貴重なシーン盛りだくさん『バンクシーを盗んだ男』場面写真解禁!

(C) MARCO PROSERPIO 2017

(C) MARCO PROSERPIO 2017

正体不明のカリスマグラフィティアーティスト・バンクシーと彼の絵がもたらす影響力に迫るドキュメンタリー『バンクシーを盗んだ男』(8月4日日本公開)から、貴重なシーンを切り取った場面写真一挙解禁となった。

今もなお正体不明、神出鬼没の活動を続けているバンクシー。芸術テロリストとも称される彼の絵をTシャツや本屋に並ぶアートブックの表紙で見たことがある方も多いのではないだろうか? パレスチナ・ヨルダン川西岸地区ベツレヘムを舞台にした本作ではバンクシーによって描かれた本物の絵が持つ価値に翻弄される人々の悲喜こもごもが多面的にあぶりだされる。

解禁になった写真は、カッターの巨大な刃が壁を縦にまっすぐ進む瞬間を捉えた瞬間(TOP画像)や、本作の鍵を握る絵「ロバと兵士」、バンクシーの描いたネズミの壁画や代表作である「フラワーボンバー」に、バンクシーが開業し、その存在自体がバンクシーの作品になっている「世界一眺めの悪いホテル(「THE WALLED OFF HOTEL」)の貴重な写真などなど。

>場面写真をもっと見る

【STORY】

正体不明のカリスマグラフィティアーティスト・バンクシー。彼はパレスチナ・ヨルダン西岸地区ベツレヘムの壁に「ロバと兵士」の絵を描いた。これが地元住民の怒りをかい、タクシー運転手のワリドがウォータージェットカッターでその壁を切り取った。ワリドは大手インターネットオークションサイト「eBay」に出品し、最高額の入札者に売ろうと試みるのだ。この巨大なコンクリートの壁画はベツレヘムから海を渡り、美術収集家たちが待つ高級オークションハウスへ送られることになる。バンクシー、そして彼の描いた絵がもたらす影響力をたどっていくと見えてくるものとは…!?


『バンクシーを盗んだ男』
8月4日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次公開

監督:マルコ・プロゼルピオ
ナレーション:イギ―・ポップ
配給:シンカ
提供:シンカ、スキップ、パルコ
協力:アニモプロデュース
2017年/イタリア/カラー/デジタル/英語/93分/原題:The Man Who Stole Banksy/映倫区分:G

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST