『カッパの三平』想像以上の面白さだが、テイスト急変のラストに一気に詰め込んだ感も【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『カッパの三平』

『カッパの三平』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2019年8月21日の鑑賞タイトル『カッパの三平』

鑑賞前の期待値「カッパの世界で巻き起こる大冒険」

本日、朝ドラの『なつぞら』にてリアル田中真弓さんが目に留まったので、彼女の主演作からこちらをチョイス。水木しげる原作の本作、主人公はカッパではなく“カッパに似た少年”というややこしや案件だが(笑)、異世界での大冒険には期待したいところ。

鑑賞後の感想「想像以上の面白さだが、ラストに一気に詰め込んだ感も」

河原三平(声:田中真弓)は祖父の十兵衛(声:宮内幸平)と現在田舎で二人暮らしだが、東京にいる母に思いを馳せていた。そんなある日、学校の水泳大会で優勝すると東京に連れて行ってくれると知り、俄然張り切る三平だったが、泳ぎが苦手な三平は溺れ、行方不明となってしまう…。

本作は三平の家族の秘密が徐々に明かされていく話。妖怪や死神などが人間と共存している世界での話のため、カッパの国は一つの寄り道先にしか過ぎなかった。ここは事前予想が完全に裏切られたところであるが(笑)。また、水木先生のキャラクターは全体的に愛らしいのだが、とりわけ学校の女性教師・大町先生の可愛さが際立っており「別世界(作品)の人かな?」と思うほど。

なんだかんだゆったり展開するストーリーも、ラストダンジョンではそれが一変、一気に冒険色と社会的メッセージが色濃くなる。なお、このメッセージは大人目線のため、映画を観ている子供たちは何のことやらと思うかも知れない。そういう意味でも親子向けだし、家族で見たい一本である。突然の様変わりには駆け足と言うか詰め込み感を感じてしまうも、想像以上に面白かった満足作。ラストの三平にはぜひ壮大に突っ込んでいただきたい。

『カッパの三平』で一番グッときたポイントは「悲しいのに可愛すぎるおじいちゃん」

先に学校の大町先生が可愛らしいと書いたが、三平にとっての重要キャラの一人・十兵衛おじいちゃんも負けず劣らずの可愛らしさ。悲しいはずの三平との別れのシーンで見ることができるその表情は、劇中ダントツのトップである。

▶『カッパの三平』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『カッパの三平』について

【製作年】1992年
【監督】平田敏夫
【声の出演】田中真弓、堀絢子、天野由梨、井上瑤、宍戸錠、松原智恵子、宮内幸平、肝付兼太 ほか
【あらすじ】おじいさんの十兵衛と山奥で暮らしている少年・三平。彼は来たる水泳大会にそなえ、川でこっそりと泳ぎの練習に励んでいた。学校でカッパと呼ばれている三平だったが、泳ぎに関してはまったくダメで急流にのみこまれてしまう。そんな三平が意識を取り戻すや、なんとそこはカッパの世界。カッパのガータローと仲良しになった三平は彼を連れて人間の世界へ戻る。二人は行方不明の三平のお母さんを探すため、妖怪たちが潜むという鬼首岳へ向かうが…。
【Filmarks★評価】3.1(5点満点中)

▶『カッパの三平』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST