『リーサル・ウェポン』グッとアクセルを踏んだら止まらないノンストップ・アクション―【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『リーサル・ウェポン』

『リーサル・ウェポン』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2018年10月9日の鑑賞タイトル『リーサル・ウェポン』

鑑賞前の期待値「ジャケ写を見るだけでも熱いバディー・ムービー」

明日、海外TVドラマ『リーサル・ウェポン <セカンド・シーズン>』のリリースに合わせて、元ネタとなる映画版を。メル・ギブソンの代表作でありながら、白人×黒人のバディものでもあるところも注目。お互いがぶつかりながらも、友情を育むであろう展開が予想される。

鑑賞後の感想「アクセルの踏み方が荒いアクション映画」

高層マンションから飛び降り自殺をした女性の捜査をするロジャー・マータフ刑事(ダニー・グローバー)。死んだ女性が親友の娘だったことが明らかになる一方、捜査の協力者として麻薬課からマーティン・リッグス刑事(メル・ギブソン)が合流。2人は手がかりを追うべく、ロジャーの親友の元へと向かう…。

オープニングから胸を露わにした女性(自殺する人)がいきなり登場、おまけにロジャーとマーティンもファーストショットが裸と、予想外のスタート(笑)で幕を開ける本作。2人が距離を縮めながら捜査していく部分の静けさから、物語が動き出すと一気にアクション映画に大変身。劇中敵が言う「派手に行くか!」というセリフ通り演出もド派手になり、とにかく銃を撃ちまくる展開になっていく。

マーティンが特殊部隊出身の“人間兵器(=リーサル・ウェポン)”という設定だけに、アクション面では圧倒的な活躍を見せる。一方のロジャーは頭脳で彼をサポート…ではなく、人情深い男としてマーティンの心を開いていく(正常な道へ引き戻す)重要な役割を担っている。

物語では、ロジャーの家族がいることで全体に和らぎと笑いをもたらしており、この絶妙なバランス感もいい味になっていると感じた。

『リーサル・ウェポン』で一番グッときたポイントは「娘の色気にやられる親父」

ロジャーは息子と二人の娘の父親。劇中、パーティードレスを見せる長女・リアン(トレイシー・ウルフ)の姿に明らかに動揺するロジャー。面と向かっては言わないが、外出間際に「色っぽくなりやがって…」とつぶやくロジャーに、良きパパとしての可愛らしさを感じる。またこの場面、音楽もドレスに合わせてちょっとセクシーなものとなっており、それも相まって笑えるシーンにもなっている。

>『リーサル・ウェポン』をレンタルしてみる
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

>【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『リーサル・ウェポン』について

【製作年】1987年
【監督】リチャード・ドナー
【出演者】メル・ギブソン、ダニー・グローバー、ゲイリー・ビューシイ、ミッチェル・ライアン ほか
【あらすじ】コンドミニアムのベランダから若い女が飛び降りた。コンビを組んだばかりの、妻が死んでから自殺願望のあるマーティン・リッグスと良き家庭人のロジャー・マータフが捜査に当たる事に。事件の背後にある麻薬密売組織は次々と証人を消しにかかり、そして二人の刑事にもその銃口が向けられる。反目し合う二人が徐々に互いを認め、やがて熱い友情の絆で結ばれていくバディ・ムービーの最高峰。
【Filmarks★評価】3.5(5点満点中)

>『リーサル・ウェポン』をレンタルしてみる
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

>【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

メル・ギブソン

生年月日1956年1月3日(62歳)
星座やぎ座
出生地米・ニューヨーク

メル・ギブソンの関連作品一覧

ゲイリー・ビューシイ

生年月日1944年6月29日(74歳)
星座かに座
出生地米・テキサス

ゲイリー・ビューシイの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST