金曜ロードショー『ジュラシック・パークIII』はお約束満載だけど「行方不明になる息子が有能過ぎる」

恐竜が、この夏を熱くする!? シリーズ5作目となる最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の公開を前に、7月6日(金)、日本テレビ系列の『金曜ロードSHOW!』にて『ジュラシック・パークIII』が放送となった。

ジュラシック・パークIII

ジュラシック・パークIII

ティラノサウルスを超える恐竜が登場

『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド』に続くシリーズ第3弾。パラセーリング中に遭難した少年を助けるため捜索チームがある島に向かった。しかし、そこはあの恐竜たちが棲息する島のすぐ近くだった。かつて、恐竜の島で恐怖の体験をしたグラント博士(S・ニール)。不本意ながらもチームに同行するハメになった彼の不安は案の定的中し、今までに見たこともない巨大で凶暴な恐竜と対峙することに……。

『ジュラシック・パークIII』をレンタルする・レビューを見る

恐竜もすごいが、たくましすぎる息子もすごい

オープニングで行方不明となる息子のエリックを探すべく、初代『ジュラシック・パーク』に登場したグラント博士を騙してイスラ・ソルナへ向かうカービー元夫妻ら一行(博士の助手と雇われた3人)。物語は「息子を助け出して島を脱出する」という、初見でもわかりやすいストーリー。島には過去作に登場した研究施設も登場するが、かと言って観ていないとついていけないわけではない。

序盤は一番のやらかしキャラ、母・アマンダがお約束連発で物語を引っ張る。やらかしキャラだけにSNSでは「こういう女の人が居るから洋画は面白くなるんだよ!」「正直食われて死んでほしい」「でたよクソ母親」と散々な言われよう。中盤ではエリックが行方不明となったのが2ヶ月前だと判明。そしてヴェロキラプトルに囲まれた博士を助けてくれたのはエリックその人。なんと彼は一人でたくましく生き延びていたのだ。

博士が「(生きていたのは)奇跡としか言いようがない」と話しかけるもエリックは「たった2ヵ月?」とケロリ。さらに途中プテラノドンに連れ去られてもやはり逃げ切り、これにはSNSでも称賛の声が。「逞しくなりすぎな息子さん」「エリックほんとすげぇなお前」「この映画で一番有能なのは、誰に何を言われるわけでもなく2ヶ月のサバイバルを一人でこなし、肉食恐竜避けにT-レックスの尿を採取し、手榴弾でラプトルを撃退しアランを救出するエリック・カービーだからな」とこのメンバーの中で最もたくましいキャラクターという安心感を与えてくれる。

そして、本作での見どころといえば、知能のある恐竜との駆け引きだろう。いわゆる野生の恐竜なら「発見される=死」ともなりかねないが、群れで会話ができる恐竜として描かれているヴェロキラプトルとの対峙している緊張感は半端ない。ティラノサウルスより凶暴なスピノサウルスやプテラノドンたちは普通に襲いかかってくるので、対峙する緩急においても面白みをもたせているといえる。

映画の伏線の貼り方・回収方法も秀逸。博士のかつての恋人・エリーに始まり、共鳴腔のレプリカや衛星電話、恐竜の卵などアイテムの駆使の仕方は思わず「良く出来てるな」と唸る事間違いなし(しかし、衛星電話回収のためにホカホカの糞に手を突っ込むのは…)。人物では「研究資金のため」とこっそり卵を盗んでいた助手のビリーや、アマンダに振り回されていたが最後に男を見せる元夫のポールあたりがアツい。さらにSNSではラストのラストに登場する軍隊に関するツイートまで。「『ジュラシック・パークIII』を簡単に説明すると、アメリカ海兵隊のAAVP7A1とSH-60が かっこよく登場する映画です。はい」

上映時間94分の中にテンポよく緩急をつけたアトラクション要素を入れながら、人間たちの成長・親子の絆を描いた『ジュラシック・パークIII』は何度でも観られる一本だ。

>『ジュラシック・パークIII』をレンタルする・レビューを見る

【関連記事】
「恐竜映画」といえば『ジュラシック・パーク』! 宇多さんが見どころを解説する一方で、玉さんは…【水曜バラいろショー/2016年2月3日放送】
>来週放送『ジュラシック・ワールド』“オマージュ祭”のみどころは…?

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ウィリアム・H・メイシー

生年月日1950年3月13日(68歳)
星座うお座
出生地米フロリダ州マイアミ

ウィリアム・H・メイシーの関連作品一覧

ローラ・ダーン

生年月日1967年2月10日(51歳)
星座みずがめ座
出生地ロサンゼルス

ローラ・ダーンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST