ロン・ハワード監督、新作『ハン・ソロ』を引っさげ主演のオールデンとチューバッカとともに来日! 黒澤明との秘話も明かす

チューバッカ、オールデン・エアエンライク、ロン・ハワード監督、市川海老蔵

チューバッカ、オールデン・エアエンライク、ロン・ハワード監督、市川海老蔵

11日、都内にて『スター・ウォーズ』シリーズ最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の来日記者会見が行われ、監督のロン・ハワードとハン・ソロ役のオールデン・エアエンライク、相棒のチューバッカが登壇した。

>写真をもっと見る

ロン監督は「脚本とオールデンが素晴らしいという確信があって参加した」

「『ハン・ソロ』と共に来日できて光栄」というロン監督は「昨日東京トームで野球も観てきて楽しかったよ」と早速日本を楽しんでいる様子。また、なんとチューバッカからも挨拶があり相棒のオールデンが通訳して会場を和ませる一面も。 ロン監督はこの映画について「自分にとってはとてもクリエイティブでワクワクするアドベンチャーだった」と振り返る。それは「脚本で個人的な人間関係やアクションを通して若きハン・ソロが様々な試練を乗り越えることで、我々がよく知る彼に成長するところが描かれていたし、オールデンが素晴らしいという確信もあったからこの作品に参加したんだ」とも話す。

チューバッカとオールデン

チューバッカとオールデン

そして、主人公のハンを演じ、撮影中にはシリーズでハン役を務めてきたハリソン・フォードとも話したというオールデン。「この映画でのハン・ソロは理想主義で夢を見る男。僕の仕事としては、リアルな人物としての彼と、物語を伝えることのバランスを見出さなければいけなかった。ハリソンとは彼の飛行機の格納庫で会う機会があって。ハリソンはとても応援してくれて助けてくれたし、作品を観てくれてとても気に入ってくれた。僕らにとってはそれがいちばん大切なことだと思っているよ」

そしてMCはチューバッカに「見どころは?」と尋ねると一言返事を。「オールデンと仕事をしたところ」と訳すオールデンの言葉に会場からも笑いが。

オールデンは「周りからの反応に圧倒された」

スター・ウォーズと関わることについてオールデンは「とても光栄なこと。これだけ多くの人から愛されているキャラクターたちに関われている。世界中の人達から愛情と応援をもらっていることをすべての過程で感じていた。僕は自分が役をもらったとき、三ヵ月は誰にも言えなかったけど、それが解禁になってからは周りからの反応に圧倒されてしまったよ」と振り返る。

ロン監督も「監督としてこれは一つの挑戦。今までの経験と感性をこの世界に応用できる。そして、作業を始めると『スター・ウォーズ』がいかに世界中の人たちを楽しませているかという、深いレイヤーを感じるようになった。それは想像力やハイテク、映画作り、ユーモア、心、感動、テーマ性……全部の要素が一つになって面白いアクション・アドベンチャーになる。それは複雑な分ワクワクするし、参加している全員が情熱をみなぎらせている。そんな人達がこの世界でできることを模索している姿にも感動した。色んな方向から掘り下げられて一つになって素晴らしいものにつながっている。学ぶことも多かったね」と続く。

ロン・ハワード監督

ロン・ハワード監督

また、ロン監督はジョージ・ルーカスと一緒に黒澤明と食事をする機会があったそうで、その時のことも話してくれた。「『ウィロー』(監督:ロン・ハワード、製作総指揮:ジョージ・ルーカス)のとき、ルーカスと黒澤明と夕食を一緒にしたことがあって。非常に敬愛している相手でもあったし、自分も若かったので、映画づくりについて話をさせてもらえた。話してみて思ったのは、映画監督の挑戦やワクワクする気持ちは変わらないんだなということ。そしていくつかアドバイスも貰ったんだ。映画のリズムや、天候を味方につけて自分の物語にうまく盛り込んだり、影響を受けることを良しとすることだったり、シーンの移行(転換)がもつ力とかね。なかでも常に大切にしていることは、今回の作品に非常に役に立った。それは『3人でやること』なので、私は(脚本の)カスダン親子、(プロデューサーの)キャスリーン・ケネディと自分で問題に向かっていったんだ」

オールデン・エアエンライク

オールデン・エアエンライク

ロン監督は、ジョージ・ルーカスとの関係について「完成した映画は良かったと褒めてくれたし、製作中もサポートしてくれていた」と話し、「僕が参加した初日、現場に彼が来てくれたんだ。そこでオールデンとエミリアのシーンを見ながら、『ロン、ハンはこういうふうにしないんじゃないかな』と言われたんだ。オールデンがエミリアからマントを受け取るシーンで。そこで自ら『こうじゃないか』とやってくれた。それをオールデンにやってもらったらハンに見えたんだ。この時思い出したのは、ハリソンが以前『僕が生み出したキャラクターではない。ジョージ・ルーカスが生み出したものだ』と言っていたことを思い出した。ハリソンは、僕との会話の中ではオールデンをベタ褒めしていたね。何よりもハン・ソロというキャラクターへの理解度が深いし素晴らしいんだと」

日本語吹替版でカメオ出演の市川海老蔵からお土産。それは…

本作でハンとチューバッカが出会う場面に登場するストームトルーパー役だと明かされた海老蔵は「子供の頃から好きだった作品に出演できた、お声がけいただいたこととても光栄に思っています。父が大好きだったので伝えたいと思います」と挨拶し、来日ゲストに隈取り(※平成26年9月に海老蔵の主演による公演『壽三升景清(ことほいでみますかげきよ)』で演じた悪七兵衛景清の隈取り)を手ぬぐいに当てたものをプレゼント。オールデンも「アリガトウ!」とにっこりだった。

来日ゲストへスペシャルプレゼント

来日ゲストへスペシャルプレゼント


『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
2018年6月29日(金) 全国公開

監督:ロン・ハワード
製作:キャスリーン・ケネディ
出演:オールデン・エアエンライク(ハン・ソロ)/ウッディ・ハレルソン(ベケット)/エミリア・クラーク(キーラ)/ドナルド・グローヴァー(ランド・カルリジアン)/ヨーナス・スオタモ(チューバッカ)
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST