『テクノロジーにまつわる5つの話』センスの良さが光る、オシャレかつ秀逸な4分半【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『テクノロジーにまつわる5つの話』

『テクノロジーにまつわる5つの話』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2019年4月23日の鑑賞タイトル『テクノロジーにまつわる5つの話』

鑑賞前の期待値「世界の秀作短編が5分で」

先日TSUTAYA TVにて配信が始まった、ショートフィルムの総合ブランド『SHORTSHORTS』からの作品をチョイス。配信されているタイトルはだいたい20分以内なので、世界各地の作品を手軽に楽しめるのは、映画の入門という意味でも最適かと。面白そうなタイトルなので選んでみたが、なんとこの作品はたったの5分である。

鑑賞後の感想「オシャレでテンポもよく、面白い!」

現代のテクノロジーの生活への浸透ぶりを客観的に観る一本。あまりに短いのでどんな内容かと不安にもなっていたが(笑)、そんなことは杞憂に終わった。5つのシチュエーションを非常にテンポよく見せてくれるし、それが“日常あるある”のため、面白さも兼ね備えている。

シチュエーションごとにはいる挿絵もオシャレの一言で、全体的なセンスの良さを感じる秀作だ。この映画の画角が正方形なのはスマホを意識したからであろうと推察するし、そこまで考えられていると思うとより深みを感じて納得。間違いなく現代人にはオススメの一本である。

『テクノロジーにまつわる5つの話』で一番グッときたポイントは「車で焦る母と娘」

2番目のシチュエーション「スマホの外部接続=IoT」が起こすひとハプニングが、個人的に一番笑えたこの映画のハイライト。意図しているのかしていないのか不明だが、兎にも角にも必見ポイントである。

▶『テクノロジーにまつわる5つの話』を動画配信で観る
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『テクノロジーにまつわる5つの話』について

【製作年】2016年
【監督】ピーター・ホアン
【出演者】クロエ・ローズ、アイスリン・ポール、スピンダー・ウライチ、ジョナサン・ケルツ、ケイト・ドラモンド ほか
【あらすじ】私達のコミュニケーションを変えたフェイスブック、コンピューターの中に別の人生を与えてくれたアップル、世界の可能性を変えたグーグル。一方で、「どこからでもアダルト動画が見られて嬉しい」だけ、という人がいるのも現実。
【Filmarks★評価】―(5点満点中)

▶『テクノロジーにまつわる5つの話』を動画配信で観る
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST