『雨よりせつなく』女性目線で見ても同じ思い? 恋愛モノのはずなのに、すっきりしないストーリー【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『雨よりせつなく』

『雨よりせつなく』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2019年3月1日の鑑賞タイトル『雨よりせつなく』

鑑賞前の期待値「西島秀俊の牽引力」

先日の劇場版『ストロベリーナイト』では、大沢たかおにいい役どころを取られた感のある西島秀俊の出演作から、同作で印象的すぎた雨にかけたこちらを。お相手役が映画デビューのモデルということなので、西島の牽引力がどこまで彼女の演技を引き出すのか、その相乗効果に期待。

鑑賞後の感想「恋愛モノのはずなのに、すっきりしないストーリー」

水野綾美(田波涼子)は親友のタエコ(黒坂真美)と行っていたフリーマーケットで、同じ会社に務める倉沢彰夫(西島秀俊)を偶然見かける。その後、会社では倉沢の仕事に加わることになる水野。仕事を重ねるうち、二人の距離も徐々に縮まっていき…。

こう読むとなんてことのない普通のラブストーリーだと思うのだが、案外そうでもない。何気ない日常が繰り返され、その間に水野と倉沢の話が挟み込まれていくスタイルなのだが、一番のネックは主人公である水野感情が非常に読み取りづらいところに。しかも、倉沢もおしゃべりでないからさらに困る。

2人の交友関係の変化は、名前の呼び方や雰囲気なのではっきりわかるものの、そこに至るきっかけやその時の心情描写が少ないため、感情移入もし辛い。彼氏持ち(結婚する)で将来設計もあるタエコは水野と正反対のキャラ設定であるが、タエコと水野が劇中何度もやり合う掛け合い(タエコ「何か隠してることない?」 水野「ないよ」)を多用する演出も意図がいまいちつかめず。

女性が主役でありながら、この映画は女性が見てもいまいち共感できないのでは?と思ってしまう、そんな一本だった。

『雨よりせつなく』で一番グッときたポイントは「ラジコン飛行機」

劇中、倉沢がずっと探しているラジコン飛行機。これは物語上のキーアイテムとなるのであるが、「デカすぎじゃない?」と実際のスケールの大きさに驚きつつ(笑)も「ラジコンいいな…」と思わず心をくすぐられたところ。

>『雨よりせつなく』をレンタルしてみる
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

>【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『雨よりせつなく』について

【製作年】2004年
【監督】当摩寿史
【出演者】田波涼子、西島秀俊、黒坂真美、綾田俊樹、深浦加奈子、笹野高史 ほか
【あらすじ】20代後半の女性が残業中に同僚の男性と言葉を交わしたのをきっかけに、静かな恋愛をスタートさせる
【Filmarks★評価】2.6(5点満点中)

>『雨よりせつなく』をレンタルしてみる
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

>【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

田波涼子

生年月日1973年10月8日(45歳)
星座てんびん座
出生地東京都

田波涼子の関連作品一覧

西島秀俊

生年月日1971年3月29日(48歳)
星座おひつじ座
出生地東京都八王子市

西島秀俊の関連作品一覧

黒坂真美

生年月日1979年2月10日(40歳)
星座みずがめ座
出生地兵庫県

黒坂真美の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST