池田エライザ、『ルームロンダリング』初日にTVドラマ化決定の報告「TVドラマ化するので、『ルームロンダリング』離れできないことも素直に嬉しい」

(左から)片桐健滋監督、木下隆行(TKO)、オダギリジョー、池田エライザ、伊藤健太郎、渋川清彦

(左から)片桐健滋監督、木下隆行(TKO)、オダギリジョー、池田エライザ、伊藤健太郎、渋川清彦

7月7日、『嘘を愛する女』に続く『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM』から誕生した2本目の劇場公開作品『ルームロンダリング』が公開初日を迎え、都内にて舞台挨拶を開催。主演の池田エライザオダギリジョー伊藤健太郎渋川清彦木下隆行(TKO)、片桐健滋監督が登壇。イベント中にはサプライズでTVドラマ化の発表もあり、会場は大きな盛り上がりを見せていた。

>写真をもっと見る

片桐監督、初日は「泣かない!」

池田エライザは先日からの大雨についての心配もしながら「皆様のおかげで無事、初日を迎えることが出来ました」と胸を張った。そして渋川から「まずは、片桐監督、おめでとう」とねぎらいの言葉い会場からは拍手が。「すごい緊張してるみたいなんでイジってやってください」と初監督作が公開となったことに気遣いを見せる一面も。また、改名後初の舞台挨拶となった伊藤健太郎はそのことに触れるも「映画に関係あることもうちょっと…」と池田に突っ込まれ会場から笑いが起こった。

池田エライザ

池田エライザ

片桐監督は「KEEさん(渋川)が言うように緊張してます」と話しだすと「もう泣きそうじゃない」と渋川に突っ込まれて「まだ泣かない!」と笑顔を見せる。「台本を頂いたときから惚れ込んでこの作品に挑ませていただいている」という池田に片桐監督は「自分の1本目の映画のときに世の中の人が思っている感じじゃない人と仕事がしたかった。下積み時代に池田さん以外にはお会いしたことがあって。池田さんは主役だけどあったことがなかった。それでも『絶対大丈夫だ』という勘でお願いしました」と当時を振り返った。

共演のオダギリは「なんとなく池田さんって暗くて一緒に芝居をしていてもくらいんですね。その暗さはどこから来ているのかという興味を持った。空き時間にいろいろ話を聞いていたら、すごく面白い環境で育っていて、俳優に必要な感性というか感覚的なものが備わっているなと思った。そういう感性が女優として幅のある…すごい褒めてますけど…」と話すも「言わされたようにしか聞こえない」と池田に突っ込まれ笑いが。その池田は自ら「台本に書いてありましたよね」と暴露し、「台本に書かれちゃうと私も(笑)」と照れ笑い。オダギリは「こうなっちゃうと変な空気になっちゃうんでね、すいませんでした」と謝罪して笑いを誘う。

健太郎は伊藤健太郎に改名後、初の舞台挨拶

健太郎は伊藤健太郎に改名後、初の舞台挨拶

しかしこの“池田が暗い”ということはみんなが思っていたようで、伊藤が「過去の作品を観ていて天真爛漫な女性のイメージだったけど、実際お会いしたら…暗い。いい意味で」話すと木下も「僕もTVなどで拝見していると明るいと思っていたけど実際は暗い」と立て続けに告白される場面も。

先ほど「台本に書かれていた」件で突っ込まれたオダギリがMCから「監督の現場はどんな感じだった?」と聞かれると「それは台本に書かれてなかったな(笑)」と笑いを誘う。「現場は、監督の人柄がすごく出る。今回の現場はハートウォーミングな暖かいものでもあったので、みんなが台本に惚れ込んだ。良いスタッフとキャストが集まって、そういう一作目を経験できている監督に対して嬉しい気持ちになっていました」コメントすると片桐監督は「クラックアップしたのがオダギリさんのシーン。みんなとの楽しかった15日間が終わると思うと泣いてしまった。それくらい良いスタッフとキャストに恵まれました」と振り返った。

トークの様子

トークの様子

また、今回オリジナル作品を完成させたことに「なかなか日本映画でオリジナルで脚本を書いて公開できることが少ない。まずTSUTAYAのスタッフの皆さんに感謝の言葉を述べたい。3年間、完成するまで一緒に頑張ってくれました。オリジナルの映画をいっぱい作っていって、『オリジナルはTSUTAYAなんだ』となれば、初回に選ばれた僕も嬉しい」と熱い想いを語り、共同脚本を努めた梅本竜矢氏に向けても感謝の意を伝えていた。

キャストに嬉しいサプライズ! この世界がTVドラマ化

この舞台挨拶終盤、MCからTVドラマ化決定の報告がなされると会場から大きな拍手が。『ルームロンダリング』はTVドラマ化と、TSUTAYAの動画配信サービス「TSUTAYA TV」での一部独占配信を予定とのこと。キャストや放送局・時期などについては、随時発表していくとのことなので続報に期待したいところだ。

池田は最後に「皆さんのものになっていくのが寂しいと思っていたけど、TVドラマ化するので、『ルームロンダリング』離れできないことも素直に嬉しい」と挨拶しつつ「まずはこの映画が愛されることが大事なことだと思うので公開が始まってからも宣伝していきたいし、皆様の力をお借りしていきたい」と締めくくった。


映画『ルームロンダリング』
大ヒット公開中

コミックビーム連載中「ルームロンダリング」
単行本(上巻)発売中!!

TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2015 準グランプリ作品

出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー
監督:片桐健滋
脚本:片桐健滋・梅本竜矢   
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
配給:ファントム・フィルム

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST