『日本で一番悪い奴ら』タイトルからしてエッジが効いたブラックすぎる警察もの【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『日本で一番悪い奴ら』

『日本で一番悪い奴ら』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2019年11月8日の鑑賞タイトル『日本で一番悪い奴ら』

鑑賞前の期待値「白石和彌監督が描く人間心理と社会の“裏”を垣間見たい」

本日は、佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優らが出演し、白石和彌監督がメガホンをとった『ひとよ』の公開日ということで、白石監督作からチョイス。ここのところ白石監督は、映画では『凶悪』 『孤狼の血』 『麻雀放浪記2020』 『サニー/32』、ドラマでは『フルーツ宅配便』と数多くの作品を手がけている。

そんな白石監督作品の一つである今作は、2002年に北海道警察で発生し、“日本警察史上最大の不祥事”と呼ばれた「稲葉事件」を題材にしている。主演は綾野剛。YOUNG DAIS、勝矢、青木崇高、音尾琢真(TEAM NACS)、中村獅童、今をときめく中村倫也、そしてピエール瀧など、実力派&個性派キャストが脇を固める。リアルで飾らず、ダーティーな部分もきっちり入れつつ、人の心理を巧み描き出す白石監督の演出手腕に期待したい。

鑑賞後の感想「人間の欲望がむき出しとなった男の競争ぶりが痛快だが…」

大学柔道部での腕を買われ北海道警察に勧誘された諸星要一(綾野剛)は、26歳で北海道警察本部の刑事となるが、捜査も事務も満足にできず周囲から邪魔者扱いされていた。そんな諸星に声をかけてきたのが敏腕刑事・村井定夫(ピエール瀧)。村井から「協力者=S(エス=スパイ)」の重要性を聞かされた諸星は、裏社会との接触をはかって内通者を得て、暴力団組員を覚せい剤・拳銃所持で逮捕し本部長賞を授与される。諸星はその後も“S”を利用し危険でブラックな捜査に手を染めていく…。

今作は実話がベース。だからこそ、フィクションでは到達できないかもしれない、ある種の“深み”が生まれ、面白さが倍増している。しかも描かれているのは、敏腕刑事と賞される男の、決して外に漏らしてはならない“黒い活動”の数々。“正義”の名の下に、やらせ逮捕やおとり捜査を行い、なおかつ上司も見て見ぬ振りをしているのだから驚かされる。

しかも多少の脚色はあれど、先ほども言ったように実際の出来事を基にしていると思うと、思わず言葉を失ってしまうというもの。ただ怖いもの見たさなのか、ダークーヒーローへの淡いあこがれなのか、結果を求めて不正行為に手を染めまくる綾野剛演じる諸星の姿は、豪快かつ痛快で、得も言われぬカタルシスを感じてしまうのだから不思議だ。

改めて感じさせられたのが、人は周りの環境が大事ということ。諸星も最初は純朴で真面目な青年だったのかもしれないが、できる先輩から手口を教えられ、自身でも成功体験を得た結果、“悪”の道をまっしぐら。周囲に染まってしまう怖さにふるえた。

そして、白石監督&綾野剛のタッグは、誰が考えても待ち構えているのは破滅だとわかっているのに、純粋な動機の部分は変わらない点を描き通している。そのため、観ている側は諸星のぶっ飛んだ行動にも、どこか共感してしまうのだろう。

ただ物語は諸星の“成り上がり”を中心に進んでいくため、さまざまなネタが仕込まれているものの、展開としてはやや単調に感じてしまう部分も。尺が長めなのも影響しているのかもしれない。

警察官の物語なのにタイトルが『日本で一番悪い奴ら』と皮肉が効きすぎているが、一人の人物を描くのに注力していることもあり、事件そのものに鋭く切り込むという視点は少し弱いのが残念。それがあれば、個人的にはなお良かった。

諸星は決して特別なわけではなく、人が持つ欲望の延長線上にいる人物であり、その根底には正義感があるというのが、実は現在のネット社会にも当てはまる部分も感じ、少し怖くなった。

『日本で一番悪い奴ら』で一番グッときたポイントは「綾野剛」

濃いキャラクターを演じる機会が多い印象の綾野剛。今作でもドーパミンが出まくっているかのような演技は、すごみと共にどこかユニークなのが、彼らしい。ハマり役だとは思うが、年齢を重ねていく中で演技にはもう少しパンチがほしかったのは本音。ただ一人の男の狂騒を、これでもかと爽快に演じているのは気持ちがいい。

▶『日本で一番悪い奴ら』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『日本で一番悪い奴ら』について

【製作年】2016年
【監督】白石和彌
【出演者】綾野剛、 YOUNG DAIS、植野行雄、矢吹春奈、瀧内公美、中村倫也 ほか
【あらすじ】柔道の実力を買われ北海道警察の刑事となった真面目な青年、諸星要一。しかし正義感はあるものの、本業の捜査現場ではまるで役立たず。そんな諸星に、先輩刑事の村井が“刑事は点数を稼がなければダメ”と諭し、裏社会に飛び込んで協力者となるS(スパイ)をつくれとアドバイスする。言われるままにそれを実践し、やがてSの協力で覚醒剤や拳銃の摘発を重ね、立派な実績を残していく諸星だったが…。
【Filmarks★評価】3.6(5点満点中)

▶『日本で一番悪い奴ら』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

綾野剛

生年月日1982年1月26日(37歳)
星座みずがめ座
出生地岐阜県

綾野剛の関連作品一覧

植野行雄

生年月日1981年7月17日(38歳)
星座かに座
出生地大阪府吹田市

植野行雄の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST