『学校II』大人になってわかる先生の偉大さ。安室奈美恵の曲が時代の象徴にも…―【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『学校II』

『学校II』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2018年9月19日の鑑賞タイトル『学校II』

鑑賞前の期待値「山田洋次作品に登場する安室奈美恵(本人役)というギャップ」

安室奈美恵が俳優として登場した作品では『That’s カンニング! 史上最大の作戦?』があるが、今回は本人役として登場するこちらをチョイス。映像出演だけなのか? 台詞はあるのか? と気になるし、何より山田洋次監督作品に登場するという勝手な真逆感もある。

鑑賞後の感想「先生の偉大さを改めて垣間見た。山田監督からのメッセージも」

1996年3月3日、北海道の竜別高等養護学校に通う高校生3年生の高志(吉岡秀隆)と佑矢(神戸浩)が突然学校から姿を消す。担任の青山竜平(西田敏行)と小林大輔(永瀬正敏)が捜索を初めて間もなく、高志が大ファンである安室奈美恵 with スーパーモンキーズのコンサートが旭川で夜行われることにピンときて…。

「安室奈美恵、安室奈美恵…」と思いながら観ていたら、なんとファーストカットで登場するのが浜崎あゆみという驚き。青山の娘でミュージシャンになる夢を持つ高校生役で冒頭のシーンのみ登場する。映画は、素直に感情を出す生徒たちと向き合う先生たちの苦労の対比という「教育現場ど真ん中」な作品。これは完全に大人向けな作品であり「年齢関係なく、人の子を預かる先生って偉大だ」ときっと思うことになるはず。

この青山先生というのがだんだん金八先生っぽく見えて来るのは気のせいかもしれないが、「子供たちに迷惑をかけられるのが教師の仕事」「子供たちから学んだことを返してやる。(先生とは)そういう仕事」など名言を連発する。その青山でさえ「俺もどうして良いかわからない」と実は悩んでいるという現実。教育現場の在り方もそうだし、子供たちとどう接するべきなのかなど、大人たちには受け取るべきメッセージがたくさん詰まっている名作だった。

ちなみに気になっていた安室奈美恵はコンサート映像での出演のみ。劇中では「Chase the Chance」「ハートに火をつけて(ライブで歌っている曲)」「GOOD-NIGHT」「Don't wanna cry」などの楽曲が登場する。

『学校II』で一番グッときたポイントは「気球に乗る高志と佑矢」

映画ラスト付近、広大な自然の中に突如として登場する気球に圧倒されつつ、同時にワクワク感を感じた。高志と佑矢はひょんなことから気球に乗り込むことになるのだが、開放感溢れた2人の叫びというのがこれまでの流れを見ていただけにグッと来たのである。

>『学校II』をレンタルしてみる
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

>【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『学校II』について

【製作年】1996年
【監督】山田洋次
【出演者】西田敏行、吉岡秀隆、浜崎あゆみ、神戸浩、中村冨十郎[5代目]、油井昌由樹、永瀬正敏、泉ピン子 ほか
【あらすじ】青山竜平が教師として働く竜別高等養護学校では卒業を間近に控え、生徒の高志と佑矢が買い物に出ると言ったきり寮に戻ってこない。どうやらふたりは旭川へコンサートを聴きに行ったらしい。若い小林先生と一緒に、車で旭川へ向かう車中、竜平は高志たちと過ごした3年間を思い返した……。
【Filmarks★評価】3.7(5点満点中)

>『学校II』をレンタルしてみる
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

>【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

西田敏行

生年月日1947年11月4日(70歳)
星座さそり座
出生地福島県郡山市

西田敏行の関連作品一覧

吉岡秀隆

生年月日1970年8月12日(48歳)
星座しし座
出生地埼玉県

吉岡秀隆の関連作品一覧

浜崎あゆみ

生年月日1978年10月2日(40歳)
星座てんびん座
出生地福岡県福岡市

浜崎あゆみの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST