『セッション』J.K.シモンズの鬼教師は初っ端から凄まじい存在感。ただ、主人公の自業自得感もすごい【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『セッション』

『セッション』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2018年12月17日の鑑賞タイトル『セッション』

鑑賞前の期待値「J.K.シモンズの鬼教師っぷり」

本日は『人生を変えるONLY ONE映画』から、後に『ラ・ラ・ランド』を世に送り出すデイミアン・チャゼル監督作をチョイス。本作もアカデミー賞では5部門ノミネートし、助演男優(J.K.シモンズ)、編集、録音の3部門で受賞している。劇場公開のときも話題となっていたが、やはり一番の見所はJ.K.シモンズの鬼教師っぷりに尽きるだろう。もちろん見ているこちらが辛くなってくる展開は容易に想像できるが果たして…。

鑑賞後の感想「鬼教師は初っ端から凄まじい存在感。主人公の自業自得感もすごい」

音楽の名門・シェイファー音楽院に入学した一年生のアンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)。ある日ニーマンが学校でドラムを叩いていると、音楽院の教師テレンス・フレッチャー(J.K.シモンズ)が彼の元へやってくる。フレッチャーはニーマンに「私が楽団員を探していることを知っているな?」と問いかけ、彼に再びドラムを叩かせる…。

この冒頭のやりとりですでに緊張感がすごい。フレッチャーのキャラクターの圧力がのっけからビシビシと伝わってくるのである。結局フレッチャーのスタジオバンドに招集されることになるのだが、そこからが本番ですれ違いの連続(笑)、どうにもこうにもフレッチャーが求める理想に届かないのである。さらに、スタジオバンドメンバーたちも基本はフレッチャーと目を合わせようとしない。まさに絵に描いたような鬼教師だった。

ニーマンはフレッチャーに追いつきそうで離されて…を繰り返していくのだが、途中の展開はどう考えても自業自得。フレッチャーに「終わりだ」と通告されるのであるが、まったくもってその通りだ、と共感。そしていろいろあってラストへたどり着くのであるが、たしかにここの演奏は今までのやり取りを見ていればニヤニヤしてしまうだろうが、客観的に見るとこれで良かったのだろうか? と思わざるを得ない。

『セッション』で一番グッときたポイントは「終わりなき生き残りサバイバル」

映画中盤、スタジオバンドの新曲の際に主奏者を決めるドラム対決があるのだが、個人的にはラストよりもここが一番すごかったし面白かった。ニーマン、先輩のタナー、もと同じバンドメンバーのコノリーの3人がフレッチャーの理想の演奏をすべく代わる代わるしごかれるのだが、本当に容赦ない。フレッチャーの悪態もひどすぎて笑ってしまうほどであった。

▶『セッション』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『セッション』について

【製作年】2014年
【監督】デイミアン・チャゼル
【出演者】マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、ポール・ライザー、メリッサ・ブノワ、オースティン・ストウェル ほか
【あらすじ】全米屈指の名門、シェイファー音楽院に入学したニーマンは、フレッチャー教授の目に止まり、彼のバンドにスカウトされる。そこで成功すれば、偉大な音楽家になるという夢は叶ったも同然。自信と期待を胸に練習に参加したニーマンだったが…。
【Filmarks★評価】4.0(5点満点中)

▶『セッション』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

セッション

セッション

出演者 マイルズ・テラー  J・K・シモンズ  ポール・ライザー  メリッサ・ブノワ  オースティン・ストウェル  ネイト・ラング  クリス・マルケイ  デイモン・ガプトン  スアンヌ・スポーク  マックス・カッシュ
監督 デイミアン・チャゼル
製作総指揮 ジェイソン・ライトマン  ゲイリー・マイケル・ウォルターズ  クーパー・サミュエルソン  ジャネット・ヴォルトゥルノ=ブリル
脚本 デイミアン・チャゼル
音楽 ジャスティン・ハーウィッツ
概要 一流のドラマーを目指し名門音楽大学に入学した青年が、鬼教師の常軌を逸したシゴキ指導によって心身共に追い詰められていくさまを、心揺さぶる熱き演奏シーンとともに描く興奮と衝撃の音楽青春ドラマ。主演は「21オーバー 最初の二日酔い」のマイルズ・テラー。共演は、本作の鬼気迫る演技でアカデミー助演男優賞をはじめ映画賞を総なめにしたJ・K・シモンズ。監督は、長編2作目の本作で一躍ハリウッド期待の新星となったデイミアン・チャゼル。全米屈指の名門、シェイファー音楽院に入学したニーマンは、フレッチャー教授の目に止まり、彼のバンドにスカウトされる。そこで成功すれば、偉大な音楽家になるという夢は叶ったも同然。自信と期待を胸に練習に参加したニーマンだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

マイルズ・テラー

生年月日1987年2月20日(32歳)
星座うお座
出生地

マイルズ・テラーの関連作品一覧

J・K・シモンズ

生年月日1955年1月9日(64歳)
星座やぎ座
出生地米・ミシガン・デトロイト

J・K・シモンズの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST