『ビートルジュース』ティム・バートンの世界観・面白さはやはり間違いなかった。そして野茂英雄を思い出すことになるなんて(笑)【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『ビートルジュース』

『ビートルジュース』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2018年7月26日の鑑賞タイトル『ビートルジュース』

鑑賞前の期待値「逆シチュエーションのなんでもアリ感×ティム・バートンの世界観」

本日7月26日は「幽霊の日」ということで幽霊映画をピックアップ。この手のホラーは「空き家に引っ越してきたら幽霊が居たので追い払おうと頑張る」というのが鉄板シチュエーションなのだが、こちらは逆。幽霊側視点で人間を追い払うので、手段がなんでもアリかな? という期待。しかも監督はティム・バートン。『アリス・イン・ワンダーランド』 『コープスブライド』 『チャーリーとチョコレート工場』などの近年の作品しか知らない僕にとってはファンタジーが得意な人、という印象なので一体どんなハウスホラーになっているのか、楽しみである。しかも、続編制作が進行中らしい。なお、この作品の一年後、『バットマン』で本作主演のマイケル・キートンと再タッグを組むことになる。

鑑賞後の感想「笑って観られるホラーだが、ビートルジュースチャラすぎ(笑)」

コネチカットの田舎で、立派な一軒家住んでいるアダム・メイトランドとバーバラ・メイトランド夫妻。事故で二人が亡くなった後、新しい居住者としてやってくる訳ありのディーツ一家。家をめちゃくちゃにし始める彼らを見て、自分たちが大切に守ってきた家を手放したくない一心で、メイトランド夫妻が彼らを追い出そうと大奮闘するという話。

ガチではなく気楽に見られるものを、とチョイスしたがまさにその通り。逆に言うなら怖さが全く無いので、ホラーを期待するとがっかりするかもしれない。自分たちの力ではどうにもディーツ一家を追い出せず、困ったメイトランド夫妻が頼った死後の世界のケースワーカー、ジュノーが「彼を呼んじゃだめ」と念押しするビートルジュースは、あまりに“チャラい”男。パッと見「『バットマン』のジョーカーかな?」とも見えるその容姿とキャラクターは、「なんでこの後の『バットマン』で彼をバットマン側に起用したのか?」と疑問に思うくらいの怪演っぷり。マイケル・キートン、はっちゃけてます。

クリーチャーはやっぱりティム・バートンだな、というものばかりで、子供が観やすい可愛らしいキャラクターが多い。まさにハロウィン向き、といった感じ。かなり初期作になる本作だが、家の中にあるアダムが作った町の模型をオープニングの場面転換やビートルジュースの居場所として使うなど、安心のティム・バートンの世界観にニヤリ。

ただ、全体のバランスのせいか、ビートルジュースが期待するほど活躍しないのは残念。あくまでメイトランド夫妻が主役であり、彼らの可愛さも際立つのだが、もう少しかき乱してほしかったとも思う。それだけに、続編が動いているという話には期待しかないのだが。

『ビートルジュース』で一番グッときたポイントは「中盤の劇中歌」

中盤、ディーツ一家の妻・デリアが開くパーティーの場面で幽霊側のいたずらとして使用される曲。ハリー・ベラフォンテ「バナナ・ボート」が流れて、みんなが踊りだすのである。あまりに特徴的な歌い出しに「これって野茂英雄の歌の元ネタか!」と今更知ったと衝撃も込みでグッと来た。ちなみに、ラストを締めくくるの場面の歌もハリー・ベラフォンテの曲(「Jump in The Line」)。日本でもビールのCMで使われたことがあるため、聞いたことがある人もいるかもしれない。

▶『ビートルジュース』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『ビートルジュース』について

【製作年】1988年
【監督】ティム・バートン
【出演者】マイケル・キートン、アレック・ボールドウィン、ジーナ・デイビス、ウィノナ・ライダーほか
【あらすじ】ある日突然死んでしまった若い夫婦。彼らは自分たちの住んでいた家に引っ越してきた一家を追い出そうと、人間を退治する“バイオ・エクソシスト”ビートルジュースを呼び出すが……。
【Filmarks★評価】3.6(5点満点中)

▶『ビートルジュース』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

マイケル・キートン

生年月日1951年9月5日(68歳)
星座おとめ座
出生地米・ペンシルバニア

マイケル・キートンの関連作品一覧

アレック・ボールドウィン

生年月日1958年4月3日(61歳)
星座おひつじ座
出生地ニューヨーク

アレック・ボールドウィンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST