『白雪姫と鏡の女王』きっと、男女問わず可愛すぎるリリー・コリンズに釘付けとなること間違い無しの一本―【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『白雪姫と鏡の女王』

『白雪姫と鏡の女王』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2018年11月16日の鑑賞タイトル『白雪姫と鏡の女王』

鑑賞前の期待値「ジュリア・ロバーツが悪の女王様。そしてカラフルな世界観」

本日リリースされた『ワンダー 君は太陽』のリリースを記念して、母親役を演じていたジュリア・ロバーツ出演作から。『ワンダー』とは正反対と言える悪役ポジションのため注目でもあるし、さらに今日は『いい色の日』でもあるらしく、ジャケ写からも感じられる色彩のカラフルさにも期待が高まるところ。

鑑賞後の感想「カラフルな衣装も数多く登場するが、リリー・コリンズの美貌が際立つ」

幼くして母を亡くし、国王の父も失踪したままとなっていた白雪姫(リリー・コリンズ)は、継母の女王(ジュリア・ロバーツ)から18歳の誕生日に城を追い出されてしまう。その裏には、同じ日に城を訪ねてきたヴァレンシア王国の王子(アーミー・ハマー)を我が物にし、国の財政難を解決したいという女王の魂胆があった…。

一番は、白雪姫を演じたリリー・コリンズの圧倒的可愛さだろう。アン・ハサウェイに通ずる顔立ちは、女性が見ても同じ感情を抱くはず。王女としての衣装はもちろん、途中、7人の小人たちたちと出会ってから見せる様々なファッションもカラフルかつキュート。「可愛すぎる…」とため息しか漏れてこない。

ジュリア・ロバーツ演じる女王はいわゆる嫌われキャラではあるが、映画のテイストもあって“絶対悪”とまでは行かない演技に。王子を演じたアーミー・ハマーは王子キャラにピッタリハマっており、ラブコメ的なジュリアとの掛け合いも面白いところ。小人たちも全員素晴らしいと思うし、キャスティングは大変満足。また、物語自体は白雪姫そのものかな…と思いきや、これはこれでうまくまとまっているなと言う感想。

『白雪姫と鏡の女王』で一番グッときたポイントは「リリー・コリンズの七変化」

先にも書いたが、7人の小人たちに助けられた後に親睦を深め、強い女性へと訓練される描写の中で登場する白雪姫のファッションである。ドレスを脱ぎ捨て、様々なパターンの可愛らしい洋服に身をまとったリリーには男性だけでなく女性でもきっと目を奪われるはず。

>『白雪姫と鏡の女王』をレンタルしてみる
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

>【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『白雪姫と鏡の女王』について

【製作年】2012年
【監督】ターセム・シン
【出演者】ジュリア・ロバーツ、リリー・コリンズ、アーミー・ハマー、ネイサン・レイン、メア・ウィニンガム ほか
【あらすじ】幼い頃に父親である国王を失って以来、18歳になる今日まで継母の女王に幽閉されてきた白雪姫。その間、女王は散財を繰り返して王国の財政は破綻寸前。そこで女王は隣国の若くてお金持ちのイケメン王子との結婚を画策。ところが王子は白雪姫と恋に落ち、怒った女王は白雪姫を恐ろしい怪物がいるという森に追放してしまう。やがて、森の中で7人の小人のギャング団と出会い、彼らの仲間に入れてもらう白雪姫だったが…。
【Filmarks★評価】3.5(5点満点中)

>『白雪姫と鏡の女王』をレンタルしてみる
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

>【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

白雪姫と鏡の女王

白雪姫と鏡の女王

出演者 ジュリア・ロバーツ  リリー・コリンズ  アーミー・ハマー  ネイサン・レイン  メア・ウィニンガム  マイケル・ラーナー  ロバート・エムズ  ショーン・ビーン  ジョーダン・プレンティス  マーク・ポヴィネッリ
監督 ターセム・シン・ダンドワール  ターセム・シン
製作総指揮 タッカー・トゥーリー  ケヴィン・ミッシャー  ジェフ・G・ワックスマン  ジェイミー・マーシャル  トミー・タートル  ジョシュ・ペイト  ジョン・チェン
脚本 マーク・クライン  ジェイソン・ケラー  メリッサ・ウォーラック
音楽 アラン・メンケン
概要 有名なグリム童話の『白雪姫』を、「ザ・セル」の映像派ターセム・シン監督が、コミカルかつカラフルに描いたファンタジー・コメディ。出演は白雪姫にフィル・コリンズの娘リリー・コリンズ、王子に「J・エドガー」のアーミー・ハマー、そして女王役にはジュリア・ロバーツ。幼い頃に父親である国王を失って以来、18歳になる今日まで継母の女王に幽閉されてきた白雪姫。その間、女王は散財を繰り返して王国の財政は破綻寸前。そこで女王は隣国の若くてお金持ちのイケメン王子との結婚を画策。ところが王子は白雪姫と恋に落ち、怒った女王は白雪姫を恐ろしい怪物がいるという森に追放してしまう。やがて、森の中で7人の小人のギャング団と出会い、彼らの仲間に入れてもらう白雪姫だったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ジュリア・ロバーツ

生年月日1967年10月25日(51歳)
星座さそり座
出生地

ジュリア・ロバーツの関連作品一覧

リリー・コリンズ

生年月日1989年3月18日(30歳)
星座うお座
出生地

リリー・コリンズの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST