『トリガール!』ラブしすぎない青春コメディ。熱すぎる間宮祥太朗と対決する土屋太鳳、2人の演技にニヤリとする満足作!【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『トリガール』

『トリガール』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2019年2月7日の鑑賞タイトル『トリガール!』

鑑賞前の期待値「最近のコメディ作なら英勉監督。キャストも文句なし!」

本日はTSUTAYA TVページの『TSUTAYAプレミアムおすすめ作品』から、実は気になっていた本作をチョイス。『ヒロイン失格』 『あさひなぐ』 『未成年だけどコドモじゃない』など、ベタなコメディやその要素を多分に含んだ作品で近年存在感を出している英勉(はなぶさつとむ)監督作品。キャストも土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬など間違いない布陣で、完成度が楽しみである。

鑑賞後の感想「土屋太鳳×間宮祥太朗。舞台かな?と思うような肺活量の演技合戦」

雄飛工業大学へ入学した鳥山ゆきな(土屋太鳳)は何かと流されやすい性格。人力飛行サークルの勧誘を受けたゆきなは、教室で知り合った島村和美(池田エライザ)とともに見学へ。「このサークルが、学校に入った理由」とテンション上がる和美と、乗り気でないゆきな。しかしそこに部長の高橋圭(高杉真宙)が現れ、ゆきなを直にスカウトする。すっかり舞い上がったゆきなは深く考えずに入部を決めて…。

この後、圭が紹介するサークルのエース・坂場大志(間宮祥太朗)とゆきなの関係を中心に描かれる物語。すぐ言い合いになる2人はとにかく大声だし元気(笑)。どうやらラブコメということらしいが、正直ラブの部分が全然じゃまにならない巧みな作り。後に明かされる坂場の過去も、ラストの鳥人間コンテストではきちんと笑いに転化されていて流石だと感じた。また、個人的には古沢を演じた矢本悠馬も最高にマッチしていたように思う。

物語的には鳥人間コンテストで飛行に成功した時点で当初の目的を達成しているので、「この後どうするかな?」と思いながら観ていたが、ここで英監督は全部乗せという選択肢をとってきた(笑)。全てをやりきってキレイに着水。熱すぎる(坂場が)物語、期待以上に楽しめた。

『トリガール!』で一番グッときたポイントは「ノリノリのダンス対決!」

パイロットになるゆきなと坂場の息をあわせる特訓の一環で、部員とともにゲームセンターを訪れるシーン。コナミの『DanceEvolution』というダンスゲームをプレイするのだが、ここでの2人のダンスは必見。「今のゲームってすごいな」と感心しつつ、ダンスのシンクロぶりがとても笑える見せ場の一つだ。

>『トリガール!』をレンタルしてみる
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

>【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『トリガール!』について

【製作年】2017年
【監督】英勉
【出演者】土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬 ほか
【あらすじ】一目ぼれした先輩に誘われ人力飛行サークルに入部した鳥山ゆきなたちが〈鳥人間コンテスト〉に挑む様子を爽やかに描いている。
【Filmarks★評価】3.6(5点満点中)

>『トリガール!』をレンタルしてみる
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

>【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

土屋太鳳

生年月日1995年2月3日(24歳)
星座みずがめ座
出生地東京都

土屋太鳳の関連作品一覧

高杉真宙

生年月日1996年7月4日(22歳)
星座かに座
出生地福岡県

高杉真宙の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST