『パラノーマル・アクティビティ』低予算の超ヒット映画は、視聴者の精神を削ってくるものだった【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『パラノーマル・アクティビティ』

『パラノーマル・アクティビティ』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2018年8月21日の鑑賞タイトル『パラノーマル・アクティビティ』

鑑賞前の期待値「本場の超低予算ホラー。予算を超えるアイデアとはどんなものか?」

予算15,000ドル(現在の為替110円換算で165万円程度)、撮影はたった7日間で作られた本作は、全米12館上映から始まった超低予算のホラー映画。監督も出演者も無名ながら、口コミで拡大公開、公開1ヵ月後には2,000館弱まで広がり、ついには全米1位の座にも輝いた作品。今で言う『カメラを止めるな!』と同じような旋風で一躍話題となったホラー映画だが、やはり「お金がない分のアイデア勝負」が一番の見所であり、楽しみである。

鑑賞後の感想「実は、ジリジリと精神を削られるという怖さ」

幼少期から超常現象に悩まされてきた女性・ケイティと恋人のミカは一軒家で同居中。二人はこの家で起きる超常現象の真相を突き止めるべく、ハンディカメラで家の中を撮影することにしたのだが…。家の中だけで全編を済ませるハウスホラーのため、予算がなくても納得。

二人がカメラで記録を始めてから日が経つに連れ、徐々に夜の超常現象が増えていくものの、映画的な過剰演出はないままにジリジリと進行していく。アトラクション的要素を期待していると退屈かもしれないが、ハンディカメラの手ブレによる臨場感は十分ある。何より「この家に来る前から霊的体験がある」と怯えるケイティ目線になると、いつしか彼女と同じ心理状態(焦らされる=精神を削られる)に繋がっていくため、自然と緊張感が高まっていくのである。

そして心霊の専門家を呼んだり、霊応盤(ヴィジャボード)で交信を試みようとしたり、床に粉をまいたりとあの手この手を尽くすけど、事態は一向に良くならない。追い詰められていくケイティとミカの仲も悪くなっていき…と良い兆しのないままラストまで突っ走る。明るい場所でこれを観たからまだこんな感想ですんだけれども、これが暗い・大画面・大音響の映画館ならそりゃ怖いよな…と納得。ただ、ラストはちょっとやりすぎた感がなくもない。

『パラノーマル・アクティビティ』で一番グッときたポイントは「監督の家!?」

本作でケイティとミカが住んでいる家は、なんと監督の家(!)とのこと。彼氏のミカがデイトレーダーだという設定のため無駄に説得力があるのだが、なによりプール付きの2階建て、しかも中も広い…と羨ましい限りである(笑)。

▶『パラノーマル・アクティビティ』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『パラノーマル・アクティビティ』について

【製作年】2007年
【監督】オーレン・ペリ
【出演者】ケイティー・フェザーストン、ミカ・スロート、マーク・フレドリックス、アンバー・アームストロング、アシュリー・パーマー ほか
【あらすじ】一組のカップルが夜ごと悩まされる不可思議な現象の実態を突き止めようと部屋の中にビデオカメラを設置、はたして次々と彼らに降りかかる怪奇現象の数々を克明に捉えていくさまをドキュメンタリー・タッチで描く。
【Filmarks★評価】2.8(5点満点中)

▶『パラノーマル・アクティビティ』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST