『ドライブ・アングリー』マッスルカー大暴れ! ニコラス・ケイジと最高の相性を見せる一本【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『ドライブ・アングリー』

『ドライブ・アングリー』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2019年3月14日の鑑賞タイトル『ドライブ・アングリー』

鑑賞前の期待値「パッケージが強いニコラス・ケイジ」

本日は『ホワイトデー』なので、お返しする映画=復讐映画からこちらをチョイス。ニコラス・ケイジが人気なのはもちろん言わずもがなであるが、彼はレンタル市場において高回転(よく借りられる)の実績を持つ一人とも聞いたことがあるので単純に期待。

鑑賞後の感想「想像以上にド派手演出(笑)。そして車好きなんだろうなという側面」

コロラド州ラプター。トラックで暴走しながら逃げる男三人を追うミルトン(ニコラス・ケイジ)は、彼らを追い詰め「赤ん坊はどこだ?」と聞く。男たちはしらを切りながら「満月の夜に殺されて地獄の扉が開く」と白状する。ミルトンは再び赤ちゃんの捜索を続けていき…。

この映画、もともと3D作品のようであるが、普通に見てもそれっぽさが活かされる部分は少ないのでは?と感じた。なお、映画のテイストは冒頭5分くらいで理解可能。死にゆく男をバックに大爆発とタイトルロゴがドーン! という始まりである(笑)。途中で金髪美女のパイパー(アンバー・ハード)を助けて仲間に引き入れつつ、赤ちゃんを取り戻すという単純な話ではあるが、設定で「?」と首を傾げるところもある。

しかし、そんなことをすべて吹き飛ばすカーアクション満載なのが本作一番の見所。パイパーの彼氏が持ってたダッジ・チャージャーに始まり、オールドマッスルカーが大活躍するのであるが、演出はいちいちハデなので映画的爽快感は抜群。しかもそれを操るのがニコラス・ケイジなのだから…。この派手な演出の極めつけとも言えるのが、本作のラスボスとなるジョナ・キング(ビリー・バーク)の死に様だろう。ぜひこれは映画を観て欲しいところだ。

『ドライブ・アングリー』で一番グッときたポイントは「アンバー・ハードの体当たり演技」

ひょんなことからミルトンの相棒となるパイパーは、守られる役どころではなく、強い女としてアクション面でも大活躍。演じたアンバー・ハードはかなり大変だっただろうな、と思わず感心した。

>『ドライブ・アングリー』をレンタルしてみる
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

>【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『ドライブ・アングリー』について

【製作年】2010年
【監督】パトリック・ルシェール、パトリック・ルシエ
【出演者】ニコラス・ケイジ、アンバー・ハード、ウィリアム・フィクトナー、ビリー・バーク、シャーロット・ロス ほか
【あらすじ】カルト教団に娘を惨殺された上、幼い孫がさらわれた男、ジョン・ミルトン。大排気量の車を駆って怒りの復讐と孫の奪還に向かった彼は、途中で拾った勝気なウェイトレスのパイパーと共に、カルト教団へと迫っていく。しかし、そんなミルトンの前に、FBIを名乗る不気味な追跡者が立ちはだかる。
【Filmarks★評価】2.9(5点満点中)

>『ドライブ・アングリー』をレンタルしてみる
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

>【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

ドライブ・アングリー

ドライブ・アングリー

出演者 ニコラス・ケイジ  アンバー・ハード  ウィリアム・フィクトナー  ビリー・バーク  シャーロット・ロス  クリスタ・キャンベル  トム・アトキンス  ケイティ・ミクソン  ジャック・マクギー  トッド・ファーマー
監督 パトリック・ルシェール  パトリック・ルシエ
製作総指揮 アダム・フィールズ  ジョー・ガッタ  アヴィ・ラーナー  ダニー・ディンボート  トレヴァー・ショート  ボアズ・デビッドソン  ジョン・トンプソン
脚本 トッド・ファーマー  パトリック・ルシエ
音楽 マイケル・ワンドマッチャー
概要 ニコラス・ケイジが愛する家族を奪ったカルト教団に復讐の大暴走を繰り広げる3Dバイオレンス・カーアクション。共演はアンバー・ハード、ウィリアム・フィクトナー、ビリー・バーク。監督は「ブラッディ・バレンタイン 3D」のパトリック・ルシエ。カルト教団に娘を惨殺された上、幼い孫がさらわれた男、ジョン・ミルトン。大排気量の車を駆って怒りの復讐と孫の奪還に向かった彼は、途中で拾った勝気なウェイトレスのパイパーと共に、カルト教団へと迫っていく。しかし、そんなミルトンの前に、FBIを名乗る不気味な追跡者が立ちはだかる。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ニコラス・ケイジ

生年月日1964年1月7日(55歳)
星座やぎ座
出生地米・カリフォルニア・ロングビーチ

ニコラス・ケイジの関連作品一覧

アンバー・ハード

生年月日1986年4月22日(32歳)
星座おうし座
出生地米・テキサス・オースティン

アンバー・ハードの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST