『グレイテスト・ショーマン』を観た人に、次にオススメしたいミュージカル映画5選

グレイテスト・ショーマン

日本で350万人以上の動員、興収は50億円を突破するなどの超ヒットとなったヒュー・ジャックマン主演の『グレイテスト・ショーマン』。19世紀半ばに活躍した伝説の興行師・P.T.バーナムが作り上げたフリークショーを中心に描かれる、ヒューマンドラマと圧倒的パフォーマンスが見事に融合したミュージカル・エンタテインメントだ。

ミュージカル映画の入門としても最適な本作だが、『グレイテスト・ショーマン』がを観た人に、次に観て欲しい作品を5作ピックアップしてみた。

★重厚な世界観にグッと引き込まれる

『美女と野獣』(2017)

『美女と野獣』(2017)

ディズニーのパワーを感じる、圧倒的没入感

エマ・ワトソンの美しさに見惚れながら、気づけばスッと物語の中へ入っている感じ。壮大な世界の景色やカラフルな色使いなどはもちろん、ストーリーの良さなどすべての面においてディズニーの本気を感じるような一本。

⇒在庫検索・作品詳細を見る

★自伝的映画が元ネタの男の生きざま

『NINE』

『NINE』

女に翻弄される映画監督

ペネロペ・クルス、マリオン・コティヤール、ニコール・キッドマンやケイト・ハドソンら錚々たる美女が次々に登場。女優陣のゴージャスなパフォーマンスはもちろんのこと、監督役のダニエル・デイ=ルイスが見せる力強い歌声にも注目。元ネタはフェデリコ・フェリーニ監督による自伝的映画『8 1/2』

⇒在庫検索・作品詳細を見る

★圧倒的な歌唱力の虜になる

『バーレスク』

『バーレスク』

クリスティーナ・アギレラのパワフルボイス

冒頭、アギレラの圧倒的歌唱力で幕を開け、一気に世界観に引きずり込んでくれるパワフルさ。夢を追う少女が夢を実現する舞台の危機を救うサクセス・ストーリー。ショー感も抜群である。

⇒在庫検索・作品詳細を見る

★トニー賞受賞のブロードウェイ・ミュージカルの映像化という鉄板エンタメ

『シカゴ』

『シカゴ』

映画構成が巧みで、どんどん物語に引き込まれる

ストーリー上の演技とミュージカル場面のミックスが巧み。舞台的演出と切り替えの上手さは、『グレイテスト・ショーマン』に通ずる所。ストーリー内容は明るくないのに、全くをそれを感じさせない没入感が気持ちいい。元が、舞台のアカデミー賞といえるトニー賞受賞というお墨付きも。

⇒在庫検索・作品詳細を見る

★知っているあの曲がミュージカルと合体

『ムーラン・ルージュ』

『ムーラン・ルージュ』

聞き慣れたナンバーも取り込んだゴージャズな作品

主演のニコール・キッドマン&ユアン・マクレガーの歌唱力はもちろん、目まぐるしく繰り広げられるショーの賑やかさと豪華絢爛さ。しかも、ニルヴァーナやファットボーイ・スリムなどの既存楽曲も次々登場する不思議な感覚。キャバレー『ムーラン・ルージュ』の個性的なメンバーたちもいいアクセントに。

⇒在庫検索・作品詳細を見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ヒュー・ジャックマン

生年月日1968年10月12日(50歳)
星座てんびん座
出生地豪・シドニー

ヒュー・ジャックマンの関連作品一覧

ミシェル・ウィリアムズ

生年月日1980年9月9日(38歳)
星座おとめ座
出生地米・モンタナ

ミシェル・ウィリアムズの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST