『スリーデイズ』333本目で「3」にちなんだ作品を選んだ一本は、個人の“正義”を考えさせられる快作【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『スリーデイズ』

『スリーデイズ』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2019年12月12日の鑑賞タイトル『スリーデイズ』

鑑賞前の期待値「笑いを武器に感動させる矢口史靖監督の手腕はいかに」

本日は、2019年の漢字として「令」が選ばれたり、昭和名優の一人、梅宮辰夫さんの訃報があったり、横浜流星が「ダースの日」イベントに登場したりと、さまざまな話題がひしめく中、誠に手前みそながら、本企画がめでたく“333本目”を迎えたということで、“3”にちなんだ本作をチョイス。

今作は『クラッシュ』などで知られるポール・ハギス監督が、フランスのサスペンス映画『すべて彼女のために』を、ラッセル・クロウを主演に据えてリメイクしたもの。無実の罪で投獄された妻を取り返すため、夫が脱獄計画を企て決死の行動に出る…という物語は、観る前から何かしらの感動を予感させてくれる。

競演には、『ブッシュ』 『崖っぷちの男』 『ハンガーゲーム』などのエリザベス・バンクス、『シンドラーのリスト』 『レ・ミゼラブル』 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』などのリーアム・ニーソンが共演。制限時間がある中で展開する逃走劇には期待が高まる。米国最大の高層刑務所ほか、ロケ地となったピッツバーグの特色を生かしたアクションにも注目したい。

鑑賞後の感想「ラッセル・クロウらしい演技とポール・ハギス監督の手腕の相性は○」

大学教授のジョン(ラッセル・クロウ)は、妻のララ(エリザベス・バンクス)と幼い息子ルークと幸せな日々を送っていた。ある朝、突然警察が殺人の容疑でララを連行。ジョンはルークを男手ひとつで育てつつ、ララの無実を信じていたが、逮捕から3年後、殺人罪が確定してしまう。ララは絶望から刑務所で自殺未遂を起こす。そんな妻を見てジョンは、ララを脱獄させようと計画。生活の全てを犠牲にして緻密に策を練っていくジョンだったが、警察にかぎつけられ…。

ハギス監督といえば、社会派なテイストの作品を中心に、細かい部品を組み合わせるような演出で作品を作り上げているイメージがあるが、その実力をリメイク作でも遺憾なく発揮。クライム・ムービーとラブストーリーというジャンル映画のミックスを成功させ、秀作に仕上げている。

真面目が取り柄のジョンが愛する妻のために計画を練っている前半から、一気に緊迫感が高まる中盤へと走り込み、そこまで感情移入していなくとも、自然とジョン側に立って物語を見つめさられていた。この辺りの展開の妙はお見事だ。

トリックや伏線の張り方は王道的なものが多い印象だったが、主人公による脱獄計画と警察の駆け引きが、思いのほかサスペンスの度合いを盛り上げ、手に汗握る感覚で楽しませてくれた。

脚本もなかなかだが、やはりこの映画はラッセル・クロウの演技が好きという人にとっては、その期待に大いに応えてくれているので、十分に満足するはず。もちろん脱獄ものあらしいカタルシスも用意されており、その当たりも裏切らない。

『スリーデイズ』で一番グッときたポイントは「テーマ性」

ジョンと警察の駆け引きなど、見どころとなるシーンは多くあるが、今回はあえてテーマ性を挙げたい。いわゆる社会的な正義や常識で計れない事態に遭遇したら、人は何を基準に“正しい”かを判断するのか。そんな個人の思想の“核”に迫る物語は見応えがあった。

▶『スリーデイズ』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

『スリーデイズ』について

【製作年】2010年
【監督】ポール・ハギス
【出演者】ラッセル・クロウ、エリザベス・バンクス、ブライアン・デネヒー、レニー・ジェームズ ほか
【あらすじ】愛する妻子と共に幸せな毎日を送る大学教授のジョン・ブレナン。ところがある日、妻ララが殺人容疑で逮捕されてしまう。ジョンはララの無実を確信するも、裁判で有罪が確定してしまう。絶望するララを前に、彼女を脱獄させるという最後の手段を決意するジョンだったが…。
【Filmarks★評価】3.5(5点満点中)

▶『スリーデイズ』をレンタルしてみる
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる

▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ラッセル・クロウ

生年月日1964年4月7日(55歳)
星座おひつじ座
出生地ニュージーランド

ラッセル・クロウの関連作品一覧

エリザベス・バンクス

生年月日1974年2月10日(45歳)
星座みずがめ座
出生地米・マサチューセッツ

エリザベス・バンクスの関連作品一覧

ブライアン・デネヒー

生年月日1938年7月9日(81歳)
星座かに座
出生地米コネチカ州

ブライアン・デネヒーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST