『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』お仕事ドラマ&人間ドラマの二本立ての笑える感動作【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』

『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2019年12月11日の鑑賞タイトル『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』

鑑賞前の期待値「笑いを武器に感動させる矢口史靖監督の手腕はいかに」

本日は、長澤まさみ主演ドラマ「コンフィデンスマンJP」で、今年5月に公開された『コンフィデンスマンJP ロマンス編』に続く映画第2弾『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のティザービジュアルが公開されたことから、彼女の出演作をチョイス。

今作は伊藤英明が出演しているのだが、そういえば当時の舞台あいさつで“船も沈まなければ飛行機も不時着しない”など、自身の代表作の一つ『海猿』を引き合いに出していたことが思い出される。それにしても海でも山でも自然の中が似合う俳優だ。

主人公を演じる染谷将太と伊藤英明は『悪の教典』でも共演…と書いていて、ここのところ染谷をよく観るなと思うが、この頃の彼は若手実力派としてグイグイ来ていた時期ということだろう。

監督は『ウォーターボーイズ』で脚光を浴び、その後も『スウィングガールズ』 『ハッピーフライト』 『ロボジー』など、数々のオリジナル作品を手がけてきた矢口史靖監督。林業と青春というユニークな組み合わせは興味深く、笑いを交えつつ語りかけてくる“矢口節”にも注目したい。

鑑賞後の感想「矢口監督の得意技が炸裂しまくり! 祭りのシーンのキテレツ度に拍手!」

大学受験に失敗し恋人にもフラれた平野勇気(染谷将太)は、たまたま見たパンフレットの表紙に写る美女につられて、軽い気持ちで1年間の林業研修プログラム参加を決める。携帯電話の電波も届かない田舎で、先輩の飯田ヨキ(伊藤英明)のしごきや、虫やヘビ、過酷な現場作業などに耐えられず、何度も逃げ出そうとする勇気。だが、パンフレットの美女・石井直紀(長澤まさみ)が村に住んでいると知り…。

今作は林業を題材にしているが、主人公の勇気と同じく、観る側の大半が林業についてあまり知らないため、主人公の驚きがそのままダイレクトに伝わってきて面白かった。大変で過酷なイメージがある林業を、ユーモアを交えながら描く描写は好印象。そんなことや、あんなことなど、知られざる一面を知れるのは楽しい。

林業側の人物も、ヨキをはじめ濃いメンツがそろう。特にヨキ役の伊藤英明は、筋骨隆々な感じと甘いマスクながら、実際に仕事仲間や同居人として近くにいたら本気で弾いてしまいそうなほど強烈。『海猿』などで見せる爽やかな好青年ぶりはどこへやら。意外な上手さを観た気がする。

ちなみに、林業シーンは俳優陣が吹き替えなしで演技。迫力や危険さが痛いほど伝わってくる演出はすばらしい。高所恐怖症の人は画面から伝わる“高さ”に身震いするほどだ。

劇中に登場する衝撃の祭りシーンは、「もしかしたら本当にあるのでは…」と感じてしまうほどリアリティーがあり、予想を遥かに裏切る衝撃と、お腹を抱えてしまうほどのバカさ加減に、怖いやら面白いやら。夢中で観ていて息をするのを忘れてしまいそうになった。

主人公と取り巻く人々の人間ドラマに重きが置かれているので、“職業もの”という面ではやや薄味感もあるが、純度の高すぎる笑いと共に爽やかな気持ちになれる。矢口監督初の原作ものだったが、まるでオリジナルと思わせてくれるほどのインパクトと爆発力。監督と原作、その親和性の高さがここまで作品に影響を与えるとは驚かされた。

『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』で一番グッときたポイントは「バイクの2人乗り」

染谷将太と長澤まさみがバイクで2人乗りするシーンで、長澤が放つ「背中に何かか当たってるんですけど」というセリフ。思い起こせば『世界の中心で、愛をさけぶ』でも、「胸当たる?」というセリフがあったのを思いだし、本人が本人をオマージュする展開に思わずニヤリとしてしまった。

▶『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』について

【製作年】2014年
【監督】矢口史靖
【出演者】染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、優香、西田尚美、WOOD JOB!~神去なあなあ日常~ ほか
【あらすじ】大学受験に失敗したお気楽男子・平野勇気は、ふと目にしたパンフレットの美女につられ、1年間の“林業研修プログラム”に参加することに。こうして山奥にある神去(かむさり)村へとやって来た勇気。しかし、そこに待っていたのは表紙の美女ではなく、ワイルドで凶暴な先輩・飯田ヨキとあまりにも過酷な林業の現場だった。
【Filmarks★評価】3.8(5点満点中)

▶『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

染谷将太

生年月日1992年9月3日(27歳)
星座おとめ座
出生地東京都江東区

染谷将太の関連作品一覧

長澤まさみ

生年月日1987年6月3日(32歳)
星座ふたご座
出生地静岡県

長澤まさみの関連作品一覧

伊藤英明

生年月日1975年8月3日(44歳)
星座しし座
出生地岐阜県

伊藤英明の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST