『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』人生初ポケモン作品が超シリアス展開で驚愕【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』

『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2018年7月13日の鑑賞タイトル『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』

鑑賞前の期待値「人生初ポケモンだからこその未知感」

この作品で初めて「ポケットモンスター」の世界に飛び込むドキドキ感。しかも初の劇場版作品。先日の特番ではしょこたんが泣ける作品としてピックアップしており、(おそらく)一番の感動どころはネタバレしてしまっているが…。分かっていて泣かされるのか果たして…? 作品内容の大人子供バランスも気になるところ。

鑑賞後の感想「まさかの超シリアス展開。哲学的な問いかけは、完全に大人向け」

伝説のポケモン・ミュウのオリジナルの化石から最強のポケモンを作り出そうとする人間の研究者たち。「ポケモンを作り出すこと」はどうも娘のアイを亡くした博士が、彼女を取り戻したい一心で始めたことらしい。序盤すぐに“二番目のミュウ=ミュウツー”と分かり「おお!」という気分に。実験で生み出されたアイツーが、生まれたばかりで自身が人間かポケモンかもわからないミュウツーにこの世界のことを教えるも、失敗によって消滅するコピーポケモンとアイツー。突然の別れを迎え目に涙を浮かべるミュウツーに「ありがとう」とお礼を言って消えていくアイツー。ここまでまだ10分。いきなりドラマチックだ。

その後、時が経ち成長したミュウツーが再び目覚めた時、自分勝手な人間たちに生み出されたと知ると憎悪から凄まじいパワーで研究所を破壊する。自由になったミュウツーは、自身が生きる意味について自問自答し、「私は人間でもない。作られたからポケモンですらない!」とやり場のない怒りを人間に対して出していく…このシリアス展開からオープニングを挟んでサトシ側に来たときのユルさ(平和感)もすごいが、「(イメージは)これだよなぁ」とちょっと安心感を覚えた部分もある。

ミュウツーは、伝説のポケモンから生まれただけあって無敵感はすごい。天候を操り、テレパシーを使い、ヘタなポケモンの攻撃も一切通じない。「最強のポケモントレーナー兼ポケモン」としてサトシたちを孤島の城に誘い込み全面対決するのだが、ミュウツーが作り出すコピーポケモンも普通に強く、早くも手詰まり感。しかもこのバトル、城に現れたミュウが「体でぶつかればコピーには負けない」などと言ったもんだから、必殺技も一切ない肉弾戦が各所で繰り広げられることに…。ただ、この肉弾感というのが「ポケモン同士が争うことの辛さ感」をグッと強調している。

ポケモンたちが戦いに疲弊しきったクライマックス、人間側では圧倒的行動力を見せてきたサトシの身に悲劇が。ここは特番でも紹介されたシーンだったので、個人的には先にネタバレしていた関係上、ちょっと複雑な気持ちに。ライバルのロケット団が多少のアクセントになってはいたが、結局最後の最後までシリアス展開だった。ちゃんと理解しておかないと(考えておかないと)、映画終わりに「これってどういう意味」と子供に聞かれたときに親が困る親泣かせの映画でもあったなと。でも、テーマについてのコミュニケーションという意味ではすごい作品だと感じた。

『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』で一番グッときたポイントは「山寺宏一のミュウ」

アニメ作品はエンドロールで「声はあの人か!」と確かめる楽しみもある。今回で言えばゲスト声優などがそれに該当するが、「ミュウ:山寺宏一」と目にしたときは本当に驚いた。あまり続けたセリフ(鳴き声)はなく、せいぜい最終決戦前の訴えかけくらいだが、声質から完全に女性だと思っていた。やはりレジェンド声優はレベルが違った。

▶『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』について

【製作年】1998年
【監督】湯山邦彦
【出演者】松本梨香、大谷育江、市村正親、山寺宏一、飯塚雅弓ほか
【あらすじ】人気TVアニメシリーズ『ポケットモンスター』の劇場版長編アニメーション第1作。伝説のポケモン“ミュウ”の化石から作られた最強のポケモン“ミュウツー”が人間たちに逆襲を挑む
【Filmarks★評価】3.7(5点満点中)

▶『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

松本梨香

生年月日1968年11月30日(50歳)
星座いて座
出生地神奈川県横浜市

松本梨香の関連作品一覧

大谷育江

生年月日1965年8月18日(53歳)
星座しし座
出生地東京都

大谷育江の関連作品一覧

市村正親

生年月日1949年1月28日(70歳)
星座みずがめ座
出生地埼玉県川越市

市村正親の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST