『劇場版 名探偵コナン 11人目のストライカー』Jリーガーがちゃんと伏線に絡むよく出来た一本【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『劇場版 名探偵コナン 11人目のストライカー』

『劇場版 名探偵コナン 11人目のストライカー』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2019年5月15日の鑑賞タイトル『劇場版 名探偵コナン 11人目のストライカー』

鑑賞前の期待値「メモリアルなコラボ。キング・カズほかJリーガーの活躍ぶり」

本日は『Jリーグの日』ということで、こちらをチョイス。キングカズこと三浦知良選手を始めとした本物のJリーガーが声優として登場するが、どうやら20シーズン目というメモリアルなタイミングでのコラボのよう。果たしてその活躍ぶりとは…?

鑑賞後の感想「Jリーガーがちゃんと伏線に絡む。そしてコナンのガジェットも進化。」

江戸川コナンこと工藤新一(声:高山みなみ)と灰原哀(林原めぐみ)、そして少年探偵団はスタジアムで開催されるサッカー教室へ参加。遠藤保仁らJリーガーとの交流を楽しんだ。それから何日かたったある日、毛利小五郎探偵事務所に「爆弾を仕掛けたから暗号を解いてみろ」と電話がかかってくる…。

この連載で『劇場版名 探偵コナン』を観るのは2度目(最初に見たのは一作目の『時計じかけの摩天楼』)となるが、相変わらずよく出来ていると関心。シリーズも16作目となると、コナンのガジェットも進化していて驚いた(何というメガネ…!)。

さらに驚いたのは、ゲストキャラで登場するJリーガーの扱い。普通ならカメオレベルくらいの尺のところ、本作においては”キング・カズ”こと三浦知良選手と遠藤保仁選手の2名がガッツリ物語の伏線に絡んでくる重要な役割を担っている。5人登場するJリーガーの中でもこの二人は、本人役とは言えキャラ声を意識しているなと感じる声色だった。

アシストキャラの灰原が加わったおかげか、より展開がスムーズになった印象を受けた。サッカーファンなら選手たちの演技を見るもの一つ楽しみかも?

『劇場版 名探偵コナン 11人目のストライカー』で一番グッときたポイントは「白だ…」

最後のオチで新一が発するこの一言には思わず笑った。劇中割と早めにフリがあるのだが、キレイすぎるオチの付け方であった。なお、この元ネタはOVA『名探偵コナン BONUS FILE ファンタジスタの花』にて映像化されている。

▶『劇場版 名探偵コナン 11人目のストライカー』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『劇場版 名探偵コナン 11人目のストライカー』について

【製作年】2012年
【監督】静野孔文
【声の出演】高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、桐谷美玲、三浦知良、遠藤保仁、今野泰幸、中村憲剛、楢崎正剛、茶風林 ほか
【あらすじ】コナンが少年探偵団や灰原たちとサッカー観戦を楽しんでいた頃、毛利探偵事務所に大規模爆破を予告する電話がかかってくる。すぐに、それがイタズラでないことが判明する。それを阻止する方法は、犯人が残した謎の暗号を解読する以外にはない。小五郎は蘭と目暮警部とともに爆弾の発見に全力を尽くすが、手がかりは見つからないまま。そんな中、蘭からの電話で事件を知ったコナンは、すぐさま暗号解読に乗り出すが…。
【Filmarks★評価】3.1(5点満点中)

▶『劇場版 名探偵コナン 11人目のストライカー』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

青山剛昌

生年月日1963年6月21日(56歳)
星座ふたご座
出生地鳥取県東伯郡北栄町

青山剛昌の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST