『オーシャンズ11』スターの競演によるノリの良さとおしゃれ感あふれるキャラ&頭脳戦はいいが…【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『オーシャンズ11』

『オーシャンズ11』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2019年11月11日の鑑賞タイトル『オーシャンズ11』

鑑賞前の期待値「アウトローたちの活躍劇にワクワクしたい」

本日は、「ポッキーの日」「プリッツの日」「長野県きのこの日」「ネイルの日」など数多くの記念日制定がされているほか、NEWSの手越祐也の誕生日など何かと盛りだくさんの中、せっかく11が並んでいるので11にちなんだ作品をチョイス。今作はフランク・シナトラ主演『オーシャンと十一人の仲間』のリメイク作で、『エリン・ブロコビッチ』 『トラフィック』のスティーブン・ソダーバーグが監督を務めた。出演者も豪華で、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、アンディ・ガルシア、マット・デイモンといった、まさに映画のストーリーそのままに、プロフェッショナルなメンツがそろい話題を呼んだ。

物語としては、巨大金庫に眠る莫大な現金を奪うため、プロの犯罪者たちが“ドリームチーム”が結成し、難攻不落の強奪作戦に挑むという、設定からして痛快エンターテインメント感があふれ出ているが、スターたちによる集団犯罪活劇を堪能したい。

鑑賞後の感想「スターたちの競演とサクッと楽しめる物語は合格点」

仮釈放されたカリスマ窃盗犯のダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)は、次なる標的として、ラスベガスの3大カジノ”ベラージオ”“ミラージュ”“MGMグランド”の巨大地下金庫に眠る総額1億6,000万ドルに狙いを定めていた。計画遂行のため、オーシャンは、旧友で、頭の切れるいかさまトランプ師ラスティー(ブラッド・ピット)をはじめ、スリの達人ライナス(マット・デイモン)、爆破の達人バシャー(ドン・チードル)、元カジノ・オーナーのルーベン(エリオット・グールド)ら、各分野のスペシャリストをスカウト。11人のプロを集め現金強奪に挑む…。

お宝獲得を目指すシンプルなストーリーに、特技を持った選りすぐりの仲間たち…、某少年マンガ誌の人気マンガを彷彿とさせるが、こちらは海賊ではなく各犯罪のスペシャリストがそろった集団。しかもアクションらしいアクションは少なく、基本的には得意分野を生かした頭脳戦が展開されていく。

このあたりは好みが分かれるところだが、キャラクター設定を生かしプロフェッショナルさを感じさせてくれているので、実に爽快で観ていて楽しい。ストーリー進行もテンポ感があり、2時間近い尺もサクサクと進み中だるみがないのも好印象だ。スピーディーな反面、ちょっとあっさりしすぎている点も。“難航不楽”がウリのカジノのセキュリティーのはずが、いとも簡単にスタッフルームに潜り込めてしまうあたり、思わず「怪しすぎるだろう!」とツッコミを入れたくなるほど。

さらに個人技は素晴らしいのだが、せっかくチームとして集まったのだから、もう少し連係プレーで攻める場面があっても良かったかも。金庫破りがメインとは言え、仲間同士の関係性を描くようなエピソードがあれば、感情移入度が違っただろう。それと個人的には恋愛要素は蛇足だったと思う。この手の物語の味付けとしてありはありだが、必然性のなさと恋愛要素があるばかりに、終盤の緊迫感がそがれている印象を受けた。

それにしてももう少し“遊び”の要素がほしかったのと、狙うべき現金の隠し場所が…という点が少し残念。ただ全体的にはキャラクター設定と演じるキャスト陣のかっこよさと、ソダーバーグ監督得意の映像テクニックが効いていて、つまらないということはなかった。

『オーシャンズ11』で一番グッときたポイントは「金庫破りのトリック」

この手の話では、トリックも重要となるが、あまりに難解すぎると理解に労力を要し楽しめないことも。その点、本作は仕掛けが分かりやすく、シンプルでスピーディーな展開とマッチしていた点は大いに評価できる。

▶『オーシャンズ11』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『オーシャンズ11』について

【製作年】2001年
【監督】スティーヴン・ソダーバーグ
【出演者】ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、マット・デイモン、アンディ・ガルシア、ドン・チードル ほか
【あらすじ】保釈中のカリスマ窃盗犯ダニー・オーシャンは刑務所暮らしの4年間にとてつもない犯罪計画を練り上げていた。それは、ラスベガスの3大カジノの現金がすべて集まる巨大金庫から、厳重な警戒とセキュリティシステムを破って現金を盗み出すというもの。その額なんと1億6,000万ドル! オーシャンは旧友のラスティに話を持ちかけ、この計画の遂行に不可欠な各分野のスペシャリストのスカウトを始める。やがて、11人の選りすぐりの犯罪ドリーム・チームが誕生した。こうして11人のプロによる、ミスの許されない秒刻みの史上最大の強奪作戦が始まった……。
【Filmarks★評価】3.8(5点満点中)

▶『オーシャンズ11』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ジョージ・クルーニー

生年月日1961年5月6日(58歳)
星座おうし座
出生地米・ケンタッキー・レキシントン

ジョージ・クルーニーの関連作品一覧

ブラッド・ピット

生年月日1963年12月18日(55歳)
星座いて座
出生地米・オクラホマ

ブラッド・ピットの関連作品一覧

ジュリア・ロバーツ

生年月日1967年10月25日(52歳)
星座さそり座
出生地

ジュリア・ロバーツの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST