして体験出来る映画です。誰も想像ができない結末に向けて様々な伏線がはられた原作ですが、北川景子さんなら先の読めないこの映画の展開をスリリングに演じて頂けると思います。中田監督は全米興行収入No.1(「ザ・リング2」)を獲得した経験のある監督なので、この映画の世界共通なテーマをポップな形で世界に発信して頂けると信じています」

原作者:志駕晃

「殺人事件に巻き込まれる経験をした人は滅多にいませんが、スマホを落とした経験は誰にでもあるでしょう。しかしそのスマホを拾ったのが、悪意をもった天才クラッカーだったら……。この『スマホを落としただけなのに』は、私自身、酔っ払ってスマホを落とし、誰にも連絡が取れず四苦八苦した経験から生まれたサイバーミステリーです。運よく出版化にこぎつけたと思ったら、僅か1年半で映画化となり、さらに密かにこの人ならばと思っていた北川景子さんに、まさか本当に主演してもらえるとは……。スマホを落としただけなのに、その後の夢のような展開にただただ驚いています。しかし普通はスマホを落とすと、データの流出やSNSのなりすましなど、とっても怖い目にあいますので、この映画を見てセキュリティを強化してください。絶対に、参考になるはずです。なにしろこれは、誰にでも起こりうるミステリーですから」


『スマホを落としただけなのに』
11月2日(金)全国ロードショー

原作:「スマホを落としただけなのに」志駕晃(宝島社文庫)
監督:中田秀夫(『リング』、『L change the WorLd』『クロユリ団地』)
脚本:大石哲也(『デスノート/デスノート the Last name』『BECK』)
制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:東宝
撮影時期:2018年6月1日~7月5日(予定)

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST