『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』悲劇もあった。しかし、それ以上の親子の絆の素晴らしさを知る【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2018年9月11日の鑑賞タイトル『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

鑑賞前の期待値「変わったタイトルだ、と公開時も思っていたけど…」

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件前後を描いた作品で、映画公開時には「特徴的なタイトルだな」という印象がまずあった。結果、アカデミー賞(R)では作品賞と助演男優賞にもWノミネートした実績もあるし、何よりトム・ハンクス&サンドラ・ブロックの名前をかき消すような少年のインパクトあるジャケット写真も強烈だ。この少年が見つめる先には一体何があるのだろうか?

鑑賞後の感想「良い親子だ。そしてその親あってこの息子があるんだな」

父(トム・ハンクス)と「ニューヨークにはかつて6つ目の行政区があった」という謎を調べる遊び『調査探検』をする息子のオスカー(トーマス・ホーン)と、それを楽しそうに聞いている母(サンドラ・ブロック)。そんな家族に降り掛かった9.11の悲劇は、父を亡くすという最悪の結果に。それから1年後、オスカーは父の部屋から”ブラック”と書かれた小袋に入った鍵を見つけ、この謎をとけば父に繋がると信じて行動を始める…。

映画を観始めてすぐ思うことは「良い親子関係だ」ということ。オスカーはとても賢く行動力があるのだが、これは完全に家庭環境の賜物と言えるだろう。彼が”ブラック”の謎について追うときの仕事の細かさや、見知らぬ人にも勇気を持って物怖じしないところなどは展開を見ていてもワクワクするところだ。しかも、オスカーを演じるトーマス君はこの映画が初演技らしいのだが、とても信じられないくらいの芸達者っぷりである。

「”ブラック”は人名のはず」と考えるオスカーは数え切れない程のブラックさんと会っていく中で、彼にとってさらに驚きの出逢いと、謎だった鍵の結末にたどり着く。途中、重要な場面で自分の心境を正直に吐露するところがこの映画最大の見所であり、心揺さぶられる場面になっている。

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』で一番グッときたポイントは「やっぱり母はお見通し」

ブラックの謎を追うことに決めたオスカーは、母に内緒で(嘘をついて)行動を始める。しかし映画終盤、実は母はすべてを見抜き、むしろオスカーより先回りして先々会うブラックさんたちに根回ししていたことがわかる。そしてすべての謎を解いた後、調査の思い出を楽しく語り合う2人の姿にグッと来るのである。父とは終始仲良しだったが、この調査を進める上で母とは距離ができていたので「良かった良かった…」感が凄いのである。

▶『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』について

【製作年】2011年
【監督】スティーヴン・ダルドリー
【出演者】トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴィオラ・デイヴィス ほか
【あらすじ】9.11アメリカ同時多発テロで最愛の父を失った少年、オスカー。ある日、父の遺品の中から一本の鍵を見つける。それが入っていた封筒には“ブラック”の文字。オスカーはこの鍵に父のメッセージが託されていると確信し、ニューヨーク中のブラック氏を訪ね歩いて謎を解き明かそうと決意するが…。
【Filmarks★評価】3.8(5点満点中)

▶『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

出演者 トム・ハンクス  サンドラ・ブロック  トーマス・ホーン  マックス・フォン・シドー  ヴィオラ・デイヴィス  ジョン・グッドマン  ジェフリー・ライト  ゾー・コールドウェル  ヘイゼル・グッドマン  スティーヴン・マッキンレー・ヘンダーソン
監督 スティーヴン・ダルドリー
製作総指揮 セリア・コスタス  マーク・ロイバル  ノラ・スキナー
脚本 エリック・ロス
原作者 ジョナサン・サフラン・フォア
音楽 アレクサンドル・デプレ
概要 ジョナサン・サフラン・フォアの同名ベストセラーを「リトル・ダンサー」のスティーヴン・ダルドリー監督が映画化した感動ドラマ。9.11のテロで父親を失った少年が、父の遺品である一本の鍵に合う鍵穴を探そうとニューヨーク中を旅する中で悲しみを乗り越えていく姿を綴る。主人公の少年役に新人トーマス・ホーン、共演にトム・ハンクス、サンドラ・ブロック、マックス・フォン・シドー。9.11アメリカ同時多発テロで最愛の父を失った少年、オスカー。ある日、父の遺品の中から一本の鍵を見つける。それが入っていた封筒には“ブラック”の文字。オスカーはこの鍵に父のメッセージが託されていると確信し、ニューヨーク中のブラック氏を訪ね歩いて謎を解き明かそうと決意するが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

トム・ハンクス

生年月日1956年7月9日(63歳)
星座かに座
出生地米国・カリフォルニア州

トム・ハンクスの関連作品一覧

サンドラ・ブロック

生年月日1964年7月26日(55歳)
星座しし座
出生地米・バージニア

サンドラ・ブロックの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST