『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』アクシデントがアクシデントを呼ぶ…。最後までテンポのよいホラー・コメディ【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』

『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2019年8月16日の鑑賞タイトル『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』

鑑賞前の期待値「今日も笑いたいので…」

先日鑑賞した『ポリスアカデミー』が思いの外良かったため、本日もコメディからチョイス。8月16日が『女子大生の日』なのでそれ絡みということもあるが、評価も高そうなので期待したい。

鑑賞後の感想「最後までテンポのよいホラー・コメディ」

アメリカ・バージニア州の森。タッカー(アラン・テュディック)とデイル(タイラー・ラビン)の2人は休暇を過ごすため、モリス湖のほとりの別荘へやって来る。念願かなった別荘も、かなり古びているため早速修理を始める。一方、近くへキャンプしに来た男女の大学生グループだったが、チャド(ジェシー・モス)が「この森で起きた怖い話」を仲間にし始め…。

アクシデントがアクシデントを呼ぶホラー・コメディ。冒頭に登場するが、原題が『タッカー&デイル vs 悪魔』ということで、それを念頭に内容を見ていると「なるほどね」というオチになっている。レイティングはR15+であるが、実際はPG12位かなと思うレベルのホラー表現。ひたすらにツイてない男2人を愛でる映画である。

個人的にはもう少し笑いがあってもいいかなと思ったが、尺もさることながら最後の最後までテンポ良く進むため見やすい一本である。

『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』で一番グッときたポイントは「かっこいいデイル」

基本温和で虫も殺せないといういい人キャラのデイルが、ラストで見せるチェーンソーアクションの格好良さには驚いた。本作最大の見所と言っても過言でないギャップ萌えシーンだ。

▶『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』について

【製作年】2010年
【監督】イーライ・クレイグ
【出演者】アラン・テュディック、タイラー・ラビーン、カトリーナ・ボウデン、ジェシー・モス、フィリップ・グレンジャー ほか
【あらすじ】念願の別荘を手に入れたタッカーとデイルの親友コンビだったが、なぜか山奥に暮らす殺人鬼と勘違いされてしまう。そして誤解が死体を生んでいき……。
【Filmarks★評価】3.7(5点満点中)

▶『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

アラン・テュディック

生年月日1971年3月16日(48歳)
星座うお座
出生地米・テキサス・エルパソ

アラン・テュディックの関連作品一覧

タイラー・ラビーン

生年月日1978年4月30日(41歳)
星座おうし座
出生地加・オンタリオ・ブランプトン

タイラー・ラビーンの関連作品一覧

カトリーナ・ボウデン

生年月日1988年9月19日(30歳)
星座おとめ座
出生地米・ニュージャージー・バーゲン・ワイコフ

カトリーナ・ボウデンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST