「この仕事で辛いと感じたことはない」―映画『カメラを止めるな!』上田慎一郎監督インタビュー

上田慎一郎監督

上田慎一郎監督

わずか2館での公開から口コミで熱狂が広がり、330館での公開に至るロングランヒットとなり、社会現象を起こした映画『カメラを止めるな!』。待望のDVDリリースを前に、上田慎一郎監督がDVDを観ることでさらに深まる楽しみ方を明かしてくれた。

―ついに『カメラを止めるな!』のBlu-rayとDVDがリリースされます。特典ではどんな仕掛けで楽しませてくれるんでしょう。

レンタルされる方は『カメラを止めるな!』を初めて観る方も多いでしょうけど、やっぱりセルでソフトを買ってくださる方は、劇場ですでに観られた方が多いかなと思うんです。しかも、こういう舞台裏を描いた映画なので、その“本当の舞台裏”を楽しみにしてくださっている方がすごく多いだろうと、ご期待に応えたいという気持ちから映像特典は盛りだくさんです。

(C)ENBUゼミナール

(C)ENBUゼミナール

―最初は非常に小さい規模の企画だったと思うんですが、メイキング映像もちゃんと撮影していたんですか?

空いているキャストとかスタッフが、時間があるときにハンディカムで撮るというスタイルでした(笑)。メイキング部が別にいるわけじゃなく、本当に“中の人”が撮っているので、キャストとかスタッフとの近い関係、アットホーム感というのは通常の映画のメイキングより出ているでしょうね。

―もしかして37分間の「ONE CUT OF THE DEAD」の没テイクとかも観られますか?

あのワンカット部分は全部で6テイク撮っていて、映画で使っているのは6テイク目なんですね。ワンカットの別テイクもですけど、実は現場では僕がGoProのカメラを付けたヘルメットをかぶって、ずっと追いかけていたんです。一部はエンドロールで使われているんですけど、そのGoProバージョンも収録します。 あと新人の俳優がワークショップを経て映画を作るという企画だったので、まさか300館以上で公開されるとはつゆ知らなかった当初の僕たちが、ワークショップ中にいろいろ試行錯誤していた秘蔵映像も入っています。日暮監督の娘を演じた真魚ちゃんが(秋山)ゆずきちゃんが演じた松本逢花役をやっていたり、シナリオが全然違った段階でリハーサルしているところだとか、ファンの方には「おお!」と反応してもらえるはずです。

(C)ENBUゼミナール

(C)ENBUゼミナール

―TSUTAYAではTCP(ツタヤ・クリエイターズ・プログラム)という新しい才能を発掘する企画をやっていますが、これからのクリエイターのために何かこだわりを教えていただけますでしょうか。

自分で「これは曲げないぞ」とか意識していることはないんです。ただ、常に「自分が変わり続ける」ことを変えないようにはしています。大切にしていることもよく聞かれるのですが、本当にアホみたいな解答ですが、楽しむということしかないと思いますね。映像業界で人手不足とか長時間労働とか嘆きの声をよく聞きますけど、僕は辛いと感じたことが本当にない。本当に楽しかったことしかないんです。

―とはいえ、監督ご自身の気持ちだけでなく、大勢の気持ちや思惑をひとつまとめないといけないわけですよね?

そうですね。たぶん映画監督にしてはマメなのかも知れないです。例えば新しい台本を送ったら、キャスト全員に「このセリフは言えないとか、展開がおかしいと思うことがあったらメールをくれ」と伝えます。現場やワークショップでも、役者が納得できていない顔をしていると思えばすぐに「どこか引っかかる?」と聞きます。

あと、最初の37分間の「ONE CUT OF THE DEAD」の部分って、舞台裏でトラブルが起きることで“ああなってしまったもの”じゃないですか。だから“本来はこうなるはずだった”場合の「ONE CUT OF THE DEAD」脚本も全部書いて、みんなと共有していました。

(C)ENBUゼミナール

(C)ENBUゼミナール

さらに言うと、その「ONE CUT OF THE DEAD」の中で、クレイジーな監督が撮っている映画がありますよね。つまり劇中劇の中で撮っている劇中劇。これもちゃんと台本を書いてみんなに渡しているんです。役者が「これはどういう映画なんだ?」と混乱することを防ぎたかったんですよね。不明点や不安みたいなものを一切残さず、現場ではクリエイティブを楽しむだけでいいという状況にするため、細かい準備が大事だと考えています。まあ、当たり前のことを当たり前にやっているだけだと思うんですけどね。

(取材・文:村山章/撮影:江藤海彦)


映画『カメラを止めるな!』
2018年12月5日(水) Blu-ray&DVD発売、レンタル開始

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST